MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
猿田彦珈琲 調布焙煎ホール(珈琲店/調布)

猿田彦珈琲 調布焙煎ホール(珈琲店/調布)

 恵比寿で9坪のコーヒースタンドから始まった『猿田彦珈琲』。開業してわずか7年だが、その躍進ぶりがスゴイ。

perm_media 《画像ギャラリー》猿田彦珈琲 調布焙煎ホール(珈琲店/調布)の画像をチェック! navigate_next

猿田彦珈琲 調布焙煎ホール(最寄駅:調布駅)

今や直営10店舗。豆や器具、アイスクリームの専門店を出したり、有名ブランドとコラボしたり、社長が某缶コーヒーのCMに出ていたり(ちなみに社長の大塚朝之さんは元役者志望のイケメン)。そして2017年9月にオープンしたこちらも、今までにない大規模なロースタリーカフェとあって、これまた世間を驚かせたのは記憶に新しい。


スタイリッシュな店内からは、ガラス越しに大小4台の焙煎機を望める。なかでも日本に3台しかない巨大な焙煎機(ローリング社製の70kg釜)は見応え満点。メカ好き&工場マニアにはたまらない光景だろう。焙煎された豆が勢いよく“ジャーッ”と出てきたり、焙煎士がカッピングで品質を確かめていたり、コーヒーを作る過程を客席からすべて目の当たりにできるのは新鮮。“特別なコーヒーを味わっている感”がすこぶる高まる。

寿太郎のホットケーキ(バター、蜂蜜オレンジシロップ付き)
777円

ドリップコーヒー/リトル調布 トール
594円

ふんわり軽い口当たりにこだわったというホットケーキはコーヒーと相性抜群

そんな気分で味わったブレンドコーヒー「リトル調布」は、ふくよかな香りといい、芳醇なコクといい、格別のひと言だ。こだわりのホットケーキと合わせたら、心地良い美味しさに満たされた。コーヒーにかける熱い思いが伝わる同店で、ぜひ熱い1杯を味わってみてほしい。

猿田彦珈琲 調布焙煎ホールの店舗情報

[住所]東京都調布市小島町2-61-1 トリエ京王調布C館1階 [TEL]042-444-2632 [営業時間]10時~21時 ※ランチタイム有 [休日]不定休(施設休館日に準ずる) [交通アクセス]京王線調布駅広場口から徒歩3分


電話番号 042-444-2632

2018年7月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
昭和50年創業の喫茶店で提供されるコーヒーゼリーは、見た目からして唯一無二の逸品。コーヒーゼリーに使うのは、深煎りのモカフレンチ。
本格的な水出しコーヒーから作られた香り高い一品から、トッピングにこだわったものまで、東京でいただける個性豊かなコーヒーゼリーの逸品を紹介します。
デニムの着物を着たバリスタのいる和モダンな空間で、エスプレッソを楽しめる。豆は石川県金沢市にある人気カフェ『SUNNY BELL COFFEE』にオリジナルブレンドをオーダー。
グラッセとは、フランス料理の用語で、冷やすの意。「カフェオレ グラッセ」はアイス・カフェオレを指すが、断然、この方が洒落た響きだ。
最新記事
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
みなさん、お正月におせちは召し上がっていますか? お重に詰まっているのは、一つひとつにその1年の幸せを込めた意味が付いた、日本の心であるお料理たち。大切に紡いでいきたい文化の一つです。そのおせち、デパートでは早くも来年の商品が予約開始。どうするか悩んでいる方、必読ですよ。
店主・本山さんが育った町名を冠した店のイチ押しは、郷里・北海道の白2種と赤1種をブレンドした味噌ラーメン。コクある甘みにラードで炒めたニンニクと玉ネギの香ばしさがふわり漂うスープは、濃厚そうな見た目とは裏腹に、実にやさしい味わいだ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。1970年代に「柳ジョージ&レイニーウッド」を結成し、「雨に泣いてる…」などのヒットで熱狂的な人気を誇ったロック歌手でギタリストの柳ジョージ(1948~2011年)の最終回。“夜聴き”にぴったりな世界の曲を集めた『レイト・ナイト・テイルズ』シリーズが人気です。海外の有名ミュージシャンが案内人となり、オススメの楽曲を選ぶコンピレーションアルバム。今回は、日本から柳ジョージの原点とも言うべき曲が収録されました。
get_app
ダウンロードする
キャンセル