MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
[The CAVE DE OYSTER] 牡蠣のグルメ記事と写真(オイスターバー/東京駅)

[The CAVE DE OYSTER] 牡蠣のグルメ記事と写真(オイスターバー/東京駅)

[The CAVE DE OYSTER(ザ・カーブ・ド・オイスター)]は「大人のためのオイスターバー」を標榜するスタイリッシュな店。およそ50の産地から、季節により日替わりで5~10の産地の牡蠣を楽しめる。[交通アクセス]はJR山手線ほか東京駅八重洲南口改札口から徒歩5分

perm_media 《画像ギャラリー》[The CAVE DE OYSTER] 牡蠣のグルメ記事と写真(オイスターバー/東京駅)の画像をチェック! navigate_next

The CAVE DE OYSTER(最寄駅:東京駅)

海洋深層水で60時間浄化した安心・安全にこだわった牡蠣に感動

アルコール類も充実。牡蠣エキスが入ったオリジナルの「オイスタースタウト」(950円)や、プリペイド式の「サービングシステム」には約30種のワインと8種類の日本酒を用意。多くが30ccからの提供なので、いろいろ試せるのもうれしい。〆に出される「牡蠣スープ」が、五臓六腑にじんわりと染み入る。

焼き牡蠣 全種盛り合わせ5ピース
2570円

スモークチーズと黒胡椒の焼き牡蠣、ウニと牡蠣醤油の焼き牡蠣、香草ガーリックバター焼き,ミニトマトとベーコンの焼き牡蠣,アンチョビとガーリックの焼き牡蠣。焼いて濃縮させた牡蠣の旨みを増幅させる個性的な味付けで提供

定番! シーフードガンボライス~ハラペーニョソース添え~
1706円

たっぷりのオクラと魚介の美味しさ、ピリッとした味わいがクセになる

生牡蠣
1ピース 516円~

この日の真牡蠣は、広島県倉橋島産「牡蠣小町」(手前3個)と岩手県釜石湾産(奥3個)

ワインサービングシステム
30cc 400円~

お店からの一言

店長 原 誠樹さん

「少しずつ試せるのでお好みのワインを見つけてください」

The CAVE DE OYSTER

[住所]東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下街南1号 [TEL]03-3274-3455 [営業時間]11時~23時(ランチ15時LO、ディナー22時LO)、土・日・祝11時~22時(ランチ16時LO、ディナー21時LO)※12月31日・1月2日11時~18時 ※ランチタイム有 [休日]1月1日 [席]計90席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し500円 [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲南口改札口から徒歩5分

電話番号 03-3274-3455
2018年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
コロナ禍のステイホームで、家で食事をする時間が増えましたね。ですが、マンネリになりがち。そして晩酌のお酒も……。そこで日本人には馴染みが薄い「シェリー」に注目。それに合うタパス(スペイン風つまみ)を「カルディ」の商品を使って考えてみました。
ジャパニーズモルトをメインに据えたバーだ。店主・高橋さんが国産にこだわる理由は至ってシンプル。ここが日本だからだ。
この店に行くと決めれば、普段よりもちょっとだけおしゃれをしようと思う。キッチン一体型のカウンター席に座ると、センスのいいBGMに混じって食材を切る音、炒める音が心地よく響いてくる。
店主・谷嶋さんは早大理工学部から大学院に進んで高分子化学を修め、化粧品会社の研究所に勤めた後、ウイスキー愛が高じてバーを開いた異色のバーテンダー。そんな香りのプロが日本ウイスキーの最高峰として推すのが「サントリーウイスキー 響21年」だ。
ウイスキーの新しい可能性を探るカクテル、“ウイスクテイル”を広めているのが、店主の静谷さん。日本に9人しかいないマスター・オブ・ウイスキーのひとりだ。
最新記事
ゲンコツと背ガラ、豚足で炊く豚骨100%のスープは、近年稀に見るこってり度。どろりと濃厚、あえてざらつきを残してワイルドに仕立てているが、豚骨臭は皆無で驚くほどクセがない。
スープと同じくラーメンの味を左右する麺。自家製麺の店も増えているが、今回は業界を代表する 3つの製麺所に注目。『おとなの週末』ライター肥田木が取材しました。それぞれの麺作りの姿勢は……いやあ、こうも奥深いものとは。感動を呼ぶ(?)麺物語。今回は浅草開化楼!
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
get_app
ダウンロードする
キャンセル