MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
加賀能登の旬彩と地酒 㐂尾(居酒屋/日本橋)

加賀能登の旬彩と地酒 㐂尾(居酒屋/日本橋)

 2018年3月に開店したばかりのフツーの立ち飲みなのに、何だ? このいい感じ。秘密は毎日変わる手書きメニューにあり。

perm_media 《画像ギャラリー》加賀能登の旬彩と地酒 㐂尾(居酒屋/日本橋)の画像をチェック! navigate_next

加賀能登の旬彩と地酒 㐂尾(最寄駅:神田駅)

店主の故郷、石川の食材をふんだんに使った酒肴のオンパレードなのだ。仕入れで変わるが、例えば七尾漁港直送のキスやメバルを丸ごと一匹揚げる唐揚げは、噛むとバリバリ音がするほど骨まで食べられてめっぽう旨い。作るのは和食歴約30年のベテラン料理人。しかも地元の卵で作る茶碗蒸しや加賀のぬか床を使う漬け物など、自家製の味がほぼ100~300円台の安さとくればもう笑いが止まらない。おまけに15時から飲めるなんて最高。ランチもご覧の充実度。昼も夜も、大人のパラダイスと呼ばせていただきます。

日替わり定食(数量限定)
750円

ランチは日替わりの1種のみ。魚と肉の料理が各1品、小鉢やあら汁も付く。写真は「牛すじの肉じゃが」と刺身など。早い時は13時前に完売する場合も

日本酒3種お任せセット
1000円(380円以内のお料理1品付き、写真はかわはぎの肝和え)

酒は店主のおまかせ。石川県の本醸造1種が必ず入る。写真は石川の地酒3種。地元にしか出回ってない銘柄もある。つまみはその日のメニューから選べて、380円以下のものなら何でもOK。写真は「かわはぎの肝あえ」。酒にすこぶる合う!

鱚の唐揚げ(1尾)
180円

キスを丸ごと揚げた唐揚げ。秘伝の調理法で骨までサックサクだ。仕入れで食材は変わる

かんぴょうわさび巻き
380円

酢飯でなく温かいご飯の巻き物。かんぴょうも自家製

鮮魚の3点盛り
380円

日替わりで写真はワラサ、イワシ、スルメイカ

茶碗蒸し
280円

地元の卵を使う上品な味

石川の地酒のほか全国の酒を厳選

お店からの一言

店主 中川登雄さん

「故郷石川の食材の美味しさを広めたくてオープンしました」

加賀能登の旬彩と地酒 㐂尾の店舗情報

■『加賀能登の旬彩と地酒 㐂尾(ななお)』
[住所]東京都中央区日本橋本石町4-5-7 安部ビル1階 [TEL]03-6281-9990
[営業時間]17時~23時(22時LO)、土16時~21時LO※ランチタイム有
[休日]日曜日・祝日
[座席]スタンディング15~16名/全席禁煙/予約不可(応相談)/カード不可/サなし
[アクセス]JR総武線新日本橋駅出口2、JR山手線ほか神田駅南口から徒歩4分


電話番号 03-6281-9990

2018年7月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。
使い込まれた渋い暖簾、開け放たれた大きなガラス戸から中に入ると、ふたつのコの字カウンターはすでにいっぱい。ワイワイガヤガヤ、思い思いに一杯やっている。
店長の後藤さんは宮崎県出身。東京で日本酒に出合ってすっかり日本酒の虜になったとか。
「ほっとしたい」「気分を上げたい」――日本酒のこんな注文も大歓迎、の店だ。たとえば猪肉のローストに合わせて、「力が湧くお酒を」とリクエスト。
店を構えて35年の居酒屋。魚介を中心にほとんどのメニューが500円前後で揃い、中でも塩焼き、味噌煮、竜田揚げなど、多彩な金華さばのメニューが目を引く。
最新記事
ゲンコツと背ガラ、豚足で炊く豚骨100%のスープは、近年稀に見るこってり度。どろりと濃厚、あえてざらつきを残してワイルドに仕立てているが、豚骨臭は皆無で驚くほどクセがない。
スープと同じくラーメンの味を左右する麺。自家製麺の店も増えているが、今回は業界を代表する 3つの製麺所に注目。『おとなの週末』ライター肥田木が取材しました。それぞれの麺作りの姿勢は……いやあ、こうも奥深いものとは。感動を呼ぶ(?)麺物語。今回は浅草開化楼!
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
get_app
ダウンロードする
キャンセル