MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【閉店】ウニ専門店“卵かけうにご飯”がミラクル旨い!東京駅『うに屋のあまごころ』

【閉店】ウニ専門店“卵かけうにご飯”がミラクル旨い!東京駅『うに屋のあまごころ』

ウニと卵のキセキのコラボレーション! 昭和28年に長崎県・壱岐島で創業した、老舗ウニ専門店発の1杯だ。

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】ウニ専門店“卵かけうにご飯”がミラクル旨い!東京駅『うに屋のあまごころ』の画像をチェック! navigate_next

【閉店】うに屋のあまごころ(最寄駅:東京駅)

卵と抜群の相性を生むウニ尽くしのご飯に悶絶!

ウマさの秘密、それはご飯にあり。練りウニと和風ダシでふっくら炊き込んでから、仕上げに蒸しウニをたっぷりまぶし、バターと黒胡椒で香り高く仕上げている。卵を落としてから、トッピングの生ウニを豪快に混ぜれば、磯の香りとリッチなコクがタッグを組んで口いっぱいに広がっていく。ピリッと利かせた黒胡椒が絶妙のアクセントとなり、ひと口目から最後まで、無我夢中でかき込んでしまうこと間違いなし!

さらに贅沢に味わいたいなら、追加料金で生ウニの増量も可能だ。チリ産などの海外産、国内産と品種と産地の異なる3種類を季節に合わせて用意(10g270円~)しているので、好みのウニをチョイスし、思う存分乗せて自分だけのTKGを楽しむのもいいだろう。

卵かけ うにご飯
1026円(ランチは972円)

生ウニ、蒸しウニ、練りウニを使った風味豊かなご飯のなかにも、濃厚なコクの卵がしっかりと存在感を発揮している

想い出のうにオムライス
1490円

ソースにも、トロトロのオムレツにもウニをたっぷり使用し、濃厚なコクが押し寄せる!

うにを練り込んだ生パスタ
1598円

ウニを練り込んだオリジナルの生パスタは、モチモチとした食感。麺自体の力強い風味を引き立てるため、味付けはシンプルにバター醤油で。生ウニと最後に振りかけるパウダー状のウニでさらに香り高く仕上げている

お店からの一言

店長 阿部雄己さん

「ウニ×生卵の抜群の相性をぜひ!」

【閉店】うに屋のあまごころの店舗情報

[住所]東京都千代田区丸の内1-9-1 キッチンストリート内 [TEL]03-6212-6224 [営業時間]11時~23時(22時LO) ※ランチタイムは11時~15時LO ※ランチタイム有 [休日]無休 [席]計33席/全席禁煙/月~木の15時~20時のみ予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲北口改札から徒歩1分

電話番号 03-6212-6224
2018年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
1977年開業のカジュアルイタリアン。一度聞いたら忘れられない店名は、オランダにある実在の地名である。
容姿端麗なカツは着飾った憧れのお姉さんといった風情か。遠山シェフの故郷、熊本の天草ポークを使い、瑞々しさをキープするためオーダー後に塊肉から切り出して調理する。
清潔な調理場とコックの働きを見て、「(これなら、うまいだろう)と、おもい、私は入って見たわけだが、期待は裏切られなかった。」と著書に記したのが池波正太郎。まさにその通り、何を食べてもたいそう旨いのである。
戦後まもなく屋台の飴屋からスタートし、洋食に転向しておよそ半世紀。大塚っ子に愛される味は気取らず変わらず健在だ。
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
最新記事
日本在住のロンドンっ子たちの間で話題になっているお店が表参道にオープン。その名は『リナストアズ』。ロンドンのソーホー地区で1944年に創業し、今もなお人気を誇るイタリアンデリカテッセン&レストランです。英国外初の出店となる1号店に伺いました。
琥珀色の米粒から、ぷぅ~んと匂い立つ醤油の香ばしさ。1929年の開業時から受け継がれた味だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル