MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ふじむら(和食/築地)のランチ記事と写真

ふじむら(和食/築地)のランチ記事と写真

「築地 ふじむら」はクエや鮭児など、選りすぐりの魚介を味わえる割烹で、昼には連日100人を超す客が詰めかけている。ランチの品書きには、焼き魚や刺身、鉄火丼をはじめとした魚系の定食が並ぶなかで、隠れた人気メニューが、「豚の角煮定食」なのだ。[交]築地駅2番出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》ふじむら(和食/築地)のランチ記事と写真の画像をチェック! navigate_next

ふじむら(最寄駅:築地駅)

継ぎ足すタレで6時間煮込んだ特大の角煮

ランチの隠れた人気メニューが、この「豚の角煮定食」なのだ。 器にドンと鎮座する角煮は、1人前約250gもの豚バラ肉を使用。まずは表面を炙って香ばしさを出してから、圧力鍋で6時間かけて煮込んでいく。箸を入れればスッと切れる柔らかさは感涙モノ! 継ぎ足し作られる深いコクのタレは、繊維の奥までしっかりとしみ込んでいる。 脇を固めるのは一緒に煮込んだ分厚い大根と半熟トロトロの煮玉子だ。箸休めに日替わりの小鉢が2皿付くのもうれしいところ。ふっくら炊かれたご飯がすすむことこの上ない。

豚の角煮定食
1080円

長時間煮込み、余分な脂をしっかりと抜いているため、あっさりといただける

ふじむらの店舗情報

東京都中央区築地2-14-12 EUROビル地下1階 ☎03-3541-8268 [営]11時半〜14時LO、17時半〜23時 [休]土・日・祝 [交]地下鉄日比谷線築地駅2番出口から徒歩2分 ※土は予約のみ営業 ※ランチタイム有

電話番号 03-3541-8268
2016年2月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
寿司店が集う銀座は江戸前寿司の粋と歴史がつまった街。夜は少し敷居が高いけれど、昼なら安心して頬を落とせる店を見つけてきました。
新米が出回る時期は、秋の味わいを満喫できる「炊き込みご飯」がうれしい。ふたを開けた瞬間のヨロコビは、なんともたまりませんよね。栗やキノコ、銀杏などの旬食材を使ったものや、目にも舌にもうれしい贅沢具材をふんだんにあしらったものまでさまざまあり、目移り必至です!
かつて河岸があった日本橋は、江戸前寿司の粋と歴史がつまった街。夜は少し敷居が高いけれど、昼なら安心して頬を落とせる店を見つけてきました。
練馬の小料理店「あわび亭」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名が物語るように、新鮮なあわび料理をオンパレードで味わえる隠れ家だ。で、“活きた”あわびならではの醍醐味を存分に味わえるおすすめが、あわびのしゃぶしゃぶ。[住所]東京都練馬区練馬1-35-1 [TEL]03-3557-7369
東京駅の定食店「米どころん 八重洲店」のランチグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ふっくらツヤツヤのご飯をお腹いっぱい食べたい!そんな時はここを訪れるべし。[住所]東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 地下1階
最新記事
20年前、私はひたすら世界を旅をしていました。南米から中米の旅を終えて、メキシコから国境を越え、いよいよ自由の国アメリカへ。テキサス州ヒューストンまでの夜行バスと図書館で遭遇した驚きのルールをご紹介します。
ハワイ名物から、オリジナルフードまで味わえるレストラン「ザ・アイランド」 1号店が12月2日、東京・銀座にオープンしました。現地定番の味や創意工夫を凝らしたメニューはもちろんのこと、ホテルのロビーのような洗練された店内も大きな魅力です。ゆったりとした時間が流れる優雅な空間で料理をいただけば、慌ただしい師走にあっても、南国ハワイにいるような自分だけのくつろいだ時間を送ることができるでしょう。
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
get_app
ダウンロードする
キャンセル