MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
恵比寿の日本料理『和の食 いがらし』

恵比寿の日本料理『和の食 いがらし』

煮物、焼き物、あるいはそのままで。四季折々の海や山の幸の味わいを生かし、様々に見目麗しく調理する。

perm_media 《画像ギャラリー》恵比寿の日本料理『和の食 いがらし』の画像をチェック! navigate_next

和の食 いがらし(最寄駅:恵比寿駅)

和食の魅力が詰まった全17品にため息必至

それが和食の魅力のひとつであるなら、ここ「いがらし」は和食のど真ん中を楽しませる店だ。「素材の味を引き出す味わい」をモットーに、こだわりのダシ、塩、醤油、赤酒を使い、端正に仕上げた料理たちは、供された時の美しさ、口に含んだ時の香り、噛み締めた際の食感や味わいと食べ手の様々な感覚を刺激してやまない。ひと口ごとに「旨い」が出てしまう。 今回紹介するコースは、同店の開店10周年を記念した8月末までの特別コース(2018年6月号発売時点の情報です)。内容は月によって変わるが、4月の取材日に出されたのはタケノコやフキノトウといった山菜、ホタルイカ、太刀魚といった春の美味を中心にしたもので、そこにタイのウロコや葛で固めた天ツユを魚と一緒に揚げたものなどアイデア溢れる料理が加わった全15品。もちろん食事を引き立てる酒も幅広く用意されている。和食が演出する至福の時間を過ごすなら、早めの予約がベターなのは言うまでもない。

10周年記念特別コース(8月末まで。写真は4月のもの)
6000円

「見た目でも驚いてもらいたくて」と益子焼の作家・青木瑞晃氏のものをはじめ、月に一度は器を購入し、端正な料理を演出する

筍とうすい豆豆腐

うすい豆とタケノコ、木の芽が春の淡い苦味を楽しませてくれる

筍の真丈と山菜

マグロ節も使った上品なダシが素材の味を引き立てる

鯛の湯葉包み揚げ

湯葉の中には天然のタイと葛で固めた天ツユが。咀嚼することで初めて美味しさが重なるひと品

若布、筍、蕗、鯛の子の炊き合わせ

山菜のほろ苦さがタイの子の甘みを引き立て、酒が進む味わいだ

土鍋ご飯(うに・写真は2人前)

「いがらし」名物の土鍋ご飯。ふっくらと香り豊かに炊かれたご飯に悶絶です

デザート(焼き葛餅、果実のゼリー寄せ)

ただの水菓子ではつまらないと、ゼリー寄せにはアングレーズソースを、葛餅も米油で焼いて提供と最後までひと手間を惜しまない。特別コースは前日までの要予約となっている

お店からの一言

店主 五十嵐明良さん

「季節の美味を堪能しに来てください」

和の食 いがらしの店舗情報

■『和の食 いがらし』
[住所]東京都渋谷区恵比寿4-9-15 HAGIWARA BLD.5 2階
[TEL]03-3447-9893
[営業時間]12時~13時(最終入店)、18時~21時(最終入店)※ランチタイム有
[休日]日曜日・祝日
[座席]カウンターあり、全22席/全席禁煙/予約可/カード可/サ10%別
[アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅東口から徒歩6分※「いがらし」の価格は税抜きになります。

電話番号 03-3447-9893
2018年6月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
大阪や兵庫、銀座で板前として学んできた店主の星乃さん。11年前、四つ木で半世紀続く実父の和食屋を引き継いだ。
コロッケが旨い店はいい店だと勝手に確信しているのだが、北海道料理で知られるこの店のそれも定番の名物らしい。早速味わってみると想像の上の上を行く旨さに驚いた。
炭火が目を引く大きな囲炉裏。それをぐるりと囲むように配されたカウンターは予約必須の特等席だ。
店主の近藤喜一さんは、昭和7年創業の老舗豆腐店『ゑん重』の三代目。「本物の豆腐の美味しさを、料理を通して伝えたい」と、家業の傍らで“豆腐創作料理”の店を始めた。
料理が旨い店は山ほどある。けれどこの店でなければと思わせるのは意外と少ない。
最新記事
香ばしくローストした国産鶏のガラやモミジでとった塩スープのラーメン&つけ麺が看板。餃子類は2人前をテイクアウトすると1人前がサービスになる。
焼きとんを楽しむうえで、安く手軽なチェーン店もまた選択肢のひとつ。ここでは関東で人気の焼きとんチェーン3つを徹底比較。調査の結果、それぞれの色が見えてきました。
サラリーマンで賑わう新橋の駅ビル地下街にあって、店の風貌もいかにもザ・居酒屋。なのに、日本ワインの専門店というギャップがイイ!
焼きとんの店は数あれど、ホントに美味しい店はどこにあるのか。都内各地のやきとんが食べられるお店を調査。安くて美味しい、コスパ抜群の間違いない名店を集めました!
「マッコリがすすむ韓国のおつまみ」をテーマに、「チェユッ(茹で豚)」や「チャルラ(牛ホルモンやスジ)」など現地の居酒屋の定番が揃う。韓国の食文化を受け継ぐ「ジャン 焼肉の生だれ」でおなじみの『モランボン』が展開する。
get_app
ダウンロードする
キャンセル