MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
素通り不可能!絶品の地鶏料理と秋田純米酒を味わえる日本酒バー|本家あべや 秋田純米酒処(バー/東京)

素通り不可能!絶品の地鶏料理と秋田純米酒を味わえる日本酒バー|本家あべや 秋田純米酒処(バー/東京)

毎朝生産者から届くとびきり新鮮な比内地鶏が自慢の焼鳥店。すぐ隣に併設しているのが、秋田県産の純米酒のみを扱う日本酒バーだ。

perm_media 《画像ギャラリー》素通り不可能!絶品の地鶏料理と秋田純米酒を味わえる日本酒バー|本家あべや 秋田純米酒処(バー/東京)の画像をチェック! navigate_next

本家あべや 秋田純米酒処(最寄駅:東京駅)

素通り不可能!絶品の地鶏料理と秋田純米酒を味わえる日本酒バー

感動すら覚えるのがカウンターに立つスタッフの酒に対する知識と愛情の深さ。抜栓したてのボトルはデキャンタージュで香りを華開かせ、燗はその酒にぴったりの細やかな温度帯で供してくれる。比内地鶏を使った肴も文句無しのウマさで、ここを知れば立ち寄らずにはいられない。

きりたんぽ鍋
2592円

比内地鶏のダシをベースにしたツユは深いコクが満点! きりたんぽが、その旨みをくまなく吸収する

比内地鶏 焼き鳥盛合わせ
6本 2268円

この日はボンペタ、フリソデ、ソリレスなど稀少部位を含んだラインナップ。

炙り鶏皮梅おろし水晶
810円

カリッと焼いた皮を大根おろしや梅水晶と和え、さっぱりとした味わい

利き酒セット3種
1188円

その時々でオススメの酒を選んでくれる

お店からの一言

日本酒担当 西山佳那さん

「秋田の酒の素晴らしさを東京駅から広めたい」

本家あべや 秋田純米酒処

[住所]東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅構内グラングルメ2階 北町ダイニング [TEL]03-6269-9277 [営業時間]11時~23時(22時LO)、土・日・祝11時~22時(21時LO)※ランチタイム有 [休日]年始 [席]カウンター10席(店内は100席)/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代500円別 [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲北口改札から徒歩3分

電話番号 03-6269-9277
2018年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
カフェ&バーのチェーン店「PRONTO(プロント)」を展開するプロントコーポレーション(東京都港区)は6月21日から、プロントの新たな夜の業態「キッサカバ(喫茶酒場)」を本格的にスタートさせました。従来のプロントとどう違うのか。なぜ、いま業態を変えるのか。担当者に聞いてみました。
コロナ禍のステイホームで、家で食事をする時間が増えましたね。ですが、マンネリになりがち。そして晩酌のお酒も……。そこで日本人には馴染みが薄い「シェリー」に注目。それに合うタパス(スペイン風つまみ)を「カルディ」の商品を使って考えてみました。
ジャパニーズモルトをメインに据えたバーだ。店主・高橋さんが国産にこだわる理由は至ってシンプル。ここが日本だからだ。
この店に行くと決めれば、普段よりもちょっとだけおしゃれをしようと思う。キッチン一体型のカウンター席に座ると、センスのいいBGMに混じって食材を切る音、炒める音が心地よく響いてくる。
店主・谷嶋さんは早大理工学部から大学院に進んで高分子化学を修め、化粧品会社の研究所に勤めた後、ウイスキー愛が高じてバーを開いた異色のバーテンダー。そんな香りのプロが日本ウイスキーの最高峰として推すのが「サントリーウイスキー 響21年」だ。
最新記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
小説『バスを待つ男』や、講談社の「好きな物語と出会えるサイト『tree』」で連載中のエッセイ『日和バス 徘徊作家のぶらぶらバス旅』など、作家生活25周年を迎えた西村健さんは、路線バスをテーマにした作品の書き手としても知られています。「おとなの週末Web」では、東京都内の路線バスを途中下車してふらり歩いた街の様子と、そこで出会った名店のグルメを紹介します。
「江戸っ子は屋台で寿司をつまんだ後、帰り際に暖簾で手を拭いて店を後にしたそうです。なので暖簾の汚れっぷりが、旨い店の判断基準だったとか」。と、話してくれたのは『挙母鮨』の星野店長。
get_app
ダウンロードする
キャンセル