MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
水天宮前の居酒屋『人形町 徳』の「伊勢うどん」は伊勢人の太鼓判付き!

水天宮前の居酒屋『人形町 徳』の「伊勢うどん」は伊勢人の太鼓判付き!

 割烹で修業した店主が開いた居酒屋で、伊勢うどんは30年前の開店当初からある人気メニュー。ランチでは小鉢やドリンクなどが付いた定食スタイルで楽しめる。

perm_media 《画像ギャラリー》水天宮前の居酒屋『人形町 徳』の「伊勢うどん」は伊勢人の太鼓判付き!の画像をチェック! navigate_next

人形町 徳(最寄駅:水天宮前駅)

店オリジナルの食べ方でいただく麺は伊勢人も太鼓判

無料トッピングの揚げ玉は桜エビ入り。また自家製ハヤシと合わせるなど、ここにしかないオリジナルの伊勢うどんがうれしい。そんなサクサクの揚げ玉や深い味わいのハヤシルウがしっかりと絡んでも、重さはなくペロリとたいらげられるほど麺がふわっふわだ。

伊勢うどん定食
750円

揚げ玉は、伊勢うどん用にわざわざ新しく揚げてこしらえている

ハヤシ伊勢うどん定食
900円

スパイス10種などを加えて煮込まれた自家製のハヤシはスパイシーで絶品

ミニばくだん丼
+150円

定食にプラス150円でミニ丼を付けられる。「ミニ」とは名ばかりのボリュームで食べ得!

お店からの一言

店主 伊藤徳弘さん

「柔らか麺の魅力をぜひ味わって」

人形町 徳の店舗情報

[住所]東京都中央区日本橋蛎殻町2-3-7 [TEL]03-3665-0972 [営業時間]11時~13時、17時~24時(23時半LO)、土17時~24時(23時半LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]計14席/昼のみ全席禁煙/予約可/夜のみカード可 [交通アクセス]地下鉄半蔵門線水天宮前駅4番出口から徒歩3分

電話番号 03-3665-0972
2018年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。
使い込まれた渋い暖簾、開け放たれた大きなガラス戸から中に入ると、ふたつのコの字カウンターはすでにいっぱい。ワイワイガヤガヤ、思い思いに一杯やっている。
店長の後藤さんは宮崎県出身。東京で日本酒に出合ってすっかり日本酒の虜になったとか。
「ほっとしたい」「気分を上げたい」――日本酒のこんな注文も大歓迎、の店だ。たとえば猪肉のローストに合わせて、「力が湧くお酒を」とリクエスト。
店を構えて35年の居酒屋。魚介を中心にほとんどのメニューが500円前後で揃い、中でも塩焼き、味噌煮、竜田揚げなど、多彩な金華さばのメニューが目を引く。
最新記事
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル