MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
鮨 なかや(寿司/亀有)|リーズナブルで美味しい寿司を食べたいならココ!大正時代から続く老舗の名店!

鮨 なかや(寿司/亀有)|リーズナブルで美味しい寿司を食べたいならココ!大正時代から続く老舗の名店!

大正時代から続く老舗を若き5代目が継いだのは24歳の時。理由は先代の急逝だった。伝統を守りながらより高みを目指し、今35歳。

鮨 なかや(最寄駅:亀有駅)

ネタよし、シャリよし。端正な寿司を気軽に楽しめる名店

仕事の完成度はその端正な握りを口にすればすぐに納得できるはず。「寿司の命」と心を注ぐシャリは何種も食べ比べて選んだという自然乾燥米の粘り気が少ないコシヒカリで、ネタの個性に合わせて赤酢と白酢を使い分け。魚は築地や足立市場のほか関サバやカレイなどは名産地の大分から直送している。目標は「質の高い味をお気軽に」。代は変われど心は同じ。愛され続ける理由がよーく分かる。

超特上握り
4536円

天然本鮪大トロ炙り、車海老、芽ネギ、ナス、イクラ、うに、穴子、玉子:超特上は13貫と玉子、椀物、デザート。活車エビは生か茹でるか客の要望を聞いてから握る

天然本鮪中トロ、白イカ、赤身、天然しまあじ、赤貝、あじ

マグロなどは赤酢、イカなどは白酢のシャリ。ランチは白酢のみ

かわはぎ
540円

和歌山産の天然物。濃厚な肝とポン酢のジュレがとろける

穴子と胡瓜のつまみ、毛ガニのほぐし身
時価・写真は2160円、時価・写真は2700円

江戸前の穴子や毛ガニなど盛り付けも美しいつまみ

お店からの一言

店主 中川秀晃さん

「伝統を大事に、常に進化していきたいと思っています」

鮨 なかやの店舗情報

[住所]東京都葛飾区亀有2-61-4 [TEL]03-3601-2743 [営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時~22時半(22時LO)※ランチタイム有 [休日]月 [席]カウンター、個室あり、全38席/全席禁煙/予約可/カード可/個室のみサ5%、夜のみお通し代540円別 [交通アクセス]JR常磐線亀有駅南口から徒歩5分


電話番号 03-3601-2743

撮影/大西尚明 取材/肥田木奈々

2018年11月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
名物の「づけあなちらし」は、マグロのヅケとふっくら炊かれた穴子が豪快にのったちらし。驚くのがシャリの下に、エビ、イカ、サーモン、イクラ、数の子など数々の具材が隠されていること。
蔵造りの町並みから少し入った、緑豊かな350坪の敷地内に、10席のみのカウンター席に、テーブル席、広々とした風情あふれる個室と3つの様式の客席を持つ。カウンター席では、お好み握りや写真のコースが注文できる。
銀座の老舗『新富寿し』で22年間修業した三橋さんが今年7月30日にオープンさせた店。まだ2ヵ月余りだが、伝統を受け継ぐ本格江戸前鮨の旨さと店主の気さくな人柄の良さで、口コミで人気が広がっている。
大手チェーン『元気寿司』が母体の回転寿司ブランド。高速レーンで寿司を届ける“回らない回転寿司”システムを使う。
本マグロの人気部位オールスターが丼に勢ぞろいとは何たる贅沢か。いわゆる有名産地に固執せず、高級店に負けない品質を確実に仕入れるのが店主の金里さんの信条だ。
「たらスパ」の魅力に取り憑かれたオーナーが営む無限大の可能性を秘めたたらこスパゲッティ専門店!
端正で見目麗しく透き通るほどの美しさ。これぞシンプルの極みの関西ダシ文化の賜物!
続々と登場している「進化系サバ缶」。なんと、福岡県北九州市小倉から「発酵系サバ缶」がデビュー!   しかも、「100年級のサバ缶」。タイムカプセルのような、絶品サバ缶をご紹介!
名前通り、土佐清水市と連携協定を締結し、アンテナショップ的な役割も果たす居酒屋だ。土佐清水が発祥の地とも言われるカツオのたたき(藁焼き)や「清水さば」をはじめ、産地直送で届く鮮魚。
スイーツ好きにとって垂涎の的である名パティスリー。ガトーフレーズの外見はまさに王道だが、シンプルだからこそ、オーナーシェフ・和泉光一さんのこだわりを体感できる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt