MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
焼鳥本田(焼き鳥/八重洲)ー八重洲の路地裏に焼鳥の名店あり

焼鳥本田(焼き鳥/八重洲)ー八重洲の路地裏に焼鳥の名店あり

東京駅周辺エリア「八重洲」をグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめ焼鳥店。焼鳥本田は路地裏に名店ありとはよく言うが、この店がまさにそう。メニューは焼鳥のおまかせコース1本のみ。

perm_media 《画像ギャラリー》焼鳥本田(焼き鳥/八重洲)ー八重洲の路地裏に焼鳥の名店ありの画像をチェック! navigate_next

焼鳥本田(最寄駅:東京駅)

独学で追求した比内地鶏の旨みを店主渾身のフルコースで堪能

使うは言わずと知れた日本三大地鶏の比内地鶏だ。その力強い食感、旨み、香味は、店主が「自分の目指す味に最適」と選び抜いた食材で、身が締まった雌の丸鶏を毎日使う分だけ捌いている。食べさせ方がまたいい。塩かタレの一辺倒でなく、ねぎまは塩で焼いてバルサミコ醤油をひと塗り、自家製鶏油を練り込んだつくねは仕上げに山椒をひと振りするなど、ひと串をひとつの料理と捉えて供する。旬の焼き野菜から親子丼まで店主渾身のフルコースを味わえば、もうこの店に夢中。宝物を見つけたような幸福感に浸れるはずだ。

おまかせコース 前菜、白レバーのパテ バゲット添え、焼物(むね肉のわさび焼、ねぎま、レバー、う玉、手羽、つくね)、サラダ、本日の焼野菜(金時人参、ブラウンマッシュルーム、紅芯大根、カブ、新銀杏)、親子丼
5000円

コースの焼物。ぶりんと跳ね返すような歯応えのねぎまや濃厚なレバーなど。内臓系は味の個性によって3種類のコショウを使い分け、ハーブを加えた米酢等で味を完成させる。旬の焼野菜は金時人参など。今は年中出回る銀杏も旬の時期しか使わない

コースの前菜、白レバーのパテ バゲット添え
 

前菜は日によって変わる。取材時は鶏皮ポン酢など

コースのサラダ
 

旬のフルーツを取り入れ季節感を出す

コースの親子丼
 

比内地鶏のももとむね肉を使用。野菜は使わず、食材は卵と鶏肉だけの潔い味わい

お店からの一言

店主 本田卓也さん

「焼鳥に合うワインや日本酒も厳選しています」

焼鳥本田

[住所]東京都中央区八重洲1-7-13 元橋ビル1階 [TEL]03-3241-5011 [営業時間]17時半~22時半(22時LO)[休日]日・祝(土は不定休)/席14席/全席禁煙/予約可/カード可/サ10% [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲北口から徒歩5分

電話番号 03-3241-5011
2018年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
岩手県産みちのく鶏のみずみずしさを活かし、備長炭の遠赤効果で均等に加熱して、ジューシーに焼き上げた串が名物。肉の仕入れに強いこだわりがあり、近江牛のもつ鍋、宮崎産妻地鶏のたたきなども評判だ。
揚げたてを積んだ唐揚げの山。これぞパワフルランチ!と絶叫したくなるボリュームだ。それもこれも「界隈で働くビジネスマンはもちろん、体力勝負のガテン系の職人さんも、気取らずお腹いっぱい食べてほしい」という社長の粋な心意気ゆえ。
西日暮里にある鶏料理の名店「鳥のぶ」から独立して3年。もはや根岸を代表する居酒屋と言っていい。
有名店や老舗をはじめ、焼鳥店が山のようにある銀座でも、ここは通いたくなる店の筆頭格だ。まずはもちろん大将の熟練の技が光る串物を。
世は低糖質が花盛り。でも……、いやだからこそ、炭水化物という名の背徳の美味に、より心惹かれてしまうのだ(と思う)。
最新記事
「また食べたいと思ってもらえるものを。何度口にしても感動してもらえる味を」。そのためにフランス人シェフのサントスさんが徹底しているのが改良を重ねて作り上げたレシピと、全工程へのこだわりだ。
大手メーカーと違い、各ブルワリーの個性溢れるクラフトビール。飲んでみたいけど、ちょっと高い。では、何を飲めばいいのか? 本誌飲み比べ隊がスーパーやコンビニで買えるビールを薄張りグラスで都度洗浄して試飲しました!
みなさんは“チャーラー”をご存じでしょうか。チャーハンとラーメンのセットの略語なのです。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介します!
築約70年の木造日本家屋で営業を続けるお好み焼き屋。芸人で染太郎の妻・崎本はるが、戦争で染太郎を亡くしたあとに始めたお店で、屋号は後から付けたもの。
リモートワークで毎朝通勤しなくていいのはうれしいけれど、どうも気持ちが仕事モードに切り替わらない。そんな時は甘いものを食べて脳に糖分を注入! 実際に食べて美味しかった朝スイーツをご紹介します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル