MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
恵比寿『希鳥』の通も唸る!高級カラスミ・トリュフのせ「たまごかけごはん」

恵比寿『希鳥』の通も唸る!高級カラスミ・トリュフのせ「たまごかけごはん」

オープンから1年を待たずして、すでに予約で連日満席。今、波にのる新進気鋭の焼鳥店だ。

perm_media 《画像ギャラリー》恵比寿『希鳥』の通も唸る!高級カラスミ・トリュフのせ「たまごかけごはん」の画像をチェック! navigate_next

希鳥(最寄駅:恵比寿駅)

希少部位の焼鳥コースに追加でシメは超濃厚“キンカン”TKG

使用するのは、自社農場で通常よりも長い日数をかけて放し飼いした“みやざき地頭鶏”。弾力あふれる肉質から、噛むほどにジューシーなコクと旨みがあふれ出す。初めてならば、“おまた”や“えんがわ”などの希少部位も楽しめる、写真の「焼鳥コース」がイチオシだ。 シメに食べたいのはもちろんTKG。カラスミやトリュフといった高級食材のトッピングもさることながら、唯一無二ともいえるのが、卵の替わりに生の“キンカン”をのせること。焼鳥専用フォークの先端で膜をプチッと破り、ご飯にまぶせば、卵黄よりもさらに濃厚なコクと甘みが広がる、まさに究極の逸品。このキンカンの仕入れ数に限りがあることから、メニューに載らないこともある貴重な1杯なのだ。予約時に注文しておくのを忘れずに。

カラスミTKG
1080円

すりおろしたカラスミを贅沢に振りかけている。キンカンとカラスミのコクが合わさり相乗効果で濃厚な旨みが口いっぱいに広がる。濃い口の福岡・ミツル醤油が抜群の相性だ

トリュフTKG
1080円

目の前でスライスしてくれるトリュフは深い香りが満点! キンカンの旨みをトコトン引き立ててくれる

焼鳥コース
4104円

串はせせりや雄鶏のササミ、雄鶏のモモ、キンカンを添えたつくねなどが付く。写真の他に焼き野菜2本も含まれる

お店からの一言

店長 根井一成さん

「みやざき地頭鶏の旨さをお試しあれ!」

希鳥の店舗情報

[住所]東京都渋谷区恵比寿西1-2-7 地下1階 [TEL]03-5784-2355 [営業時間]17時~23時(22時LO) [休日]日 [席]計32席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅西口から徒歩2分

電話番号 03-5784-2355
2018年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
岩手県産みちのく鶏のみずみずしさを活かし、備長炭の遠赤効果で均等に加熱して、ジューシーに焼き上げた串が名物。肉の仕入れに強いこだわりがあり、近江牛のもつ鍋、宮崎産妻地鶏のたたきなども評判だ。
揚げたてを積んだ唐揚げの山。これぞパワフルランチ!と絶叫したくなるボリュームだ。それもこれも「界隈で働くビジネスマンはもちろん、体力勝負のガテン系の職人さんも、気取らずお腹いっぱい食べてほしい」という社長の粋な心意気ゆえ。
西日暮里にある鶏料理の名店「鳥のぶ」から独立して3年。もはや根岸を代表する居酒屋と言っていい。
有名店や老舗をはじめ、焼鳥店が山のようにある銀座でも、ここは通いたくなる店の筆頭格だ。まずはもちろん大将の熟練の技が光る串物を。
世は低糖質が花盛り。でも……、いやだからこそ、炭水化物という名の背徳の美味に、より心惹かれてしまうのだ(と思う)。
最新記事
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「日本食冒険記」。これなんぞ?と思うでしょう。出演者は、訪日&在日外国人。飲食店で食事しながら日本食に対する思いを語っているのです。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル