MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
至福の鯖百選[3] 水揚げの1パーセント! ミラクルな美味しさを堪能できる 「銚子極上さば料理祭」開催中!

至福の鯖百選[3] 水揚げの1パーセント! ミラクルな美味しさを堪能できる 「銚子極上さば料理祭」開催中!

サバ水揚げ量日本一を誇る千葉県銚子市。そのなかでも、最も脂がのった秋に水揚げされる、700グラム以上の大型サバが「銚子極上さば」。 漁獲量全体のたった1パーセントという貴重なサバがとことん楽しめる「第9回 銚子極上さば料理祭」が開催中……!

水揚げの1パーセント! ミラクルな美味しさを堪能できる 「銚子極上さば料理祭」開催中!


サバ水揚げ量日本一を誇る、千葉県銚子市。

そのなかでも、最も脂がのった秋に水揚げされる、700グラム以上の大型サバが「銚子極上さば」。

漁獲量全体のたった1パーセントという貴重なサバだ。



そんなサバをとことん楽しめる「第9回 銚子極上さば料理祭」が開催中! 

2019年1月31日まで、銚子市内4店舗、旭市1店舗、茨城県神栖市1店舗で「極上さば料理コース」を堪能できるのだ。

また、お土産にぴったりの極上さばの「文化干し」「開き干し」も販売している。
 

[銚子港の漁獲量全体のたった1パーセントという貴重なサバ「極上さば」。会員自ら港で選別!]



銚子のサバの多くは、じつは加工品として利用されていた。

サバは、地元では獲れすぎてありがたみのない「下魚」扱い。

そんなサバで銚子の町を盛り上げられないかと立ち上がったのが、地元の飲食店やホテルなどの有志で結成する「銚子うめぇもん研究会」だ。

銚子に行かなければ食べられないサバ料理を! と研究した結果、目指したのが「サバの生食」。

サバは、関東以北では寄生虫対策のため、必ず冷凍する必要がある。

研究会ではこのステップに際して使用する「熟成塩タレ」を開発した。

このタレにつけてから冷凍すると、解凍しても生と遜色のない新鮮な食感が味わえる。

そればかりか、なんとむしろ熟成して、生より美味しさに仕上がるのだ。

研究会では、この「ミラクルなタレ」を極上さばに使用して「極上さば料理」を誕生させた。


これがとんでもなく美味しい!

極上さば料理祭で楽しめる、サバ料理はこちら!


■極上トロさば刺身

[熟成塩タレで仕上げた極上さばはは、新鮮そのもの! 加えて旨みあふれる、とろけるような熟成サバに変身している。うっとり(涙)]


■銚子醤油の漬けさば

[銚子特産の濃口醤油をベースにした特製のタレで漬けに。くー、日本酒くれー!]


■秘伝さば味噌煮

[だし醤油で煮てから、白味噌、田舎味噌で味付け。サバはふっくらとろっ。そしてどこまでもまあるい味わいの味噌煮。癒される(涙)]


■極上さばのつみれ汁

[ふわふわのサバつみれと、旨みが染み出た汁の味わいがたまらない!]


■極上さば寿司

[酢飯と一体となってとろけるような舌触り。「サバ寿司界のシフォンケーキ」と呼びたい絶品!]




そして、じつはビッグニュースがある。

なんと、「極上さば」の超高級缶詰がデビューする。

貴重な極上さばを手詰めで仕上げた「極上」なサバ缶は、値段も「極上」! 

日本一高い、1個1500円! 

だけど、もちろん味も極上!

2019年1月以降、限定で発売を予定している。


日本でいちばん新しいサバ缶の登場も楽しみな、極上さばを味わいにぜひ、銚子へゴー!

銚子うめぇもん研究会
https://sabalover.jimdo.com/
※12月8日(土)10~15時まで、銚子電鉄犬吠駅前広場にて極上さば寿司や、極上さばの干物、
極上さばのつみれ汁などを販売するイベントも実施。







池田陽子(いけだ ようこ)
サバファンの集い「鯖ナイト」や、日本中のサバ好きが集まる「鯖サミット」などの活動を担う「全さば連(全日本さば連合会)」広報担当/サバジェンヌとして活躍。本業は薬膳アテンダント/食文化ジャーナリスト。著書に『ゆる薬膳。』(日本文芸社)、『缶詰deゆる薬膳。』(宝島社)、『春夏秋冬ゆる薬膳。』(扶桑社)、「ゆる薬膳。」はじめたらするっと5kgヤセました!(青春出版社)、『サバが好き!』(山と渓谷社)など。

このグルメ記事のライター
池田 陽子@まとメシ

サバファンの集い「鯖ナイト」や、日本中のサバ好きが集まる「鯖サミット」などの活動を担う「全さば連(全日本さば連合会)」広報担当/サバジェンヌとして活躍。本業は薬膳アテンダント/食文化ジャーナリスト。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
続々と登場している「進化系サバ缶」。なんと、福岡県北九州市小倉から「発酵系サバ缶」がデビュー!   しかも、「100年級のサバ缶」。タイムカプセルのような、絶品サバ缶をご紹介!
いよいよやってきますよ、今年もやってきますよー、3月8日サバの日!  サバファンもサバファンでなくても、この日は絶対サバでしょ! そんなサバらしい日に向けて、とんでもない商品が全国デビューを果たす! そう! 「さばカツ」をご紹介します!
今年も多彩なサバ缶がデビューを果たしたが、いまジェンヌがときめきまくっているのがこちら。2019年10月に発売がスタートした北海道・ノフレ食品「keith缶詰シリーズ」のサバ缶。 なにがどうって、このおしゃれっぷりがたまらないのだ!
福井県ならではの郷土料理「サバのへしこ」。 日本海に面した福井市越廼(こしの)地区。寒流と暖流が交わる好漁場で漁獲された、豊富な海の幸が茱崎(ぐみざき)漁港に水揚げされる。 前回は福井県若狭地方のへしこを紹介したが、県北部にも絶品のへしこがあると聞いて、訪ねてみた。
サバが古来より郷土料理として身近なのが「鯖街道」を有する福井県若狭地方。 「行き腐れ」といわれるほど足がはやい鯖の鮮度保持のために、独自の加工技術が発達した。代表的なものが「サバのへしこ」(サバのぬか漬け)。この地域ならではの保存食だ。
キッチングッズ屋さんで、白髪ネギカッターを発見! 料理に白髪ねぎがのっていると美味しいのになぁ~と思うけど、白髪ねぎを作るのは面倒だなぁ~って、けっきょく、やらないわたし。 たまたま、100均のダイソーでも白髪ネギカッターを見つけたので、今回は「DAISO」と「下村工業」の商品を使い比べてみました。
場所は御徒町のガード下。がらりと戸を開けると、いきなり活気ある厨房の風景が目に飛び込んでくる。
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt