MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
割烹蒲焼 わかな(うなぎ/関内)

割烹蒲焼 わかな(うなぎ/関内)

明治から受け継がれる店の伝統は、とにかく質のいいうなぎを使うこと。上物をいかにたくさん継ぎ足しのタレにくぐらせるか。

perm_media 《画像ギャラリー》割烹蒲焼 わかな(うなぎ/関内)の画像をチェック! navigate_next

割烹蒲焼 わかな(最寄駅:関内駅)

明治時代から受け継がれる継ぎ足しのタレ

つまり数が多いほど上質な旨みが溶け込み、年月を経て深い味わいになるからだ。「だからうちのタレが守られているのはお客様のおかげ」とは6代目。多い日は2000食のうな丼が出るというから驚きだ。その人気の丼、何と米が1合半! 先代が大盛り好きで、お腹いっぱい食べてほしくて増えたんだとか。長年にわたり曜日や天候による時間ごとの客数を帳面に記しており、それを基に逆算して適宜仕込み、常に蒸し&焼きたてのうなぎと炊きたてのご飯を提供できるのも老舗の強みだ。

上うな丼
3180円(うな丼2700円)

丼は2階食堂のメニュー。うなぎは愛知県三河一色産で、蒸し時間を長めにして箸でスッと抵抗なく切れる柔らかさに仕上げている。明治5年創業の店は親子三代で通う客も多い

上鰻重
4100円

お重は丼よりうなぎの量が多い。ご飯は実は丼と同じ1合半

やきとり
1620円

岩手県の銘柄「奥の都どり」のモモ肉を使う

お店からの一言

6代目 橋本隆さん

「現在は愛知県三河一色産のうなぎを使っています」

割烹蒲焼 わかなの店舗情報

[住所]神奈川県横浜市中区港町5-20 [TEL]045-681-1404(代表) [営業時間]11時~21時LO※ランチタイム有 [休日]水曜日(不定休、祝の場合は営業) [座席]2階100席、3階座敷70名、全170席/全席禁煙/予約可(3階のみ)/カード可(3階のみ)/3階はサ10% [交通アクセス]JR根岸線ほか関内駅北口から徒歩2分

2018年8月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「若い頃から東京に支店を出すのが夢だった」と話すのが、浜松で最古のうなぎ屋『中川屋』の4代目である村越武さん。本店を息子に任せ、昨年それを実現させた。
うな重、蒲焼き、白焼き……。うなぎ料理といえば、このあたりが定番ですが、和食の枠を外れたうなぎ料理はないのだろうか。ということで、探したところ中国料理店を中心に発見! 中華なうなぎ料理をご覧あれ。
かつて、手賀沼で獲れたうなぎは江戸にまで運ばれ贈答品として珍重されたのだとか。その湖畔に位置する我孫子市は、今も数多くの店があるうなぎ処だ。
近年オープンした都内のうなぎ店を調査した結果、自信をもっておすすめできる三ツ星店を4軒ご紹介。老舗の支店や、関東や関西から東京初進出を果たしたお店まで粒揃いです。土用丑の日に合わせて、ぜひご賞味ください!
『おとなの週末』はもちろん、ミシュランにも掲載された名古屋を代表するうなぎ店『炭焼 うな富士』。2021年3月にオープンした『天白別邸』は、築104年の古民家をリノベーションした趣あるお店。ゆったり、のんびりと食事ができる話題の最新店へ伺いました。
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル