MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
神楽坂 和食 千(日本料理/神楽坂)

神楽坂 和食 千(日本料理/神楽坂)

昼の献立「潤-JYUN-」は、旬の逸品から始まる。今なら、旬野菜を添えた湯葉のローストビーフ巻き。

perm_media 《画像ギャラリー》神楽坂 和食 千(日本料理/神楽坂)の画像をチェック! navigate_next

神楽坂 和食 千(最寄駅:飯田橋駅)

天ぷら、煮物、焼き魚旬味の詰まった華やかな盛り込み

そこから店の名物でもある胡麻豆富の炭火焼へと続き、主役の竹籠盛り込みの登場となる。旬の素材が色とりどり、さっぱりとした酢の物に揚げたての天ぷら、上品なダシを含ませた煮物と、和食の粋のオンパレード。おかずによし、つまみによしな品々で、炊きたてご飯のお供にするか、いや待て、キリリと冷えた冷酒を1杯だけ……とうれし悩ましい。神楽坂で開業から10年。現料理長の溝口裕久さんは大阪の日本料理『本吉兆』で腕を磨いた経験を持つ。高級店が割拠する町で、「和食の楽しみを、多くの人に」という懐の深さが表れたコース。満足度が高く、気分も華やぐこれぞ贅沢ランチ!

潤 -JYUN-
3300円

竹籠盛り込み:モロヘイヤのお浸し、ダシ巻き卵やアスパラ細巻き寿司などの一皿、スイカの田楽、スズキの焼き物、キスや賀茂茄子の天ぷら。炊き物はダシの滋味が主役、焼き物は塩が利いた飲ませる味と、味にメリハリが

旬の逸品湯葉のローストビーフ巻き、胡麻豆富の炭火焼
 

フワフワで香ばしい胡麻豆腐の炭火焼。手前は、水ナスと甘長唐辛子を添えた湯葉のローストビーフ巻き

甘味
 

トウモロコシの甘みがぎゅっと凝縮されたムース

富山県産コシヒカリちりめん山椒お味噌汁
 

ご飯は自家製ちりめん山椒とともに。味噌汁はジュンサイと山椒(内容は月替わり)

お店からの一言

料理長 溝口裕久さん

「季節を贅沢に味わう昼のひとときをお過ごし下さい」

神楽坂 和食 千の店舗情報

■『神楽坂 和食 千』
[住所]東京都新宿区神楽坂3-1-43
[TEL]03-5261-7088
[営業時間]11時半~14時半(14時LO)、18時~22時半(21時LO)、日曜日:11時半〜15時半(14時半LO)※ランチタイム有
[休日]月曜日、第3・5日曜日、日曜日の夜
[座席]カウンターあり、半個室あり、個室あり、計31席/禁煙/カード可(夜のみ、昼は不可)/予約可
[アクセス]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩5分


電話番号 03-5261-7088

2018年9月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
大阪や兵庫、銀座で板前として学んできた店主の星乃さん。11年前、四つ木で半世紀続く実父の和食屋を引き継いだ。
コロッケが旨い店はいい店だと勝手に確信しているのだが、北海道料理で知られるこの店のそれも定番の名物らしい。早速味わってみると想像の上の上を行く旨さに驚いた。
炭火が目を引く大きな囲炉裏。それをぐるりと囲むように配されたカウンターは予約必須の特等席だ。
店主の近藤喜一さんは、昭和7年創業の老舗豆腐店『ゑん重』の三代目。「本物の豆腐の美味しさを、料理を通して伝えたい」と、家業の傍らで“豆腐創作料理”の店を始めた。
料理が旨い店は山ほどある。けれどこの店でなければと思わせるのは意外と少ない。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル