MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
シェ・アンドレ・ドゥ・サクレクール(カフェ/人形町)

シェ・アンドレ・ドゥ・サクレクール(カフェ/人形町)

人形町駅近くにある、パリを思わせる雰囲気の店。それもそのはず、店を切り盛りするのはフランス人のマダムなのだ。

シェ・アンドレ・ドゥ・サクレクール(最寄駅:人形町駅)

昼夜ともに、彼女が母国で食べてきた美味しさをそのまま供してくれる。また昼夜だけでなく、カフェタイムにも楽しめるメニューのひとつキッシュは、マダムが父親から教わった味だ。滑らかで卵のコクがあり、軽やかでいくら食べても飽きないという優れもの。喫茶だけでなく夜にも足を運んでみてほしい。

キッシュ ロレーヌ(サラダ・パン・スープ付き)
900円

卵のコクと玉ネギの甘さが絶妙に絡み合い、美味しさを演出。もちろん珈琲にも合うが、これからの季節はビールや白ワインもいい

シェ・アンドレ・ドゥ・サクレクールの店舗情報

[住所]東京都中央区日本橋人形町1-8-5
[TEL]03-6228-1053
[営業時間]11時~20時半(20時LO、ランチ~14時半、カフェ~20時LO、ディナー17時~20時LO)※ランチタイム有
[休日]日・祝、第1・3月
[アクセス]地下鉄日比谷線ほか人形町駅A2出口から徒歩1分


電話番号 03-6228-1053

2018年7月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ほっこり温かいカフェのシチューはいかが。重厚な扉の向こうは築85年の家を改装した落ち着いた空間が広がる。
行き交う人々を眼下に望み、店内へ一歩足を踏み入れると、約100年前から東京駅丸の内駅舎を支えた赤煉瓦の空間が広がっている。当時の面影に思いを馳せてのんびりと過ごせば、心が温まる。
ウッド調の店内を覗くと、入り口側にはトラベルグッズやお土産、文具のほか、プレゼントしたくなるような季節感あふれる小物など、様々なアイテムが並ぶ。奥にあるレストスペースは、止まり木といった趣のちょっとひと息つきたくなるような空間だ。
住宅街の細い路地に構える瀟洒な一軒家。1984年に紅茶専門店として開店以来、店主の樋口浩子さんが腕をふるっている。
スイーツ好きの熱い支持を集める店だ。フレンチレストランやフランスのパティスリーで修業した店主が、仕入れ、製菓、サーブまで全てひとりで行う。
近年、さまざまな味付けのサバ缶が増えているが、洋風サバ缶の代表格といえば「トマト味」。 なんとなく「トマト系サバ缶って、想像のつく味……」というイメージがあるけれど、昨年、そんな既成概念を覆す、とんでもない商品がデビューした。 それが、千葉県銚子に位置する「信田缶詰」の「BISTORO缶 美味しいトマトとさば」だ。
ふらっと立ち寄ったお店で心がときめく瞬間がこれまで何度かある。 「ホテルの1階にこんなお店ができたんや。立ち飲み屋で日本酒も豊富そうやし、変わったお店やな……」 こう感じた店が、今回紹介する「ぽん酒マニア」。 確かプレオープンか、オープン当日だったはずだ……。
2018年7月オープン。自然食を扱う会社が京都で立ち上げたジェラテリアの東京初進出店で、すべて合成乳化剤・安定剤フリー。
新型コロナウィルス蔓延防止の自粛中は、毎日掃除の日々(笑)。 そうしたら、BBQ以外では使ったことがないスキレットが出てきました! お店は閉まっているので、自宅でスキレット使ってためしてみま~す~。
吉祥寺は飲食に関しては何でもある街と思われているが、実は意外にないものがある。今回は、意外にないもののひとつ、仕事帰りのおひとり様女子(乗り換えでいったん吉祥寺に降り立つ女子も含む)を癒す店をご紹介だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt