MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
日本酒バル 福33|お燗酒とつまみでゆるりといい時間を過ごしたい(バル/神田)

日本酒バル 福33|お燗酒とつまみでゆるりといい時間を過ごしたい(バル/神田)

 この店は、通りすがりではなかなか見つけられない神田バル横丁の2階にある。スタイリッシュなカウンターで迎えてくれるのは、はんなりした美人女将の村岡さん。

日本酒バル 福33(最寄駅:神田駅)

「お燗酒の楽しさをもっと知って欲しい」と、燗上がりする純米酒をズラリと揃えている。しっかり味がのったひやおろしを常温とお燗など、温度帯を変えて味わうのもこの季節ならではのお楽しみだ。料理にも力を入れていて、おすすめのくじら刺しは上質なナガスクジラしか使わないなど、吟味を重ねた素材が光る。日本酒バルというだけに1杯からでも気軽に飲めるので、ハシゴ酒が楽しい神田にぴったりだ。

くじらの刺身、泉橋 秋とんぼひやおろし、日置桜 山装うひやおろし
1000円、810円、810円

くじら刺しは「おとなの週末」を持参すれば864円にサービス。冷酒なら泉橋の秋とんぼ、燗なら日置桜の山装うと共に味わいたい

がめ煮
626円

女将の出身地は久留米とあって九州の郷土料理であるがめ煮は定番メニュー

るみ子の酒、神亀、真穂人など硬派なラインナップ

お店からの一言

女将 村岡ありささん
堀江康太さん

「しっかり食べたいときはコース料理をどうぞ」

日本酒バル 福33

■『日本酒バル 福33(ふくみみ)』
[住所]東京都千代田区鍛冶町1-6-7 神田バル横丁内2階
[TEL]03-5298-2933
[営業時間]17時~24時(23時LO)
[休日]不定休
[座席]カウンター9席、テーブル14席、計23席/カウンター禁煙、テーブル席喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し代864円別
[アクセス]JR山手線ほか神田駅南口から徒歩3分

電話番号 03-5298-2933
2017年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店主の新さんは大塚の名店『カッチャルバッチャル』などで腕を振るい、独立して今春このスパイスバルを開店。すでにカレーマニアやスパイス愛好家の間で大きな話題になっている。
おすすめは肩ロース、ハラミ、牛タンという3種の部位を一皿に盛り付けたステーキ3種盛。基本はミディアムレアだが熱々のぺレットで、好みの焼き加減に調整することも可能。
厚めにカットされているのに、柔らかくジューシーなことに驚かされるラムチョップ。生後4~6ヶ月のニュージーランド産ラムを、チルドの状態で約2ヶ月かけて船便で取り寄せ。
焼酎とワインは一切無しの日本酒に的を絞った居酒屋だ。爽酒、薫酒、醇酒、熟成酒とタイプ別に揃えた銘柄が約40種。
エチェガライとはマドリードにある通りの名前で、そこに店主の大森さんが好きなシェリー専門のバルがある。そんな現地の雰囲気で、シェリーと、それに合うスペイン料理を楽しむことができるのだ。
店主の飽くなき研究で供される寿司にハマる人、続出。赤身のヅケに福井県の地がらしをちょんと乗せたり、赤貝を昆布〆にしてみたり。
どこまでも深いスープにフルフルの豆腐、そこへ辛さの刺激が追っかける! 寒さ増すこの時期にピッタリの韓国鍋で体の中から温まろう。
船橋の『まるは』グループが、「日本近海の海の幸を使った鮮魚ラーメン」を引っ提げて東京に進出。割烹料理や大衆居酒屋も営むことから、市場との伝手を生かした、他店では食べられないような贅沢な一杯を目指す。
上質なスイーツはもちろん、ヴィエノワズリーも頂上レベルのこちら。この「パン・オ・レザン」は、ブリオッシュ生地にラムの香り豊かなレーズンが巻かれ、噛んだ瞬間からその甘美な世界にうっとり。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル