MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ふじむら(和食/築地)のランチ記事と写真

ふじむら(和食/築地)のランチ記事と写真

「築地 ふじむら」はクエや鮭児など、選りすぐりの魚介を味わえる割烹で、昼には連日100人を超す客が詰めかけている。ランチの品書きには、焼き魚や刺身、鉄火丼をはじめとした魚系の定食が並ぶなかで、隠れた人気メニューが、「豚の角煮定食」なのだ。[交]築地駅2番出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

ふじむら(最寄駅:築地駅)

継ぎ足すタレで6時間煮込んだ特大の角煮

ランチの隠れた人気メニューが、この「豚の角煮定食」なのだ。 器にドンと鎮座する角煮は、1人前約250gもの豚バラ肉を使用。まずは表面を炙って香ばしさを出してから、圧力鍋で6時間かけて煮込んでいく。箸を入れればスッと切れる柔らかさは感涙モノ! 継ぎ足し作られる深いコクのタレは、繊維の奥までしっかりとしみ込んでいる。 脇を固めるのは一緒に煮込んだ分厚い大根と半熟トロトロの煮玉子だ。箸休めに日替わりの小鉢が2皿付くのもうれしいところ。ふっくら炊かれたご飯がすすむことこの上ない。

豚の角煮定食
1080円

長時間煮込み、余分な脂をしっかりと抜いているため、あっさりといただける

ふじむらの店舗情報

東京都中央区築地2-14-12 EUROビル地下1階 ☎03-3541-8268 [営]11時半〜14時LO、17時半〜23時 [休]土・日・祝 [交]地下鉄日比谷線築地駅2番出口から徒歩2分 ※土は予約のみ営業 ※ランチタイム有

電話番号 03-3541-8268
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
練馬の小料理店「あわび亭」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名が物語るように、新鮮なあわび料理をオンパレードで味わえる隠れ家だ。で、“活きた”あわびならではの醍醐味を存分に味わえるおすすめが、あわびのしゃぶしゃぶ。[住所]東京都練馬区練馬1-35-1 [TEL]03-3557-7369
東京駅の定食店「米どころん 八重洲店」のランチグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ふっくらツヤツヤのご飯をお腹いっぱい食べたい!そんな時はここを訪れるべし。[住所]東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 地下1階
三軒茶屋「三茶呑場 マルコ」は居酒屋のような雰囲気ながら、ひと手間かけた料理とお酒が楽しめる。米は店主の出身地・新潟県の三大コシヒカリブランドのひとつ「いわふね米」を使用。
池尻大橋エリアの和食店「池尻本店 おわん」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。おわんを持った時のぬくもり、ほっとできる空間を大切にする店。店主は人との繋がりも大事にしており、滋賀県近江市の契約農家とも厚い信頼関係を紡ぐ。
日本橋 米祥(こめしょう)和食/三越前|食感や香りなど味わいの異なる、5種類のブランド米を常時用意する、米が主役の和食店だ。ひたすら米の旨さを追求した炊き方は、自宅では真似のできないプロの技。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
109views F&D 最新情報
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt