MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
寿司職人の世界チャンピオンが八王子の『独楽寿司』にいた!

寿司職人の世界チャンピオンが八王子の『独楽寿司』にいた!

取材中に気になる情報をキャッチ。「寿司の世界チャンピオンが握る回転寿司がある」。なんでもその職人さんは、今や回転寿司界のレジェンドとして若手の憧れになっているそうだ。ならば、会わずにはいられまい。その生ける伝説に……。

perm_media 《画像ギャラリー》寿司職人の世界チャンピオンが八王子の『独楽寿司』にいた!の画像をチェック! navigate_next

寿司職人の世界王者が八王子の『独楽寿司』にいた!

 向かったのが『独楽寿司 めじろ台店』。八王子や神奈川で店舗展開する中堅のチェーンだ。レーンの中で、お客と気さくに会話しながら寿司を握っていたのが、地引淳さん。『グローバル寿司チャレンジ2015』で、並みいる高級店の職人の中から予選を勝ち抜き、日本代表として出場。さらに14ヶ国の職人が参戦した世界大会で、ひときわ繊細な創作寿司を作り、優勝に輝いたのだ。

これが世界を制した握りだ !

写真:世界三貫盛980円 世界の頂点に輝いた創作寿司は必食!

 その大会に出品した作品を実際に味わえるのが、「世界三貫盛」(980円)だ。その全貌をご紹介しよう。まずは白身魚の握り。ネタの上下にカラスミとべったら漬けを仕込んで淡白な身にコクと食感をプラス。手巻きは本マグロの大トロ+いぶりがっこ+エシャロット。そして最後は穴子ロール。シャリを煮穴子で巻いて、すりおろしたキュウリ、イクラ、さらにはレーズンバターをオン。甘み、旨み、爽やかな風味が見事なバランスで成り立っている。3貫だけしか食べていないのに、コース料理を堪能した気分だ。スゴいぞ、このお方! 

 なんでも、地引さんは腕を磨くため、銀座など数々の店で修業してきたそうだ。たまたま入った回転寿司の世界にハマったのが今から15年ほど前のこと。「回転寿司って毎日たくさんのお客さんが来てくれるでしょ。お子さんから、おじいちゃん、おばあちゃんまで。いろんな世代のお客さんと出会って喜んでもらえるのが気に入ってね」(地引さん) 

 現在はさらにお客を楽しませるため、マジックを修業中(笑)。ご披露いただいたが、こちらは寿司の腕前にはちょっと及ばないみたい。『独楽寿司』は創作以外の寿司も相当なレベルで、副社長が小田原漁港でその日の朝セリ落とした魚介が、昼にはメニューに並んでいる。リクエストすれば本ワサビで握ってくれて、お値段は一皿120円~。高級店顔負けの回転寿司をご堪能あれ!

パクチーサーモン
200円

まったりとした口当たりのサーモンに添えた、鮮烈な香りのパクチーが、香りのアクセントになっている

独楽寿司 めじろ台店(最寄駅:めじろ台駅)

[住所]東京都八王子市椚田町543-1 [TEL]042-664-5333 [営業時間]11時半~22時半(22時15分LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [交通アクセス]京王線めじろ台駅から徒歩12分

電話番号 042-664-5333
2017年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
昭和51年(1976)から続く、町の小さなお寿司屋さん。2代目店主の早川さんは、『銀座 久兵衛』で腕をふるっていたが、初代亡き後、地元のお客に説得されて実家を継ぐことになった。
艶やかなトロをはじめ、マグロ赤身、小肌、穴子、イクラ、タコ、車エビ……。シャリが見えないほどネタを敷き詰めたお重の豪華さに目を奪われる。
築地場外市場にあるカウンター5席ほどの小さなお店で、朝8時から開店する。マグロの仲卸業者による経営のため、マグロの希少部位も手頃な価格で味わえるのが魅力的。
東京駅と直結する「八重洲地下街」(以下、ヤエチカ)。2021年6月で開業57年を迎えた、東京を代表する地下街のひとつだが、今大きな変貌を遂げている。その中から、今回は2021年7月29日にオープンした『スシロー八重洲地下街店』をご紹介!
太巻き、細巻き、軍艦。まさに寿司の名脇役といえる海苔だが、大森が“海苔養殖の発祥地”だったことは意外に知られていない。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル