MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
新世界菜館(中華/神保町)かきラーメンのグルメ記事

新世界菜館(中華/神保町)かきラーメンのグルメ記事

神保町の中華店「新世界菜館」の牡蠣ラーメンのグルメ取材記事と写真。このカキなくしては!という大黒神島産のカキの旨みを最大限に生かすべく、カキの火入れは寸止め。フルフルと食感も残ったままあんかけとスープにほどよくエキスも出て、沁みる美味しさ。新世界菜館[交]地下鉄都営三田線ほか神保町駅A3出口から徒歩1分

perm_media 《画像ギャラリー》新世界菜館(中華/神保町)かきラーメンのグルメ記事の画像をチェック! navigate_next

新世界菜館(最寄駅:神保町駅)

バランスが絶妙! 沁み入るカキの旨さ

このカキなくしては!という大黒神島産のカキの旨みを最大限に生かすべく、カキの火入れは寸止め。フルフルと食感も残ったままあんかけとスープにほどよくエキスも出て、沁みる美味しさ。しめじやしいたけ、たけのこ、品のいい醤油味のスープとのハーモニーも味わいたい。

大黒神島産かきラーメン
1,100円

新世界菜館の店舗情報

■『新世界菜館』
[住所]東京都千代田区神田神保町2-2
[TEL]03-3261-4957
[営業時間]11時~23時(22時LO)、日曜日・祝日11時~21時(20時LO)
[休日]年末年始
[座席]地下1階テーブル席44席、1階テーブル席28席、2階個室4名×3室、10名×3室、3階10名×3室、20名×1室、計164席/個室以外全席禁煙/予約可(個室はコースを注文の場合のみ)/カード可/サ昼の予約のみ8%別
[アクセス]地下鉄都営三田線ほか神保町駅A3出口から徒歩1分

電話番号 03-3261-4957
2016年2月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
丼の中にあったかいスープ、上には野菜がどっさり。それをどけて持ち上げた麺からは湯気がふわ~っ。ハフハフしながら食べるタンメンは、どこか昭和を感じさせます。そんなノスタルジックな気持ちにさせてくれる5杯をお届けします。
そもそも「焼飯」とは何か、チャーハンと何が違うのかという話がありますが、メニューに「焼飯」と書かれた料理は数少なく……。その上、「ソース焼飯」ときた。この謎のメニューを追跡。実態を調べてみました。
横浜といえば、焼売。多くの店で食べられます。崎陽軒をはじめ、お土産としても名高いです。そんなハマの焼売がいつから愛されてきたのか。そのルーツをもとめて“シウマイ”の店を巡りました。
新幹線が止まるターミナル駅ながら、駅ビルにビックカメラや高島屋があるなど、実は生活に密着し、機能的な新横浜。そこで、横浜土産といえば、やっぱりコレ! なテイクアウトできる全焼売を食べ比べてみた。
飯田橋の四川料理店「芊品香 別館」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。餃子は皮を極限まで薄くするなど、試行錯誤を重ねて現在の味にたどり着いた、店主渾身の餃子。三元豚の挽肉をオイスターソースや胡椒などの調味料で旨みを引き出し、ジューシーに仕上げた餡が絶品だ。[住所]東京都千代田区富士見1-7-6
最新記事
昭和22年創業の餅菓子店の店内でいただけるのは、抹茶が主役のかき氷だ。メニューは抹茶のグレードにより普通・特選・極上に分かれ、氷は山梨県の天然氷・蔵元八義を使用。
「山」という象意を持つ八白土星が司る8月は、私たちの前に突如「山」が立ちはだかる。「山」は「目標」や「夢」「理想」の象徴だ。山を見上げワクワクする人、ビビる人、登っていくのはあなた自身! 「山登り」パワーをくれるのは、八白土星食材の「牛肉」。夏真っ盛りの8月、「牛肉」を食して目の前の山を越えていこう!
サバジェンヌお気に入りのサバ料理店のひとつ『ごっつり』グループ。その理由は、八戸前沖さばを知り尽くしたオーナーが考案した珠玉のサバメニューに心を奪われているから。2021年4月にオープンした浅草橋のお店もまた至極の逸品揃い。その数々をお届けします。
コンベクションオーブンでふわっふわに焼き上げられた、ほかほかのチョコレート生地のスフレパンケーキにたっぷりのるのは、口溶けがなめらかなチョコレートクリーム。風味と硬さが異なるカカオ67%と70%のチョコチップを入れて、食感も絶妙にコントロールしている。
創業元禄3(1690)年の老舗『山本山』が、4月26日にお茶専門店『山本山 フジヱラボ』を新宿髙島屋の地下1階デイリーマートにオープン。単なる専門店ではなく、抹茶、煎茶、ほうじ茶を使ったドリンクやスイーツを提供しています。一体どんな味なのか伺いました。
get_app
ダウンロードする
キャンセル