MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【イタリア現地の味を、まんま再現】こだわり満載、千駄木のイタリアン!

【イタリア現地の味を、まんま再現】こだわり満載、千駄木のイタリアン!

千駄木『イル・リストパスティフィーチョ・ダ・アッカ』|全粒粉のタリオリーニにニョッキ、シャラティエッリ……。ここは店内のパスタ工房で作られる生パスタが味わえる店。

perm_media 《画像ギャラリー》【イタリア現地の味を、まんま再現】こだわり満載、千駄木のイタリアン!の画像をチェック! navigate_next

イル・リストパスティフィーチョ・ダ・アッカ(最寄駅:千駄木駅)

一皿ひと皿に込められたシェフの情熱が伝わる

イタリア・ヴェネト州などで修業したシェフが心がけるのは“現地そのままの味”。珍しいパスタも登場するが、わかりやすく説明してくれるので安心だ。夜はアラカルトも注文できるが、前菜とパスタで2400円~のプリフィクスコースがお値打ち。パスタは6種類ほど用意され、例えばビーゴリは少し太めのロングパスタ。表面がザラッとしてアンチョビを利かせたソースと絡みがよく、赤玉ネギの酢漬け、砕いたイカ墨のパンがアクセント。この他、ドルチェ、パンまですべて手作りで隙のない美味しさ。ぜひ訪れたい名店である。

Cenaコース
2400円~

料理の内容は不定期で変わるので、写真はすべて一例。パスタは「ビーゴリ ヴェネツィア風のアンチョビと玉ねぎのソース“インサルサ”」。前菜は「こんがり焼いたトリッパ 春野菜とモデナのバルサミコ12年」。前菜、パスタともに6種類のメニューから選べる。天然酵母を使い、長時間発酵で焼き上げた自家製パンも美味

Pranzo(日・祝)
1800円

本日の小さな前菜、前菜、パスタ、自家製パンが付く。盛り付けにもシェフの個性が光る

Cenaのドルチェ
1000円

「チョコレートのプリン、ザバイオーネのジェラート、濃厚なシチリア産ブラッドオレンジのソース」

お店からの一言

オーナーシェフ 増田英明さん

「日本独自の食材は使わず、イタリアの味を大切にしています」

イル・リストパスティフィーチョ・ダ・アッカの店舗情報

[住所]東京都文京区千駄木2-39-2 パステル千駄木1階 
[TEL]03-4291-9505 
[営業時間]11時半~14時、18時~22時LO、木18時~22時LO、日・祝11時半~14時、18時~21時LO ※ランチタイム有 
[休日]水、木の昼 
[席]計9席(最大11名まで可)/全席禁煙/予約可/夜のみカード可/サなし、夜はドリンクの注文がない場合、席料500円別 
[交通アクセス]地下鉄千代田線千駄木駅1番出口から徒歩1分 ※『イル・リストパスティフィーチョ・ダ・アッカ』のメニューの価格はすべて税抜きです。2018年4月14日~20日は臨時休業

電話番号 03-4291-9505
2018年5月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
タラのカダイフやズワイガニとキノコのマリネ、スフレオムレツ……。一つひとつ丁寧に彩りも豊かに入ったオーブルの前菜詰め合わせは、自宅でもレストラン気分に浸れる。
近年話題になったイタリアンは、かわいさ溢れる美味揃い。様々な味が気軽に楽しめる「アランチーニ」に、軽やかな食べ心地の「マリトッツォ」、生地とクリームの味わいが絶妙な焼き菓子「カンノーリ」。イタリアフードは日本人の心と胃を揺さぶり続ける!
多彩なメニューが揃うイタリアン・バル。こだわりの食材だけのメニューから、お好きな仕立てをオーダーすることも。
歴史や文化の繋がりを重んじるイタリア・トリノで修業した経験から、「日本の伝統食材、鯨肉も自分のスタイルで次世代に伝えたい」と積極的に取り入れているシェフの門脇さん。今回考えてくれた料理もご覧の通リのセンスの良さだ。
ショーケースの中には、ティラミスはもちろん、モンテビアンコやカンノーリなどのイタリアの伝統菓子、伝統をベースにモデファイされたオリジナルのケーキも並ぶ。
最新記事
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「ホルモンしま田」。前回に引き続き、飲食店系Youtuber。肉のプロならではのレシピや実験・検証動画がすこぶる面白いという。チャンネル登録者数も急上昇です!
この連載では、20年ほど前、世界一周の旅の途中で体験した「へんな夜」について綴っています。ドレーク海峡編に続き、第2夜はルーマニアの民家で見た驚きのベッドルームについて前編・後編に分けてお届けします。
釧路の長昆布、原木シイタケ、枕崎産の本枯節を厚削りにし、約10時間かけて旨みを抽出したダシが味の肝。三輪素麺や小豆島のオリーブ素麺など各地のそうめんやオリジナリティ全開のフォーがいただけて、ダシ好き、麺好きの私は舌と心を鷲掴みにされてしまった。
あいがけのひと品から抜け出し、それだけですこぶる美味しいと、今、キーマカレーが人気上昇中だ。そこでキーマを味わうならここ!的な三ツ星店を集めてみました。個性あふれる味わいに悶絶必至です。
看板商品の「デミグラスソース」と、トマトの甘みと酸味のバランスが絶妙な「トマトソース」の2種のミートソースをメインに、四季ごとの季節限定メニューを展開する。味のベースとなる自家製フォンは、焼き上げた牛骨と野菜から旨みを抽出して凝縮。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル