MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
おっさん女子の吉祥寺パトロール(55) 冷たいスイーツは、吉祥寺の紅茶専門店で食べれば? の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(55) 冷たいスイーツは、吉祥寺の紅茶専門店で食べれば? の件

毎日、こんなに暑くていいんでしょうか?  夏の冷たいスイーツの代表格といえば、かき氷だよね。しかし、私は夏が終わるまで、吉祥寺のかき氷の話題は避けて通りたかった……。吉祥寺のかき氷といえば、各所で話題になっている『カフェL』の焼き氷でしょう……。

perm_media 《画像ギャラリー》おっさん女子の吉祥寺パトロール(55) 冷たいスイーツは、吉祥寺の紅茶専門店で食べれば? の件の画像をチェック! navigate_next

冷たいスイーツは、吉祥寺の紅茶専門店で食べれば? の件


毎日、こんなに暑くていいんでしょうか? 

夏の冷たいスイーツの代表格といえば、かき氷だよね。

しかし、私は夏が終わるまで、吉祥寺のかき氷の話題は避けて通りたかった……。

吉祥寺のかき氷といえば、各所で話題になっている『カフェL』の焼き氷でしょう。

かき氷が燃えてるヤツね。

動画でインスタにアップしている女子も多いようです。

もともと、この『カフェL』は、駅近なのに比較的空いていて、さらにコーヒーが美味しい穴場なのですが、もう夏に近寄ることはできません……。

10月ごろまで、私がこの店に足を踏み入れることはないでしょう……。

現状、若い娘さんたちが、予約台帳なるものに記載し、このクソ暑いなか、順番待ちをして激混みです。


しかし、2017年の12月。

もはやクリスマスも近いというある日、この『カフェL』に入ったところ、私以外に女子2人組がいて、なんとこの娘さんたちが、冬にかき氷を燃やしていたのでした……。

外は気温10℃切ってますけど! 

思いっきり冬日だよ! 

という日でしたが、若い娘さんは寒くないのか? 

そして同時に、燃えるかき氷は通年のメニューだったんだ、と知ったおっさん女子です。

でも、寒い冬にけっこうデカいかき氷が、青白い炎に包まれて燃えているのは、なかなかロマンチックだったので、私は今年の冬に食べようと思います(今年もやっていれば、の話ですが……)。


そんなかき氷ですが、若い娘さんの夏のインスタ需要なのか、カフェや喫茶店にとどまらないのが吉祥寺です。

この間、夜はもつ鍋屋さんという店が、土日祝の昼間にかき氷を始める予定と知り、ビックリ……。

もつ鍋屋、お前もか! と思いました。

某寿司屋チェーン店も大々的にかき氷始めてるし。もはや、なんでもありだよね。

イラスト/スタジヲワンツー


おっさん女子イチ押しは有名紅茶専門店『T亭』の、アッサムのかき氷!


でも、私はおっさん女子。

かき氷なんて、ひと夏1回食べれば上等じゃね? という思想の持主です。

ちなみに、友人のおっさん女子Nは「ここ数年食べていないよ。何年かに1度、お祭りのときに食べれば十分じゃないの?」と言っていました……。

そんなおっさん女子がおすすめするのは、吉祥寺の有名紅茶専門店『T亭』のアッサムのかき氷です。

紅茶から作ったオリジナルのアッサムのシロップが氷にかかっており、さらに特製練乳紅茶をプラスして食べます。

しかし、なぜか別途青りんごのアイスクリームが付くという、ある意味、謎の仕様。

最高気温が33℃を超えた日に食べましたが、冷房+冷たいものを食べ過ぎて、体は芯から冷え切り、外に出たとき「あったかい……」という感想に……。

しかも、1296円(税込)です。

高い……! 

飲み物をつけると『2000円越え』ですね。



とか言いながら、親切なおっさん女子が『T亭』の正しいアッサムのかき氷の食べ方をここで披露しておきます。

基本、夏の思い出としてのかき氷設定が推奨です。

さらに、デートで行くこと、これが必須です。


男子が、かき氷を頼む(女子はあったかい紅茶を頼む)
 ↓
女子は、かき氷をひと口もらって納得
 ↓
青りんごのアイスは女子が食う
 ↓
女子大満足
 ↓
カップルの夏の思い出……という感じがいいんじゃないでしょうか? 


特に、男子が暑がりだと最高ですね。

ただ、基本的に武蔵野マダムで平日も混んでいる『T亭』は、土日祝は激混みで、13時~18時の間は、90分交代制なので注意してください。

ほかにもあるぞ! 吉祥寺の紅茶系『冷たい』スイーツ!!


夏の思い出とか、デートとか、90分交代制とか、暑がりの男子とか、そんなの関係ないわよ! という人にもおすすめの冷たいスイーツもありますよ……。

同じく紅茶専門店『K』の本店にGO! 

連載42回の手土産のところでちょっと触れたお店です。

カレーでおなじみの『M蔵』の斜め前のあそこね。

ここは基本的に茶葉の販売がメインですが、ちょっとした焼き菓子なども売っています。

そして夏季限定で、紅茶ソフトクリームが販売されます。

ルフナ紅茶という茶葉の銘柄を、思いっきり濃く出して作ったアイスクリームだ! 

濃厚! 

絶品! 

お値段は450円ですが、コスパは超いいぞ! 

トッピングの、キャラメリゼされている甘いピーカンナッツが超美味しいです。

むしろ、これを山盛り食べたい……。

しかもこのアイスは、店で販売されているミルクティにもトッピングが可能。

そして、ミルクティの濃さも選べるよ。

夏は濃いめ推奨です。

そしてなんと!

今年から、ルフナかき氷が新メニューで登場!!

イートインスペースは外のベンチですけど、平日夕方のまったりした時間帯は、なかなか和む&癒されます。

まあ、こちらはデートっていうより、おひとり様の買い食いがおすすめですけど(笑)。 

秋風が吹くころまで、やっているようです。





天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
天野七月@おとなの週末

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連記事
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
今までの吉祥寺の和風のカフェ、喫茶店、甘味処は、比較的年配のマダムたちの需要が多かった吉祥寺である。しかし最近、けっこう若い女子向けのカジュアルな和風がキテるんじゃないでしょうか? ということで、今回は2020年にオープンした2軒ご紹介してみようと思います。
新型コロナウイルスのせいで、吉祥寺の飲食店は満身創痍という感じな今日この頃……。 メニューの見直し、店舗のリニューアルなどをする店も多いように感じます。 そこで今回は、吉祥寺でのサバイバルのために積極的にリニューアルを続けている定食屋を2軒ご紹介しようと思います。
白いご飯と、鶏唐揚げと、チーズが大好きなおっさん女子とは私のこと。 しかし最近、食パンに対する愛も芽生えてきたので、適度に食パンも食べ散らかしているのですが、最近、吉祥寺のチーズ食パンが熱い!っていうかチーズ教信者の私だけが、熱いのかもしれない……。というワケで、今回は吉祥寺の美味しいチーズ食パンをご紹介したいと思います。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル