MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
キッチン マカベ(洋食/祖師谷大蔵)の「チーズ入り豚ロースカツ 」

キッチン マカベ(洋食/祖師谷大蔵)の「チーズ入り豚ロースカツ 」

祖師谷大蔵の洋食店「キッチン マカベ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「チーズ入り豚ロースカツ 」はナイフを入れるとサクッと音がするほど香ばしく、中からチーズがとろ〜り。昭和36年創業の洋食屋の「キッチン マカベ」の人気カツは3種をブレンドしたチーズ入り。[交]小田急線祖師谷大蔵駅から徒歩3分 ※ランチ有

perm_media 《画像ギャラリー》キッチン マカベ(洋食/祖師谷大蔵)の「チーズ入り豚ロースカツ 」の画像をチェック! navigate_next

キッチン マカベ(最寄駅:祖師谷大蔵駅)

食材と手間暇を惜しまないこだわりが細部まで行き渡る

豚肉は、旨みと脂の甘みが抜群に安定している埼玉県入間市の生産者が育てた特注のモノを使う。それを最高級ラードで揚げると、冒頭のような魅惑のかつの完成だ。自家製デミグラスソースを添えるのも洋食屋ならでは。ポークジンジャーも同じ豚肉のリブロースを使う定番料理で、こだわりの食材の良さはもちろん、温かな接客も居心地がいい。

チーズ入り豚ロースカツ
1380円

ロース肉にチーズをふんだんに挟み、油切れがよく、腰のあるラードでカラッと揚げる。牛スジと野菜を煮込み、あえて香辛料を使わずマイルドに仕上げたデミグラスソースが合う

ポークジンジャー
1430円

厚切りにカットしたリブロースに、すりおろした玉ねぎやニンジンなど、野菜の旨みが生きた風味豊かなジンジャーソースがたっぷり。ご飯はもちろん、ワインやビールがどんどん進む味だ

キッチン マカベの店舗情報

[住所]東京都世田谷区祖師谷3‐1‐15 [TEL]03-3482-3748 [営業時間]11時~14時LO、17時~21時LO、土・日・祝11時~15時LO、17時~21時LO [休日]木 [座席]1階テーブル席など19席、2階テーブル席など56席、計75席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし [アクセス]小田急線祖師谷大蔵駅から徒歩3分

電話番号 03-3482-3748
2016年2月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
もうもうと立ち上る煙の下に現れるはドカンと一枚肉の「特大生姜焼」。腕まくりで挑めばド直球の旨さにハッとする。
創業明治28年。『煉瓦亭』のポークカツレツは“とんかつの元祖”と言われているだけあって隙がない。
ガウチョ(牧童)が絞めて解体した牛を薪で焙り、野外で肉を片手に呑み、かつ喰らう――そんなアルゼンチン流のワイルドなBBQ「アサード」を味わえる店だ。肉を焼くのは、青春時代をアルゼンチンで過ごした伊澤義之さん。
50ケ国以上あるアフリカ大陸。トーゴと聞いて場所を指差せる人は、かなりの地図好きだろう。
最新記事
みなさんは“チャーラー”をご存じでしょうか。チャーハンとラーメンのセットの略語なのです。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介します!
築約70年の木造日本家屋で営業を続けるお好み焼き屋。芸人で染太郎の妻・崎本はるが、戦争で染太郎を亡くしたあとに始めたお店で、屋号は後から付けたもの。
リモートワークで毎朝通勤しなくていいのはうれしいけれど、どうも気持ちが仕事モードに切り替わらない。そんな時は甘いものを食べて脳に糖分を注入! 実際に食べて美味しかった朝スイーツをご紹介します。
コロナ禍のステイホームで、家で食事をする時間が増えましたね。ですが、マンネリになりがち。そして晩酌のお酒も……。そこで日本人には馴染みが薄い「シェリー」に注目。それに合うタパス(スペイン風つまみ)を「カルディ」の商品を使って考えてみました。
持ち帰り専門の「ちよだ鮨」が手がけている立ち喰い寿司屋で、握りたての新鮮な生ウニや活貝、江戸前の各種ネタをお手頃価格で味わえる。シャリは精米したての米を使用し、店内で炊き上げている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル