MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
七代目 卯兵衛|北町ダイニングのココも三ツ星店!(魚介・海鮮料理/東京)

七代目 卯兵衛|北町ダイニングのココも三ツ星店!(魚介・海鮮料理/東京)

1937年開業のビヤホール『ニユートーキヨー』。その前身は、明治期に創業した函館の海産物問屋『森卯商店』。

perm_media 《画像ギャラリー》七代目 卯兵衛|北町ダイニングのココも三ツ星店!(魚介・海鮮料理/東京)の画像をチェック! navigate_next

七代目 卯兵衛(最寄駅:東京駅)

北町ダイニングのココも三ツ星店!

全国に名を馳せたこの店の創業者の名前を冠した『卯兵衛』は、発祥の地である函館港から直送された新鮮な魚介類や北海道産の野菜など、旬の食材をたっぷり使った料理が魅力。カウンターがあるのでサク飲みも可能だし、「函館鮮魚三点盛り」(1814円)や「鮭ハラス焼き」(961円)などの逸品、「おまかせ寿司」(3貫・734円)などメニューが多彩なので使い勝手が良い。

白子天ぷら
950円

七代目 卯兵衛

[住所]東京都千代田区丸の内1-9-1 グラングルメ2階 [TEL]03-3211-2360 [営業時間]11時~23時(22時LO)、土・日・祝11時~22時(21時LO)※12月31日~1月3日は短縮営業 ※ランチタイム有 [休日]無休 [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲北口改札から徒歩3分

電話番号 03-3211-2360
2018年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
いいマグロをリーズナブルに食べるなら、忘れちゃいけないのが居酒屋の「マグロブツ」。気軽に頼めるブツを肴にライター・カーツさとうと「おとなの週末」編集・武内が、旨い! 以外のマグロの魅力を考察してみました。
東京駅で魚料理が食べたくなったなら、脇目を振らず、この店に急ぐべし! 本マグロをはじめとした、とびきり新鮮で上質な刺身に、上品な風味がじんわり沁みた西京漬けと、主役級のおかず2種を盛り込んだ「奈可嶋膳」が待っている。
「美味しいサバを食べてほしい」という熱い思いから、日本各地よりその時々の最高のサバを入荷。刺身や焼き、カツなど、サバの特性に合わせて魅力を引き出した料理を提供しているサバ専門店。
「海外の漁師町にあるちょっとしたバル、酒場のイメージですね」と店長の三谷さんが言うように、肩肘張らず、立ち飲みでワイワイ貝料理を楽しめるのがいい。一番人気は、活貝ソテー。
最新記事
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「日本食冒険記」。これなんぞ?と思うでしょう。出演者は、訪日&在日外国人。飲食店で食事しながら日本食に対する思いを語っているのです。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル