MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
至福の鯖百選[3] 水揚げの1パーセント! ミラクルな美味しさを堪能できる 「銚子極上さば料理祭」開催中!

至福の鯖百選[3] 水揚げの1パーセント! ミラクルな美味しさを堪能できる 「銚子極上さば料理祭」開催中!

サバ水揚げ量日本一を誇る千葉県銚子市。そのなかでも、最も脂がのった秋に水揚げされる、700グラム以上の大型サバが「銚子極上さば」。 漁獲量全体のたった1パーセントという貴重なサバがとことん楽しめる「第9回 銚子極上さば料理祭」が開催中……!

水揚げの1パーセント! ミラクルな美味しさを堪能できる 「銚子極上さば料理祭」開催中!


サバ水揚げ量日本一を誇る、千葉県銚子市。

そのなかでも、最も脂がのった秋に水揚げされる、700グラム以上の大型サバが「銚子極上さば」。

漁獲量全体のたった1パーセントという貴重なサバだ。



そんなサバをとことん楽しめる「第9回 銚子極上さば料理祭」が開催中! 

2019年1月31日まで、銚子市内4店舗、旭市1店舗、茨城県神栖市1店舗で「極上さば料理コース」を堪能できるのだ。

また、お土産にぴったりの極上さばの「文化干し」「開き干し」も販売している。
 

[銚子港の漁獲量全体のたった1パーセントという貴重なサバ「極上さば」。会員自ら港で選別!]



銚子のサバの多くは、じつは加工品として利用されていた。

サバは、地元では獲れすぎてありがたみのない「下魚」扱い。

そんなサバで銚子の町を盛り上げられないかと立ち上がったのが、地元の飲食店やホテルなどの有志で結成する「銚子うめぇもん研究会」だ。

銚子に行かなければ食べられないサバ料理を! と研究した結果、目指したのが「サバの生食」。

サバは、関東以北では寄生虫対策のため、必ず冷凍する必要がある。

研究会ではこのステップに際して使用する「熟成塩タレ」を開発した。

このタレにつけてから冷凍すると、解凍しても生と遜色のない新鮮な食感が味わえる。

そればかりか、なんとむしろ熟成して、生より美味しさに仕上がるのだ。

研究会では、この「ミラクルなタレ」を極上さばに使用して「極上さば料理」を誕生させた。


これがとんでもなく美味しい!

極上さば料理祭で楽しめる、サバ料理はこちら!


■極上トロさば刺身

[熟成塩タレで仕上げた極上さばはは、新鮮そのもの! 加えて旨みあふれる、とろけるような熟成サバに変身している。うっとり(涙)]


■銚子醤油の漬けさば

[銚子特産の濃口醤油をベースにした特製のタレで漬けに。くー、日本酒くれー!]


■秘伝さば味噌煮

[だし醤油で煮てから、白味噌、田舎味噌で味付け。サバはふっくらとろっ。そしてどこまでもまあるい味わいの味噌煮。癒される(涙)]


■極上さばのつみれ汁

[ふわふわのサバつみれと、旨みが染み出た汁の味わいがたまらない!]


■極上さば寿司

[酢飯と一体となってとろけるような舌触り。「サバ寿司界のシフォンケーキ」と呼びたい絶品!]




そして、じつはビッグニュースがある。

なんと、「極上さば」の超高級缶詰がデビューする。

貴重な極上さばを手詰めで仕上げた「極上」なサバ缶は、値段も「極上」! 

日本一高い、1個1500円! 

だけど、もちろん味も極上!

2019年1月以降、限定で発売を予定している。


日本でいちばん新しいサバ缶の登場も楽しみな、極上さばを味わいにぜひ、銚子へゴー!

銚子うめぇもん研究会
https://sabalover.jimdo.com/
※12月8日(土)10~15時まで、銚子電鉄犬吠駅前広場にて極上さば寿司や、極上さばの干物、
極上さばのつみれ汁などを販売するイベントも実施。







池田陽子(いけだ ようこ)
サバファンの集い「鯖ナイト」や、日本中のサバ好きが集まる「鯖サミット」などの活動を担う「全さば連(全日本さば連合会)」広報担当/サバジェンヌとして活躍。本業は薬膳アテンダント/食文化ジャーナリスト。著書に『ゆる薬膳。』(日本文芸社)、『缶詰deゆる薬膳。』(宝島社)、『春夏秋冬ゆる薬膳。』(扶桑社)、「ゆる薬膳。」はじめたらするっと5kgヤセました!(青春出版社)、『サバが好き!』(山と渓谷社)など。

このグルメ記事のライター
池田 陽子@まとメシ

サバファンの集い「鯖ナイト」や、日本中のサバ好きが集まる「鯖サミット」などの活動を担う「全さば連(全日本さば連合会)」広報担当/サバジェンヌとして活躍。本業は薬膳アテンダント/食文化ジャーナリスト。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
鳥取県東部・因幡地方の伝統食「因幡の塩鯖」とサバ節でとったダシを使った和風のルー、塩鯖の竜田揚げをトッピングした「サバ一尾をまるごと味わい尽くす」カレーは、日本最大級のカレーイベント「よこすかカレーフェスティバル2019」において3位を受賞。数々のメディアに取り上げられ大ブレイク中だ。
サバジェンヌ的に、なんだか足りてないなあ、と思うジャンルがあった。 それは「サバチャイニーズ」。 中国ではサバを食べるにも関わらず……残念だなあと思っていたジェンヌのもとに、ビッグニュースが届いた。 「『サバの焼売』を提供している店があるらしい」 キャー!! 喜び勇んで向かったのは「Tokyo焼売マニア」。 なんと焼売の専門店だ。
鯖グルメは海沿いの町だけではありません! 山には山のサバグルメ! その代表といえば、「鯖寿司」。 岡山の寿司といえば「ばら寿司」のイメージがあるが、それは県南の話。 海に接していない県中北部の郷土料理は「鯖寿司」。そして岡山県北部に位置する津山市には、今回ご紹介する鯖寿司の名店「美園」がある。
何なんでしょうか、今年の夏。あづいーーーーー!!!  こんなときこそ、サバ! サバでパワーアップ! サバテない身体になって、サバンナのような猛暑から鯖イバル! ……サバが必要ですよ、ジェンヌさん。というわけで、「そうだ、『さば銀』へ行こう!」
大人気のサバ缶「No.38」。 「最高のサバ缶」を作るために、缶を開けたときのビジュアルにまでこだわり、高級感あふれるスタイリッシュなデザインのパッケージに身を包んだサバ缶は、1200円という価格にも関わらず、全国から注文が殺到!  サバ缶の初回生産分は、1ヵ月半で完売したという……。
鯖グルメの宝庫といえば福井。鯖街道を有する福井県は、サバが古来より郷土料理として身近な存在。 そんな福井ならではの、鯖グルメにぴったりのお酒がデビューした。 その名は「鯖光る」。開発したのは、福井県吉田郡永平寺町に居を構える「吉田酒造」だ。
「とにかくお肉は厚いほうが美味しい」というスタッフの意見からレシピを考案。棒状で届く豚ヒレ肉を丁寧に筋切りし、揚げたあとに余熱で火を通すというカツはすっとかみ切れるほど柔らかく、中に挟み込まれたモッツァレラチーズと口の中で一体に。
駅からほど近くの路地裏に建つ風情漂う一軒家。純和風の空間で、落ち着いて鶏料理が食べられる大人の店だ。
食べ物屋なら何でもある街、吉祥寺ですが、その時々で流行の“食べ物バブル”が登場します。 新しい食べ物バブルの萌芽を感じたので、ここでご紹介しようと思います。 はい、それはケバブだ!  ケバブバブル……。呪文のようです……。
秋といえばフルーツ。 さすがにフルーツ大国の信州。JRのホームにも、実のなる駅があるんです。ものすごくおいしそうなのですが、ホームの果実を食べるわけにもいきません。  そこで昨年取材で訪れた、信州の鉄道とアルピコ交通撮影時に出会ったフルーツのお話です。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt