MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
期間限定の『週プレ酒場』で鼻の下を伸ばしてきた!(居酒屋/新宿)

期間限定の『週プレ酒場』で鼻の下を伸ばしてきた!(居酒屋/新宿)

青少年が立派な成人男子になる過程で、あらゆることを教えてくれるバイブル的雑誌『週刊プレイボーイ』。中々買うのに勇気が必要でしたが、アレもコレもと本当にお世話になりました。その『週プレ』が創刊50周年を記念して期間限定で開店したのがここ、その名も『週プレ酒場』だ。

週プレ酒場(最寄駅:西武新宿駅)

『週プレ酒場』で鼻の下を伸ばしてきた

店につながる通路にはアグネス・ラムが描かれ、青臭かった青少年時代にタイムスリップ。
が、店に入ると途端に大人にすくすく成長だ。

料理にも酒にも魅惑的なメニューが並んでるんだもの。
というわけで、可愛らしい店員・かなちゃん(ホールスタッフはみんな女性でした)に早速注文をお願いする。

が、あまりにも一般人らしくないルックスと物腰。
聞けばこの店でバイトをしていてタレント事務所にスカウトされたのだそう。
たまに行く赤羽のスナックでは到底感じられない、なんたるキラメキっぷり!

「名物 週プレの唐揚げ」は衣がサクッでジューシー。ソースなしでも美味

さて出された料理はなかなかに凝っていて、「名物 週プレの唐揚げ」(890円)は、橋本マナミさん、原幹恵さんら8人のグラビアアイドルと共同開発した8種のソースで唐揚げを食す(ソースのリクエストは2種まで)。
「生本まぐろのてんこ盛り」(1690円)は、まぐろは刺身で、付け合わせの海藻はダシでしゃぶしゃぶして食べる。
「金のよだれ鶏」(590円)は四川風の辛さではなく、たっぷりのマスタードソースで食すなどなど。
お酒もビール、日本酒、焼酎と揃い、ここ、かなりいい居酒屋です。


さてこの「週プレ酒場」の奥には「週プレ酒BAR」なるスペースも。
こちらは予約制のVIPスペースとなっている。
しかも、なんとチャージが1万円(つまみ2~3品と、乾杯ドリンク1杯を含む)。

居酒屋スペース

さぞラグジュアリーな空間かと思いきや、『週プレ』の歴史がわかるバックナンバーが置かれてはいるが、カウンターだけでそれほどでもなし。
しかしっ!
毎日、現役グラビアアイドルたちがカウンターに立ってママを務め、お酒を振舞ってくれるのだ!

僕たちが覆面取材をした日は、本郷杏奈さん(26歳)がママを務めていた。
今回は予算的にBAR の利用は遠慮していたのだが、なんと、居酒屋スペースに出て来て客席に挨拶をして回ってくれ始めたではないか!
店内のビジネスマンは大盛り上がりです。

VIPルーム「週プレ酒BAR」


あ、ここまで紹介を忘れていたけど、同行したのは編集・戎。
「めっちゃかわいいじゃないですか!」と、挨拶に来た彼女を前に鼻の下を伸ばしっぱなしでした。

というわけで、料理よし、酒の揃えよし、価格も手ごろ。
予約が取りづらかったりするけれど、さすが『週プレ』的なグラビアアイドルによるサービスも◎。
期間限定の営業じゃもったいないです。「ずっと営業するべきです」(by戎)。

週プレ酒場の店舗情報

[住所]東京都新宿区歌舞伎町1-18-9 WaMall歌舞伎町5階 [TEL]03-6273-9787 [営業時間]17時~24時(23時半LO) [休日]無休 [交通アクセス]西武新宿線新宿駅から徒歩5分

電話番号 03-6273-9787
2018年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
赤と白、アナタはどちら?いえ紅白歌合戦ではありません、煮込みの味の種類のこと。
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
巷では中国茶ブームだが、極上の烏龍茶でお茶割りを作ろうというのはナイスなアイデア! ここはそんなお茶割りの専門店。
小町通り脇の小路に佇むナチュラルワインと野菜料理の店。店主はレストランの厨房で働いた経験があり、サラダなど野菜の惣菜はもちろん、鶏レバームースや鴨のコンフィといった肉料理までレストランクオリティだ。
神保町の路地裏で、午後3時の開店から続々とお客さんがやって来る。しかも皆さんお勤め人風だから、昼飲みとはいえ雰囲気はなごやか。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt