MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
神楽坂 和食 千(日本料理/神楽坂)

神楽坂 和食 千(日本料理/神楽坂)

昼の献立「潤-JYUN-」は、旬の逸品から始まる。今なら、旬野菜を添えた湯葉のローストビーフ巻き。

神楽坂 和食 千(最寄駅:飯田橋駅)

天ぷら、煮物、焼き魚旬味の詰まった華やかな盛り込み

そこから店の名物でもある胡麻豆富の炭火焼へと続き、主役の竹籠盛り込みの登場となる。旬の素材が色とりどり、さっぱりとした酢の物に揚げたての天ぷら、上品なダシを含ませた煮物と、和食の粋のオンパレード。おかずによし、つまみによしな品々で、炊きたてご飯のお供にするか、いや待て、キリリと冷えた冷酒を1杯だけ……とうれし悩ましい。神楽坂で開業から10年。現料理長の溝口裕久さんは大阪の日本料理『本吉兆』で腕を磨いた経験を持つ。高級店が割拠する町で、「和食の楽しみを、多くの人に」という懐の深さが表れたコース。満足度が高く、気分も華やぐこれぞ贅沢ランチ!

潤 -JYUN-
3300円

竹籠盛り込み:モロヘイヤのお浸し、ダシ巻き卵やアスパラ細巻き寿司などの一皿、スイカの田楽、スズキの焼き物、キスや賀茂茄子の天ぷら。炊き物はダシの滋味が主役、焼き物は塩が利いた飲ませる味と、味にメリハリが

旬の逸品湯葉のローストビーフ巻き、胡麻豆富の炭火焼
 

フワフワで香ばしい胡麻豆腐の炭火焼。手前は、水ナスと甘長唐辛子を添えた湯葉のローストビーフ巻き

甘味
 

トウモロコシの甘みがぎゅっと凝縮されたムース

富山県産コシヒカリちりめん山椒お味噌汁
 

ご飯は自家製ちりめん山椒とともに。味噌汁はジュンサイと山椒(内容は月替わり)

お店からの一言

料理長 溝口裕久さん

「季節を贅沢に味わう昼のひとときをお過ごし下さい」

神楽坂 和食 千の店舗情報

■『神楽坂 和食 千』
[住所]東京都新宿区神楽坂3-1-43
[TEL]03-5261-7088
[営業時間]11時半~14時半(14時LO)、18時~22時半(21時LO)、日曜日:11時半〜15時半(14時半LO)※ランチタイム有
[休日]月曜日、第3・5日曜日、日曜日の夜
[座席]カウンターあり、半個室あり、個室あり、計31席/禁煙/カード可(夜のみ、昼は不可)/予約可
[アクセス]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩5分


電話番号 03-5261-7088

2018年9月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ザクッと香ばしい衣の中から現れるのが、とろ~り口どけのいいお肉。人生で幾皿ものトンカツに出合ってきたけど、こんなの初めて! 
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
宮城グルメの代表選手といえば仙台牛タンだが、この店のタンの、霜降り具合とジューシーさたるや……! ぶ厚い熟成タンの炭火焼きをはじめ、茹でても揚げても、しゃぶしゃぶにしても最高。
銀座でランチの約束が入ったら、まずはここを押さえるべし。仲買人が営む和食店で、主に北陸の漁場から届くとび切りの海の幸を引っさげ約1年前にお目見えした。
昭和35年創業というから60年近く続く、なんとも気取りがない定食屋の味を、ご主人・山岸さんが守っている。そのとん汁がまた、家庭的とも言えるほっとする旨さ。
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。
埼玉県・川越市にて、旧家の邸宅を公開している庭園。始まりは明治2年(1869)創業の材木商「丹波屋」。
名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt