MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
絶品天ぷら&鮮魚が楽しめる和バル!湯島『天ぷら&フィッシュバルころも』

絶品天ぷら&鮮魚が楽しめる和バル!湯島『天ぷら&フィッシュバルころも』

目の前で揚げる本格天ぷら、そして手の込んだ和食、その両方が同時に楽しめるバル……気になるでしょ?その注目の一軒がココ。

天ぷら&フィッシュバルころも(最寄駅:湯島駅)

天ぷらと和食でちょっと一杯貴重な和バル

天ぷら一品180円から、という安心価格に油断するなかれ。軽やかな薄衣の天ぷらに、吟味した旬素材でこしらえる和惣菜の数々。「なだ万」、「天一」で修業を積んだ料理長が存分に腕をふるう。ランチが日曜限定の理由も、夜の仕込みに時間をかけるから。納得!

上天丼
1200円(ランチのみ)

日曜と祝日の月曜限定。エビ2本にのどぐろ、野菜4品がのる贅沢な天丼

おまかせ天ぷら
2000円

天使の海老、ふきのとうなど全8品

フィッシュプレート
1580円

岩手産「一本松牡蠣」と旬魚の盛り合わせ。

お店からの一言

店長 江口新吾さん

「こだわりの純国産ワインや日本酒も豊富です」

天ぷら&フィッシュバルころもの店舗情報

[住所]東京都台東区上野2-11-18 ホテルパークサイド1階 [TEL]03-3836-5714 [営業時間]17時~23時(22時15分LO)、日・祝日の月12時~15時(14時半LO)、17時~22時(21時LO) [休日]無休 [席]32席/予約可/昼は全席禁煙/カード可/サなし [交通アクセス]地下鉄千代田線湯島駅2番出口から徒歩1分

電話番号 03-3836-5714
2018年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店主の新さんは大塚の名店『カッチャルバッチャル』などで腕を振るい、独立して今春このスパイスバルを開店。すでにカレーマニアやスパイス愛好家の間で大きな話題になっている。
おすすめは肩ロース、ハラミ、牛タンという3種の部位を一皿に盛り付けたステーキ3種盛。基本はミディアムレアだが熱々のぺレットで、好みの焼き加減に調整することも可能。
厚めにカットされているのに、柔らかくジューシーなことに驚かされるラムチョップ。生後4~6ヶ月のニュージーランド産ラムを、チルドの状態で約2ヶ月かけて船便で取り寄せ。
焼酎とワインは一切無しの日本酒に的を絞った居酒屋だ。爽酒、薫酒、醇酒、熟成酒とタイプ別に揃えた銘柄が約40種。
エチェガライとはマドリードにある通りの名前で、そこに店主の大森さんが好きなシェリー専門のバルがある。そんな現地の雰囲気で、シェリーと、それに合うスペイン料理を楽しむことができるのだ。
店主の飽くなき研究で供される寿司にハマる人、続出。赤身のヅケに福井県の地がらしをちょんと乗せたり、赤貝を昆布〆にしてみたり。
どこまでも深いスープにフルフルの豆腐、そこへ辛さの刺激が追っかける! 寒さ増すこの時期にピッタリの韓国鍋で体の中から温まろう。
船橋の『まるは』グループが、「日本近海の海の幸を使った鮮魚ラーメン」を引っ提げて東京に進出。割烹料理や大衆居酒屋も営むことから、市場との伝手を生かした、他店では食べられないような贅沢な一杯を目指す。
上質なスイーツはもちろん、ヴィエノワズリーも頂上レベルのこちら。この「パン・オ・レザン」は、ブリオッシュ生地にラムの香り豊かなレーズンが巻かれ、噛んだ瞬間からその甘美な世界にうっとり。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル