MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
池田屋(餃子/博多)|多くのリピーターを持つ超人気の「炊き餃子」が食べられる!

池田屋(餃子/博多)|多くのリピーターを持つ超人気の「炊き餃子」が食べられる!

『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

池田屋(最寄駅:赤坂駅)

スープ文化の博多だからこその美味しさ

刺身や一品料理を食べた後、〆として食べる人が多いそう。それでも足りなければちゃんぽんなどの投入も可能。満腹満足になれる逸品だ。

炊き餃子(写真は2人前)
700円

鶏ガラスープに入れ強火で3分半煮込んで提供。自家製の竹炭の入った柚子胡椒、辛子味噌を付けると鶏の風味が際立つ

手羽のうずら玉子つめ焼
300円(1本)

餃子とほぼ同じ餡とうずらの卵が詰められた手羽餃子

ちゃんぽん (写真は2人前)
300円

ちゃんぽんがスープと好相性。餃子の追加を我慢してでも食べてみて

お店からの一言

店長 西 真吾さん(左)、スタッフ 岡村祐貴さん(右)

「博多に来たら、ぜひ一度食べに来てください!」

池田屋の店舗情報

[住所]福岡県福岡市中央区大名1-4-28 [TEL]092-737-6911 [営業時間]18時~23時(22時半LO) [休日]不定休 [席]1・2階合わせて99席/全席喫煙可/カード不可/予約可/お通し代300円別 [交通アクセス]地下鉄空港線赤坂駅4番出口から徒歩8分


電話番号 092-737-6911

撮影/松隈直樹 取材/編集部

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
2017年から3年連続で「ミシュランガイド」のビブグルマンに選出された祇園の餃子専門店『ぎょうざ歩兵』。最大で4時間待ち、多いときには1日2500~3000個販売するなど、数々の金字塔を打ち立てた同店の姉妹店が銀座にオープンした。
看板商品はひと口餃子の「ちびすけ」(8個550円)。焼きまたは揚げを選べるほか、紫蘇やエビも。
昭和24年の創業以来、変わらぬ味を守り続ける老舗。合挽き、玉ネギ、ニラからなる餡を小ぶりの三角形に包み、パリッと焼き上げる。
創業者の出身地・台湾の小籠包と、その奥様の出身地・熊本のだご汁をルーツに生まれたのが、餃包。鶏ガラや豚肉、野菜などをとろとろになるまで煮込んだ白湯スープに、溢れ出す肉汁と肉餡が溶け合い、深みのある旨みに思わず唸る。
店内には使用する野菜から豚肉まで本日の原材料産地が。極力地元や東北の食材を使った、手作り感ある餃子メニューが数々。
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。
埼玉県・川越市にて、旧家の邸宅を公開している庭園。始まりは明治2年(1869)創業の材木商「丹波屋」。
名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt