MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
かねまん(居酒屋/菊川)|120年以上の歴史を持つ老舗!地元客で賑わう下町酒場!

かねまん(居酒屋/菊川)|120年以上の歴史を持つ老舗!地元客で賑わう下町酒場!

前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。

かねまん(最寄駅:森下駅)

夜ごと地元客で大にぎわい下町酒場の雰囲気に酔う

四代目女将の川原くに子さん、五代目正さんと女将・まさみさんが笑顔で切り盛りする。「来週はお祭りだねえ」と、地元の客の会話でにぎわう、これぞ下町大衆酒場という雰囲気だ。カウンターのケースに並ぶ、築地で仕入れる魚介類はぜひ刺身でつまみたい。甘めのツユが豆腐によく染みた「肉豆腐」も人気だ。

とじょう丸煮、刺身盛合せ、梅味噌キュウ、チューハイ(焼酎1合付き)、純(ボトル)
870円、1350円、380円、430円、2160円

滋養あるドジョウがたっぷり。ゴボウの風味も相まって何とも美味。マグロ、コハダ、数の子など7種も盛られた「刺身盛合せ」、ご主人の正さんイチオシの「肉豆腐」も見逃せない。お銚子入りの焼酎1合を好きな濃さに割って飲める「チューハイ」は、墨田区吾妻橋で製造される「アズマ炭酸」を使用。強炭酸がレモンの風味を引き立てる。焼酎ボトルは「純」など

肉豆腐
540円

かねまんの店舗情報

[住所]東京都墨田区菊川1-7-10 [TEL]03-3634-9923 [営業時間]17時半~23時 [休日]日・祝 [席]カウンター、お座敷あり、約40席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし、お通し220円別 [交通アクセス]都営新宿線森下駅A4出口から徒歩5分


電話番号 03-3634-9923

撮影/齊藤 正 取材/本郷明美

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「旅をするように日本酒を楽しんでほしい」と店主の橋野元樹さん。橋野さんと料理長小林直矢さんが日本各地を旅し、蔵元を訪ね、3カ月ごとに「特集」を組む、なんとも愉快な酒場だ。
駅からほど近くの路地裏に建つ風情漂う一軒家。純和風の空間で、落ち着いて鶏料理が食べられる大人の店だ。
席に着くと「お好きな器を選んでください」と声がかかる。棚に並ぶ作家ものなど、雰囲気のある酒器を物色するだけで、飲む前から何だか楽しくなってくる。
席数わずか8のこぢんまりとした店だ。魚料理を中心に、珍味からコロッケまで気楽ながら粋なつまみが揃う。
店主の戸田さんは浅草の通称「ホッピー通り」が今の人気になった仕掛人のひとりとも言っていい。というのも看板の煮込みが評判で十数年前からメディアの取材が増え、自店の紹介だけでなく通り全体の魅力を地道にPRしてきたからだ。
函館本線は函館駅と旭川駅を結ぶ路線です。 この路線の、長万部(おしゃまんべ)駅から小樽駅の間は、通称「山線」と呼ばれていて、名前の通り峠を越えながら山中を走る山岳路線。 この山線の撮影中によく立ち寄るお店で“きのこ王国”があります。 店内は、その名の通りきのこだらけです……。
旬の食材を生かした活気溢れる熊谷シェフの一皿ひと皿に、店主の赤星氏がピンポイントで合わせる日本酒のペアリングがキレキレだ。食材の食感や香り、旨みや酸味等々と日本酒がピタッと調和して響き合う。
しゃぶしゃぶを提供し続けて40年以上。肉問屋との長い付き合いから、上質な肉を低価格で仕入れられるのが強みだ。
創業90年近い老舗の看板におごることなし。それは地道な仕込みのネタを見ればわかるはず。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt