MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
レストラン七條|ストレートにカキの旨さが伝わる名店の味(洋食/神田)

レストラン七條|ストレートにカキの旨さが伝わる名店の味(洋食/神田)

かつて神保町にあった洋食&フレンチの名店が2013年に神田に移転。旧店舗時代から変わることなくファンを魅了している。レストラン七條 (シチジョウ)[交]都営新宿線小川町B6出口から徒歩4分、JR線神田駅西口から徒歩5分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》レストラン七條|ストレートにカキの旨さが伝わる名店の味(洋食/神田)の画像をチェック! navigate_next

レストラン七條(最寄駅:小川町駅)

旧店舗時代から変わることなくファンを魅了させているのが、毎年10月~3月までメニューに登場する三陸産のカキフライだ。なるべく大ぶりのサイズを選んで仕入れ、あえて水で洗ったりせずに海水の風味や自然のままの味を生かしてひとつずつフライにしている。 軽やかな食感の衣と磯の香りが弾けるクリーミーな旨さは決して家庭で真似できないプロの味。食材の質の確かさに加えて、名店ならではの腕の良さが分かる。昼も夜も1個単位で料理に追加注文できるのも嬉しい。

三陸産カキフライ
1340円(昼)

「味が濃い」とこだわる三陸産を使う。180度で3分ほど揚げ、余熱で火を通す。客のテーブルに運んだ時に一番いい状態に仕上がるよう心掛けているという

帆立、ズワイ蟹、アボカドのタルタルとスモークサーモン
1944円(夜)

自家製ドレッシングで和えた3種の食材が絶妙なバランスでまとまっている。店で5時間ほど燻製にしたスモークサーモンを添える

レストラン七條

東京都千代田区内神田1-15-7 AUSPICE内神田 1階 ☎03-5577-6184 [営]11時半~14時、18時~20時半(土は昼のみ) [休]日・祝 [席]カウンター5席、テーブル22席、計27席/全席禁煙/夜は予約可/夜はカード可/サなし [交]都営新宿線小川町B6出口から徒歩4分、JR線神田駅西口から徒歩5分

電話番号 03-5577-6184
2016年2月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」の看板メニューのひとつ「ロイヤルのオニオングラタンスープ」には、知る人ぞ知るエピソードがあります。今から67年前に来日したマリリン・モンローが愛した味だというのです。
全国の契約農家から直送される野菜を多用し、味わいや食感はもちろん、彩りも実に豊か。旬の野菜に応じてどんどんメニューが変わるのが魅力だ。
醤油は香り付け程度とシンプルな味付けの焼きめしは、噛むほどにご飯の甘みと、大きめにカットされ食感を残す玉ネギ、豚ロースの旨みがじんわりと広がる。そのあと引く味わいに、「ずっと噛み締めていたい」という衝動に駆られた。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最新記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
小説『バスを待つ男』や、講談社の「好きな物語と出会えるサイト『tree』」で連載中のエッセイ『日和バス 徘徊作家のぶらぶらバス旅』など、作家生活25周年を迎えた西村健さんは、路線バスをテーマにした作品の書き手としても知られています。「おとなの週末Web」では、東京都内の路線バスを途中下車してふらり歩いた街の様子と、そこで出会った名店のグルメを紹介します。
「江戸っ子は屋台で寿司をつまんだ後、帰り際に暖簾で手を拭いて店を後にしたそうです。なので暖簾の汚れっぷりが、旨い店の判断基準だったとか」。と、話してくれたのは『挙母鮨』の星野店長。
get_app
ダウンロードする
キャンセル