MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
女性やビギナーにこそ行って欲しい「二郎系ラーメン」が浅草橋にあった!

女性やビギナーにこそ行って欲しい「二郎系ラーメン」が浅草橋にあった!

『ソラノイロ Factory&Labo 浅草橋店』は、「圧倒的なボリューム」、「飾り気のない店内」、「呪文のような独特の注文方法」など、女性やビギナーにとっては何かとハードルの高い二郎系ラーメンを、ソラノイロ流にインスパイア。カフェ風のオシャレな店内で出される「ベジ郎」には、その名にふさわしく、旬の野菜がたっぷりのる。

perm_media 《画像ギャラリー》女性やビギナーにこそ行って欲しい「二郎系ラーメン」が浅草橋にあった!の画像をチェック! navigate_next

ソラノイロ Factory&Labo 浅草橋店(最寄駅:浅草橋駅)

気軽に食べられるインスパイアで二郎デビューを応援!

難解なオーダーも必要ないため、安心して“デビュー”が可能だ。ゲンコツをメインに背ガラや背脂を乳化させた豚骨スープは、重すぎないのでゴクゴク飲みたくなる印象。チャーシュー用のバラロールも一緒に炊いているので、肉の旨みが詰まっている。もちもちのストレート麺は、やや平打ちに近い形状で、基本は麺200g+野菜200g。麺100g+野菜300g、もしくは麺300g+野菜100gの組み合わせも選択できる。

ベジ郎(豚)
1000円 ※パーコートッピング

重量が100gもある限定10食のパーコー。カレー粉がまぶされている

女性限定「ミニ郎」(650円)は、麺・野菜共に150g。日替わり野菜の「スムージー」は150円

お店からの一言

工場長 岩瀬和巳さん

「当店で二郎デビュー、しませんか?」

ソラノイロ Factory&Labo 浅草橋店の店舗情報

■『ソラノイロ Factory&Labo 浅草橋店』
[住所]東京都台東区柳橋2-6-8 南ビル1階
[TEL]03-5839-2565
[営業時間]11時半~15時(LO)※ランチタイム有
[休日]不定期営業
[アクセス]JR総武線ほか浅草橋駅東口から徒歩2分

電話番号 03-5839-2565
2018年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
みなさんは“チャーラー”をご存じでしょうか。チャーハンとラーメンのセットの略語なのです。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介します!
スープの約8割が“きのこダシ”という、かつてないシャンピニオンラーメンを考案。豚肉と魚介の旨みを重ねたダシで大量のきのこを煮出し、旨みたっぷりのスープに仕立てた。
最新記事
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「日本食冒険記」。これなんぞ?と思うでしょう。出演者は、訪日&在日外国人。飲食店で食事しながら日本食に対する思いを語っているのです。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル