MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
【イタリア現地の味を、まんま再現】こだわり満載、千駄木のイタリアン!

【イタリア現地の味を、まんま再現】こだわり満載、千駄木のイタリアン!

千駄木『イル・リストパスティフィーチョ・ダ・アッカ』|全粒粉のタリオリーニにニョッキ、シャラティエッリ……。ここは店内のパスタ工房で作られる生パスタが味わえる店。

イル・リストパスティフィーチョ・ダ・アッカ(最寄駅:千駄木駅)

一皿ひと皿に込められたシェフの情熱が伝わる

イタリア・ヴェネト州などで修業したシェフが心がけるのは“現地そのままの味”。珍しいパスタも登場するが、わかりやすく説明してくれるので安心だ。夜はアラカルトも注文できるが、前菜とパスタで2400円~のプリフィクスコースがお値打ち。パスタは6種類ほど用意され、例えばビーゴリは少し太めのロングパスタ。表面がザラッとしてアンチョビを利かせたソースと絡みがよく、赤玉ネギの酢漬け、砕いたイカ墨のパンがアクセント。この他、ドルチェ、パンまですべて手作りで隙のない美味しさ。ぜひ訪れたい名店である。

Cenaコース
2400円~

料理の内容は不定期で変わるので、写真はすべて一例。パスタは「ビーゴリ ヴェネツィア風のアンチョビと玉ねぎのソース“インサルサ”」。前菜は「こんがり焼いたトリッパ 春野菜とモデナのバルサミコ12年」。前菜、パスタともに6種類のメニューから選べる。天然酵母を使い、長時間発酵で焼き上げた自家製パンも美味

Pranzo(日・祝)
1800円

本日の小さな前菜、前菜、パスタ、自家製パンが付く。盛り付けにもシェフの個性が光る

Cenaのドルチェ
1000円

「チョコレートのプリン、ザバイオーネのジェラート、濃厚なシチリア産ブラッドオレンジのソース」

お店からの一言

オーナーシェフ 増田英明さん

「日本独自の食材は使わず、イタリアの味を大切にしています」

イル・リストパスティフィーチョ・ダ・アッカの店舗情報

[住所]東京都文京区千駄木2-39-2 パステル千駄木1階 
[TEL]03-4291-9505 
[営業時間]11時半~14時、18時~22時LO、木18時~22時LO、日・祝11時半~14時、18時~21時LO ※ランチタイム有 
[休日]水、木の昼 
[席]計9席(最大11名まで可)/全席禁煙/予約可/夜のみカード可/サなし、夜はドリンクの注文がない場合、席料500円別 
[交通アクセス]地下鉄千代田線千駄木駅1番出口から徒歩1分 ※『イル・リストパスティフィーチョ・ダ・アッカ』のメニューの価格はすべて税抜きです。2018年4月14日~20日は臨時休業

電話番号 03-4291-9505
2018年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
お腹がgooと鳴れば料理がgoodなgooへgo。誌面で遊んでる訳じゃございません。
東京都清瀬の契約牧場で深夜に搾られた生乳を、その日の朝にチーズ職人が店舗で加工して提供。鮮度抜群のフレッシュチーズは、さっぱりしつつもコクがあり、ミルク感がたっぷりの上質な美味しさ。
「ランチでもリストランテで食事をする醍醐味を感じて頂きたい」と、馬場正人さん。例えばフォカッチャは営業開始時間に合わせて焼きたてを。
古民家を生かしたシックな佇まい。ゆっくり腰を落ち着けて、料理もワインも楽しみたいときに行きたい店だ。
 オープンキッチンの開放的な空間に元気なスタッフ。ともかく活気があって、広めのカウンターもテーブル席も居心地がいい。
近年、さまざまな味付けのサバ缶が増えているが、洋風サバ缶の代表格といえば「トマト味」。 なんとなく「トマト系サバ缶って、想像のつく味……」というイメージがあるけれど、昨年、そんな既成概念を覆す、とんでもない商品がデビューした。 それが、千葉県銚子に位置する「信田缶詰」の「BISTORO缶 美味しいトマトとさば」だ。
ふらっと立ち寄ったお店で心がときめく瞬間がこれまで何度かある。 「ホテルの1階にこんなお店ができたんや。立ち飲み屋で日本酒も豊富そうやし、変わったお店やな……」 こう感じた店が、今回紹介する「ぽん酒マニア」。 確かプレオープンか、オープン当日だったはずだ……。
2018年7月オープン。自然食を扱う会社が京都で立ち上げたジェラテリアの東京初進出店で、すべて合成乳化剤・安定剤フリー。
新型コロナウィルス蔓延防止の自粛中は、毎日掃除の日々(笑)。 そうしたら、BBQ以外では使ったことがないスキレットが出てきました! お店は閉まっているので、自宅でスキレット使ってためしてみま~す~。
吉祥寺は飲食に関しては何でもある街と思われているが、実は意外にないものがある。今回は、意外にないもののひとつ、仕事帰りのおひとり様女子(乗り換えでいったん吉祥寺に降り立つ女子も含む)を癒す店をご紹介だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt