MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
レバンテ|見た目も味も見事に完成された名物カキフライ(洋食/有楽町)

レバンテ|見た目も味も見事に完成された名物カキフライ(洋食/有楽町)

昭和22年創業の『レバンテ』が毎年10月~4月まで提供している名物カキ料理のひとつ。創業者が三重県のカキ養殖業を支援しようとメニューに取り入れて以来、濃厚な味の三重県産を使っている。レバンテ[交]JR線ほか有楽町駅国際フォーラム口から徒歩2分 ※ランチタイム有

レバンテ(最寄駅:有楽町駅)

 うっとりするほど上品で美しい俵形。きめ細やかな衣はサクッと繊細な食感で、ミルキーなカキの旨みがあふれる極上の味わいだ。こちらは昭和22年創業の『レバンテ』が毎年10月~4月まで提供している名物カキ料理のひとつ。創業者が三重県のカキ養殖業を支援しようとメニューに取り入れて以来、濃厚な味の三重県産を使っている。 特に上質な的矢産がおすすめで、ボリュームと食感のバランスを考えてフライひとつに2個入る。この季節しか楽しめない看板の味を待ちわびる客も多い。

的矢がきのフライ
2060円

薄い衣に包まれたカキはふっくら。自家製タルタルソースも付く。三重県浦村産は1480円

かきのピラフ
1750円

ソテーしたカキとバターライスで作るピラフは隠れた逸品。好みでデミグラスベースのソースをかけて味わう

レバンテ

[住所] 東京都千代田区丸の内3-5-1(東京国際フォーラム地下1階) [TEL]03-3201-2661 [営業時間]11時半~22時半(21時45分LO)、土・日・祝11時半~20時半(19時45分LO) [休日]12月31日~1月4日 [席]テーブル席74席、テラス席40席、計114席/分煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]JR線ほか有楽町駅国際フォーラム口から徒歩2分  ※内観写真は移転前のものです。

電話番号 03-3201-2661
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。
「ちょっと一杯飲みに行こう」、という意味の店名には、気軽な雰囲気で最高のひと皿を味わってもらいたいという有沢シェフの想いがこもる。中でもホーロー鍋に山盛りで出てくる名物が、国産のムール貝と旬の貝を蒸したもの。
雰囲気やサービスはビストロのように気取らず、それでいて料理は手間を惜しまず丁寧にソースを作りあげ、季節の食材の美味しさを存分に引き出している。パリの星付きレストランでも修業した中井シェフの赤ワイン煮は、ピュアでクリアなソースが特長的。
デミグラスソースでハンバーグを煮込む。そのひと手間を加えるだけでこんなにも味わい深くなるものか。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt