MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【閉店】博多よかたい 阿佐ヶ谷店|24時間飲み放題に挑む(居酒屋/阿佐ヶ谷)

【閉店】博多よかたい 阿佐ヶ谷店|24時間飲み放題に挑む(居酒屋/阿佐ヶ谷)

ちょっと前にTwitterで噂は知ってた。阿佐ヶ谷になんと“24時間飲み放題”の居酒屋出現、と。

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】博多よかたい 阿佐ヶ谷店|24時間飲み放題に挑む(居酒屋/阿佐ヶ谷)の画像をチェック! navigate_next

【閉店】博多よかたい 阿佐ヶ谷店(最寄駅:阿佐ヶ谷駅)

はあ?飲み放題ってフツー2~3時間の時間制限だわな。
ま、確かに24時間でも時間制限ではあるが……と、ややにんまり。

というわけで早速、行ってみよー!場所は阿佐ヶ谷駅南口のロータリーから右手の飲み屋街には入ってわりとすぐ。
『博多よかたい阿佐ヶ谷店』が噂の店だ。
夜10時過ぎ到着。
と、入り口にあるある、「業界初!24時間飲み放題!!2400円」の文字。
しかも、よく見ると「さらに毎月24日深夜0時~24時間、飲み放題240円!」の文字も。

わはは、マジか!恐るべし「24」繋がり。

中に入って早速飲み放題を頼むと、その時間を書き込んだリストバンドを渡される。
つまり、そこからスタートで24時間飲み放題。
しかも「1度帰宅されても24時間中なら何度ご来店されてもOK」というのがミソだ。

危険だ(笑)。

ちなみにお通しのキャベツ(お替り自由)が200円。
もちろん、食べ物の料金は別だ。

さて、お得なのか否か!? このシステム、使いこなせるのか!?というのはその他の内容にもよるし~、ということで早速チェック&ゴーだ。

白レバたたき(480円)、ズリ刺し(580円)、焼鳥・焼きとんは1本から注文可(100円~)

まずお酒。
生ビールから、ハイボール、サワー各種、ホッピー、ワイン、焼酎、日本酒、テキーラからソフトドリンクまで各種、だいたい単価390円ほど。
単純計算で6杯以上飲めば元は取れるってわけだ。
ふむふむ。

それから料理。これがなかなか多彩。
1本100~180円の焼鳥、焼きとんから、おでん、タンシチュー、ポテサラ、がめ煮……。
博多ラーメンを筆頭に替え玉ありのラーメンメニューも充実していて、ラーメンのみの利用も可。
そういえば入り口のこたつ席で旨そうにラーメンだけ(たぶん)食ってた客がひとり。

で、まずは滞在2時間強で酒各種6杯。
つまみはラーメンやタンシチューやらあれこれ頼んで1人2500円くらいだったから、まあまあ。
でも、料理は鳥刺し、焼鳥はじめなかなか旨し。悪くはない!

意外と気に入ったのがカップワイン。イタリア産で赤白あり

博多ラーメン
680円、替え玉100円

して翌朝9時、一眠りしてまた来ました。
通勤(寿司詰め)電車で呑みに行くオレってどうなのよ、とは思ったが。

やりたかったのは、朝から一人博多もつ鍋(950円)。
さすがに他に客はいない中、カウンターでテレビ見ながらレモンサワー片手にカセットコンロを調整しながらつつく。
ついでに明太子チーズの玉子焼を追加して、ジャスミンハイをおかわり。
1500円くらいでシアワセな朝呑み。
眩しい朝の光がいい感じに背徳感を与えてくれる。

オススメは、休前日居酒屋使いの、プラス翌日の“飯呑み”とか、24時間制をフルに活かせて楽しいと思ふ。
なんかお食事メニューも充実してるし。

思うツボって話もあるが(笑)。

博多もつ鍋(1人前950円)はなかなかの本格派&ボリューム

博多よかたい 阿佐ヶ谷店の店舗情報

[住所]東京都杉並区阿佐ヶ谷南3-34-14 [交通アクセス]JR中央線阿佐ヶ谷駅南口から徒歩2分 ※ランチタイム有

2018年2月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。
使い込まれた渋い暖簾、開け放たれた大きなガラス戸から中に入ると、ふたつのコの字カウンターはすでにいっぱい。ワイワイガヤガヤ、思い思いに一杯やっている。
店長の後藤さんは宮崎県出身。東京で日本酒に出合ってすっかり日本酒の虜になったとか。
「ほっとしたい」「気分を上げたい」――日本酒のこんな注文も大歓迎、の店だ。たとえば猪肉のローストに合わせて、「力が湧くお酒を」とリクエスト。
店を構えて35年の居酒屋。魚介を中心にほとんどのメニューが500円前後で揃い、中でも塩焼き、味噌煮、竜田揚げなど、多彩な金華さばのメニューが目を引く。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル