MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【イタリア現地の味を、まんま再現】こだわり満載、千駄木のイタリアン!

【イタリア現地の味を、まんま再現】こだわり満載、千駄木のイタリアン!

千駄木『イル・リストパスティフィーチョ・ダ・アッカ』|全粒粉のタリオリーニにニョッキ、シャラティエッリ……。ここは店内のパスタ工房で作られる生パスタが味わえる店。

perm_media 《画像ギャラリー》【イタリア現地の味を、まんま再現】こだわり満載、千駄木のイタリアン!の画像をチェック! navigate_next

イル・リストパスティフィーチョ・ダ・アッカ(最寄駅:千駄木駅)

一皿ひと皿に込められたシェフの情熱が伝わる

イタリア・ヴェネト州などで修業したシェフが心がけるのは“現地そのままの味”。珍しいパスタも登場するが、わかりやすく説明してくれるので安心だ。夜はアラカルトも注文できるが、前菜とパスタで2400円~のプリフィクスコースがお値打ち。パスタは6種類ほど用意され、例えばビーゴリは少し太めのロングパスタ。表面がザラッとしてアンチョビを利かせたソースと絡みがよく、赤玉ネギの酢漬け、砕いたイカ墨のパンがアクセント。この他、ドルチェ、パンまですべて手作りで隙のない美味しさ。ぜひ訪れたい名店である。

Cenaコース
2400円~

料理の内容は不定期で変わるので、写真はすべて一例。パスタは「ビーゴリ ヴェネツィア風のアンチョビと玉ねぎのソース“インサルサ”」。前菜は「こんがり焼いたトリッパ 春野菜とモデナのバルサミコ12年」。前菜、パスタともに6種類のメニューから選べる。天然酵母を使い、長時間発酵で焼き上げた自家製パンも美味

Pranzo(日・祝)
1800円

本日の小さな前菜、前菜、パスタ、自家製パンが付く。盛り付けにもシェフの個性が光る

Cenaのドルチェ
1000円

「チョコレートのプリン、ザバイオーネのジェラート、濃厚なシチリア産ブラッドオレンジのソース」

お店からの一言

オーナーシェフ 増田英明さん

「日本独自の食材は使わず、イタリアの味を大切にしています」

イル・リストパスティフィーチョ・ダ・アッカの店舗情報

[住所]東京都文京区千駄木2-39-2 パステル千駄木1階 
[TEL]03-4291-9505 
[営業時間]11時半~14時、18時~22時LO、木18時~22時LO、日・祝11時半~14時、18時~21時LO ※ランチタイム有 
[休日]水、木の昼 
[席]計9席(最大11名まで可)/全席禁煙/予約可/夜のみカード可/サなし、夜はドリンクの注文がない場合、席料500円別 
[交通アクセス]地下鉄千代田線千駄木駅1番出口から徒歩1分 ※『イル・リストパスティフィーチョ・ダ・アッカ』のメニューの価格はすべて税抜きです。2018年4月14日~20日は臨時休業

電話番号 03-4291-9505
2018年5月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
神泉の人気店『オルランド』の兄弟店として今年オープンしたばかり。本店より少しカジュアルに楽しめるカウンターだけの空間だ。
一見、喫茶店のような趣だが、実は豊富な料理が楽しめるイタリアンレストラン。人気の鶏肉のグラタンは、ベシャメルソース、フォン・ブランという鶏ガラのダシや白ワイン、さらに大山地鶏の旨みが一体となった、やさしくもコクのある味わいだ。
「肉の色と質を見てください」。店主の栗山さんが大事そうに抱えてきたのは、沖縄在来種の血統を守る今帰仁アグー。
特に男性にとってちょっとモノ足りないイメージがあるというパスタランチだが、この店ではそんな心配ご無用! 全メニュー同料金でLLサイズの麺量400gまで増量可なのだから。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。
最新記事
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「日本食冒険記」。これなんぞ?と思うでしょう。出演者は、訪日&在日外国人。飲食店で食事しながら日本食に対する思いを語っているのです。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル