MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
大阪ローカル穴場メシ情報[27] ちゅるんちゅるんで、中シャキシャキ。箸が止まらなくなる水餃子がウマすぎた!

大阪ローカル穴場メシ情報[27] ちゅるんちゅるんで、中シャキシャキ。箸が止まらなくなる水餃子がウマすぎた!

昔からミナミの“遊び人”によく知られている日宝ファインビル。バーや小料理屋など、このビルで経営するオーナーは実に個性的だったりする。そんななか、餃子専門店「イチロー心斎橋店」は、中国語なまりの関西弁を話す女将の翁麗芳(オウレイホウ)さんが1人で切り盛り。深夜になると満席で入れなくなる、有名店なんや!

perm_media 《画像ギャラリー》大阪ローカル穴場メシ情報[27] ちゅるんちゅるんで、中シャキシャキ。箸が止まらなくなる水餃子がウマすぎた!の画像をチェック! navigate_next

ちゅるんちゅるんで、中シャキシャキ。餃子専門店「イチロー心斎橋店」の箸が止まらなくなる水餃子がウマすぎた!



昔からミナミの“遊び人”によく知られている日宝ファインビル。

バーや小料理屋など、このビルで経営するオーナーは実に個性的だったりする。

なかでも餃子専門店「イチロー心斎橋店」は、中国語なまりの関西弁を話す女将の翁麗芳(オウレイホウ)さんが1人で切り盛り。

深夜になると満席で入れなくなる、有名店なんや!


「三宮のイチローは19年目になるね。向こうは妹がやってる」

焼き餃子は、完全なる神戸餃子。

女将が配合したタレは、神戸餃子特有の味噌とラー油を少々。

ホンマにビールと合うねん……。

しかも、ここの餃子、値段が半端なく安い。

7コで280円だ。


カリッと焼かれた餃子をタレにつけてひと口。

餡に含まれる野菜の甘みと、このタレが奏でるハーモニー。

このタレがあってこそ、餃子が引き立つ。

絶妙のバランスで仕上がっている。



いくらでも入ってしまいそうだが、ここの名物は神戸餃子だけではない。

上海出身の女将がふるまう水餃子が、恐ろしくウマイのだ。



生地はちゅるんちゅるんで、中はニラの歯ごたえまで残るシャキシャキ食感。

またしても絶妙なバランス……。

飲んだ後でも、いくつでも餃子が腹に入ってしまうのだ。

水餃子はタレいらずで、何を加える必要もない。

何度も言うが、恐ろしくウ・マ・イ!!



女将が、料理の極意をこうも漏らす。

「人は調子のったらアカンの。それで味が変わる。心をこめて作るから何でもオイシイ。それがわかっている人、食べてほしいね」

食事だけでなく、女将の人柄も名物なのだ。

餃子をアテに、女将と語り合う常連客も少なくないという。


くれぐれも、1人ですべての餃子を食べ尽くさないように(笑)。


餃子専門店 イチロー心斎橋店
[住所]大阪市中央区心斎橋筋2-3-5 日宝ファインプラザ1F
[TEL]06-6212-1668
[営業時間]18時~翌7時
[定休日]不定休






加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
加藤慶@おとなの週末

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

関連するキーワード
関連記事
生野区の今里には無数の韓国料理店がある。 そのなかで、韓国人からも日本人からも最も評判が良いお店がココ「麦」だ。 驚嘆のレベルの海鮮チヂミや、女子にも人気のスンドゥブなど、韓国料理の醍醐味が味わえる店なのだ。
松阪牛で有名な三重県松阪市で、実は鶏焼肉がスタンダードで人気だという。 「松阪市に親族がいまして、そこで鶏焼肉を食べたらむちゃくちゃハマった。それで鶏焼肉専門にして朝から飲めるスタイルのスタンドを西成で始めたんです」 とは、「スタンド八とり」の店主工藤光一さん。オープンして1年半。西成ですでに有名店だ。
とにかく魚への鮮度にこだわる! 桶売りやイカの生簀まで店内に設置して、他所では出せない魚のクオリティを細部まで突き詰め、高知から関西に進出。破竹の勢いで店舗を増やしたのが「寅八商店」である。 こだわったこの新鮮な食材と、料理への情熱。こんな大変な時期でも「客数が増加した」と聞いて、まさしく納得の店なのだ。
2020年1月、尻無川のほとりに飲食店をメインとした複合施設「TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)」がオープン。徐々にではあるが、名が浸透して新名所として活気づき始めている。 このタグボート大正、1階フロアの大半はフードホールで、約10店舗の飲食店が出店し、食を楽しむ人たちにも人気なのだ。
地下鉄メトロの心斎橋駅を歓楽街とは反対側の北方向に歩いて約5分。 平日だとスーツ姿の人が行きかうオフィス街に、“挑戦的な価格”でランチを提供する焼肉店があるという。 それが、10月5日にオープンしたばかりのホルモン・焼肉座「ちからや心斎橋店」。 端的にいえば、とにかく肉が安くて旨い店。だからこそ、ランチもお手ごろ価格なのだ。
最新記事
香ばしくローストした国産鶏のガラやモミジでとった塩スープのラーメン&つけ麺が看板。餃子類は2人前をテイクアウトすると1人前がサービスになる。
焼きとんを楽しむうえで、安く手軽なチェーン店もまた選択肢のひとつ。ここでは関東で人気の焼きとんチェーン3つを徹底比較。調査の結果、それぞれの色が見えてきました。
サラリーマンで賑わう新橋の駅ビル地下街にあって、店の風貌もいかにもザ・居酒屋。なのに、日本ワインの専門店というギャップがイイ!
焼きとんの店は数あれど、ホントに美味しい店はどこにあるのか。都内各地のやきとんが食べられるお店を調査。安くて美味しい、コスパ抜群の間違いない名店を集めました!
「マッコリがすすむ韓国のおつまみ」をテーマに、「チェユッ(茹で豚)」や「チャルラ(牛ホルモンやスジ)」など現地の居酒屋の定番が揃う。韓国の食文化を受け継ぐ「ジャン 焼肉の生だれ」でおなじみの『モランボン』が展開する。
get_app
ダウンロードする
キャンセル