SNSで最新情報をチェック

2024年は一体どんな運勢になるの? もしも運気が悪かったらどうすればいいの? 新しい1年のスタートは、やっぱりそれが大いに気になります。そこで、毎週、「おとなの週末Web」で文豪占いをしてくださっているタナミ ユキさんに九星気学での運気を教えてもらいました。さらに甘いモノ、辛いモノ、酸っぱいモノ、鍋にカレーにシュークリームなどなど、それぞれの運気をさらにアップさせる、あるいはちょっと凹んだ運気をよくする、開運ごはんまで教えてもらいました。2024年はおいしい開運も目指しましょう!

2024年世の中の流れと全体運

2024年は変化・変動の年になりそう。大きい会社が合併したり、個人事業主が増えて世の中が変わって行きそうです。株や仮想通貨の変動も激しく、ビギナーズラックもあって老練な人も意外性に驚いたりします。

また、天災に注意の年。不測の事態に備えて非常グッズは揃えておきたい。個人個人は気付かぬうちに周りに巻き込まれて、物事を考え直さねばならなくなったり、反対に勢いづいてしまい予定にはなかったことを始めてしまうなど、不測の事態が起きそうです。

人間は変化へのストレスが多ければ多いほど不安を感じるものですが、不安を感じている間もないほどのスピード感があります。ずっと進まない案件を抱えている人は今年、それらが進んでくれてとてもうれしいかも。澱みと詰まりが急速に流れていくような年になります。

【生まれ年でわかる あなたの九星気学】

あなたの生年月日がどの九星に当てはまるか調べてみましょう。ただしその年の1月1日から節分までに生まれた人は前年の星となります。例えば1979年の1月17日に生まれた人は78年と同じ「四緑木星」です。

一白水星(いっぱくすいせい):1936年、1945年、1954年、1963年、1972年、1981年、1990年、1999年、2008年、2017年

二黒土星(じこくどせい):1935年、1944年、1953年、1962年、1971年、1980年、1989年、1998年、2007年、2016年

三碧木星(さんぺきもくせい):1943年、1952年、1961年、1970年、1979年、1988年、1997年、2006年、2015年

四緑木星(しろくもくせい):1942年、1951年、1960年、1969年、1978年、1987年、1996年、2005年、2014年

五黄土星(ごおうどせい):1941年、1950年、1959年、1968年、1977年、1986年、1995年、2004年、2013年

六白金星(ろっぱくきんせい):1940年、1949年、1958年、1967年、1976年、1985年、1994年、2003年、2012年、2021年

七赤金星(しちせききんせい):1939年、1948年、1957年、1966年、1975年、1984年、1993年、2002年、2011年、2020年

八白土星(はっぱくどせい):1938年、1947年、1956年、1965年、1974年、1983年、1992年、2001年、2010年、2019年

九紫火星(きゅうしかせい):1937年、1946年、1955年、1964年、1973年、1982年、1991年、2000年、2009年、2018年

一白水星

全体運
今年全体の影響を受けやすく、転職や引っ越し、結婚や転勤、留学など何か変化が起こりそう。とはいえ堅実な一白水星は2023年中に心や金銭、何かしらの準備が出来ているはず。急な案件も1月くらいから予想しており、困ったことは避けられそう。周りから訪れる変化の中、仕事や生活でも流れに巻き込まれて行くのが良いかも。今年は嫉妬を買いそうなので目立たぬように過ごすと吉。習い事や勉強を始めると運気が上がります。

開運ごはん
酸っぱいモノ青いモノ(緑のモノ)で開運しましょう。青野菜のサラダに酸っぱいドレッシングなども良いですが、色は関係なくただ酸っぱいだけでもOK。レモンサワーやかぼすハイ、オレンジジュースなど日常で簡単に取れるモノ、また意識して緑の野菜のお浸しや炒め物を食べて、メロンやアボカドなどのフルーツを多く食べることで気持ちが上向きで明るくなり、体調も整います。

吉方位
南か北東の温泉へ。自社仏閣参りや旅行もオススメ。

二黒土星

全体運
今年はこの6〜7年のなんとなく苦しかったり重かったりした事から解放されます。二黒土星は堅実で辛抱強く、期待もしないので「人生はこんなモノ」と過ごしているのですが、楽になることで、急に平和や幸せに気づくはず。今までいっぱいいっぱいで周りを見渡せなかった人たちも、今年は心地よい部屋に風が吹き抜けるように開放感で楽に生きられるはず。苦しみの原因だった場所や人間関係には戻らぬよう、注意が必要です。

開運ごはん
やはり、酸っぱいモノ、青いモノなのですが、こちらはそこにちょっとだけご飯感や甘みが必要。ちらし寿司や寿司、巻き寿司、いなり寿司など酸味の効いたご飯。ガッツリした酢豚や冷やし中華、青いモノならグリーンカレーやほうれん草カレーなど、どっしりとパワーがつくモノがオススメです。運気がいい時はエネルギーも使うので、おいしいご飯でガッツリとパワーをつけましょう。

吉方位
南、北、北西、南西の温泉や旅行、お出かけへ。緑の多い場所で吉に。

三碧木星

全体運
今まで努力を積み重ね、頑張ってきた人は現状維持でいい年になります。逆に今の状況に不満があったり、現状を変えたい人には、不満を生んでしまいそう。引っ越し、転職、留学などは来年に持ち越しましょう。結婚は相手のある事なので、自分の意思より相手の気持ちを優先させる時期。また、転勤も自分ではなく会社の都合なので受けて下さい。我を張らず、人と調和していく事が1番の開運となります。受容と赦しで、自分も人も楽に幸せに。

開運ごはん
色々なモノを満遍なく食べることで開運なのですが、種類をたくさん取るのはなかなか難しいもの。和風鍋、チゲ鍋、ちゃんこ鍋やブイヤベース、ポトフ、カレーなど煮込み料理、五目ごはんやチャーハン、春巻きなど。肉じゃがやみたらし団子などの甘じょっぱい味つけのものや、甘酸っぱいドレッシング。コース料理や懐石料理を時々食べに行くことで、深く考えず多種類が食べられるので大吉です。

吉方位
南西のにぎやかなところに行くのがオススメです。中華街や人気のある温泉街も◎

タナミユキ
タロット、気学、易学、数秘術などに精通し、テレビや雑誌、アプリなど様々なメディアで活躍している占い師。著書に『来れば? ねこ占い屋』(小学館)がある。また雑司が谷にある『古本ト占 JUNGLE BOOKS』で鑑定も行なっている。 HP https://junglebooks.wixsite.com/junglebookstop

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…