MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
職人技「三度付け・ふわっカリッ衣」のとんかつに魅了される!駒込『とんき』

職人技「三度付け・ふわっカリッ衣」のとんかつに魅了される!駒込『とんき』

駒込のトンカツ店「とんき」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。暖簾をくぐると、油染みひとつない店内に白木のカウンター。細やかなもてなし。[住所]東京都北区中里2-4-5

perm_media 《画像ギャラリー》職人技「三度付け・ふわっカリッ衣」のとんかつに魅了される!駒込『とんき』の画像をチェック! navigate_next

とんき(最寄駅:駒込駅)

職人技が極まる奥深いカツとんきの美学を堪能するべし

さながら割烹と見まがうほどだが、その味わいはどこか懐かしく、そして深い。『とんき』のカツの大きな特徴は、卵と粉を“三度付け”して仕上げる独特の衣。純ラードのコクを含みながらも、軽やかでまったく脂っこくないから不思議である。この衣によって旨みが封じ込められた肉はしっとり艶やか。「お客さんの席に届くタイミングで、丁度よく余熱が入るように揚げています」と、主人の椿沢さん。自家製ソースや味噌汁、漬け物にいたるまで、とんかつ道に妥協はなし。一度行けば、とんきワールドにハマること請け合いだ。

ロースかつ定食
1650円

厚切りにしたロース肉は約160g。青菜とネギのシンプルな味噌汁は、豚の塊肉をダシを取るためだけに(!)使うという贅沢さ

ヒレかつ定食
1650円

「とんかつ専門店なので」と、揚げ物メニューはロースかつ、ヒレかつ、長ネギとヒレの串かつのみ。豚肉は銘柄にはこだわらず肉質を見て吟味する。定食はすべてご飯、キャベツがお替わり可

串かつ定食
1260円

とんきの店舗情報

[住所]東京都北区中里2-4-5 [TEL]03-3949-7387 [営業時間]11時45分~14時LO、17時~21時半LO※ランチタイム有 [休日]木 [座席]20席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サ、お通し代なし [アクセス]JR山手線ほか駒込駅東口から徒歩2分

電話番号 03-3949-7387
2018年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
開店のゴングが鳴ると、たちまち大行列が。有楽町に暖簾を掲げて58年。上質なラードで揚げるカツを頬張ると、サックサクの衣と溢れる肉汁に、もうめろめろ。
業界は豚肉の部位食べ比べの波がきている。コース専門の珍しいとんかつ料理店として昨年夏に開店したのが『銀座かつかみ』。
とんかつ好きなら誰もが憧れる高級とんかつ。それは一体、如何なるものか? ちょっぴり高いけど払うだけの価値があるその魅力を確かめに、潜入取材してきました。
ブランドビルが立ち並ぶ7丁目の路地裏。昭和2年に洋食店として創業し、昭和45年に現在のとんかつ店として暖簾を掲げた。
最新記事
「また食べたいと思ってもらえるものを。何度口にしても感動してもらえる味を」。そのためにフランス人シェフのサントスさんが徹底しているのが改良を重ねて作り上げたレシピと、全工程へのこだわりだ。
大手メーカーと違い、各ブルワリーの個性溢れるクラフトビール。飲んでみたいけど、ちょっと高い。では、何を飲めばいいのか? 本誌飲み比べ隊がスーパーやコンビニで買えるビールを薄張りグラスで都度洗浄して試飲しました!
みなさんは“チャーラー”をご存じでしょうか。チャーハンとラーメンのセットの略語なのです。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介します!
築約70年の木造日本家屋で営業を続けるお好み焼き屋。芸人で染太郎の妻・崎本はるが、戦争で染太郎を亡くしたあとに始めたお店で、屋号は後から付けたもの。
リモートワークで毎朝通勤しなくていいのはうれしいけれど、どうも気持ちが仕事モードに切り替わらない。そんな時は甘いものを食べて脳に糖分を注入! 実際に食べて美味しかった朝スイーツをご紹介します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル