MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
立ち呑み さわ好(居酒屋/岩本町)|地酒や手作りのおつまみが楽しめるアットホームな立ち飲み屋さん☆

立ち呑み さわ好(居酒屋/岩本町)|地酒や手作りのおつまみが楽しめるアットホームな立ち飲み屋さん☆

店内のみんながニコニコしていて、とっても幸せそう。それがこのお店の第一印象。

立ち呑み さわ好(最寄駅:岩本町駅)

上質なものをさりげなく立ち呑み価格で

老舗の懐石料理店で長らく腕を磨いた大将が手をかけた料理をいただき、チャーミングな女将さんの人柄に触れた結果、こちらもついつい笑顔になってしまう。話が弾んでいる常連さんたちに聞くと、みんな最初はひとりで来て顔見知りになったそう。立ち呑み屋が多い神田にあって、おひとりさまでもよりウェルカムな空気感にあふれている店なのだ。2階には3卓のテーブル席があるので、グループで利用できるのもうれしい。

アジの南蛮漬け、さわ好特製ジンジャーハイ、ゆで豚キャベツ
150円、380円、400円

名物の南蛮漬けは丸ごと食べられ美味。奥はピリリかつ酸っぱい自家製ネギソースが柔らかな肉とキャベツに絡む

昭和のナポリタン
400円

ほんのりとした甘みがクセになる、懐かしさに感涙必至のナポリタン。ふと思い出してまた食べたくなる味だ

唎酒師のご子息が厳選した旨口の酒が中心

立ち呑み さわ好の店舗情報

[住所]東京都千代田区神田須田町2-12 [TEL]03-6262-9045 [営業時間]16時~23時半(23時LO)、第1・3土16時~21時(20時半LO) [休日]日・祝、第2・4・5土 [席]1階スタンディング約10人、2階テーブル席、約22席/全席喫煙可/2階のみ予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]都営新宿線岩本町駅A1出口から徒歩3分


電話番号 03-6262-9045

撮影/西﨑進也 取材/市村幸妙

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
巷では中国茶ブームだが、極上の烏龍茶でお茶割りを作ろうというのはナイスなアイデア! ここはそんなお茶割りの専門店。
小町通り脇の小路に佇むナチュラルワインと野菜料理の店。店主はレストランの厨房で働いた経験があり、サラダなど野菜の惣菜はもちろん、鶏レバームースや鴨のコンフィといった肉料理までレストランクオリティだ。
神保町の路地裏で、午後3時の開店から続々とお客さんがやって来る。しかも皆さんお勤め人風だから、昼飲みとはいえ雰囲気はなごやか。
鉄板で焼きつけるクワ焼きは大阪大衆酒場の花形。それをモダンに取り入れ、ワインや日本酒と合わせた話題の新店。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt