MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
鮨 なかや(寿司/亀有)|リーズナブルで美味しい寿司を食べたいならココ!大正時代から続く老舗の名店!

鮨 なかや(寿司/亀有)|リーズナブルで美味しい寿司を食べたいならココ!大正時代から続く老舗の名店!

大正時代から続く老舗を若き5代目が継いだのは24歳の時。理由は先代の急逝だった。伝統を守りながらより高みを目指し、今35歳。

鮨 なかや(最寄駅:亀有駅)

ネタよし、シャリよし。端正な寿司を気軽に楽しめる名店

仕事の完成度はその端正な握りを口にすればすぐに納得できるはず。「寿司の命」と心を注ぐシャリは何種も食べ比べて選んだという自然乾燥米の粘り気が少ないコシヒカリで、ネタの個性に合わせて赤酢と白酢を使い分け。魚は築地や足立市場のほか関サバやカレイなどは名産地の大分から直送している。目標は「質の高い味をお気軽に」。代は変われど心は同じ。愛され続ける理由がよーく分かる。

超特上握り
4536円

天然本鮪大トロ炙り、車海老、芽ネギ、ナス、イクラ、うに、穴子、玉子:超特上は13貫と玉子、椀物、デザート。活車エビは生か茹でるか客の要望を聞いてから握る

天然本鮪中トロ、白イカ、赤身、天然しまあじ、赤貝、あじ

マグロなどは赤酢、イカなどは白酢のシャリ。ランチは白酢のみ

かわはぎ
540円

和歌山産の天然物。濃厚な肝とポン酢のジュレがとろける

穴子と胡瓜のつまみ、毛ガニのほぐし身
時価・写真は2160円、時価・写真は2700円

江戸前の穴子や毛ガニなど盛り付けも美しいつまみ

お店からの一言

店主 中川秀晃さん

「伝統を大事に、常に進化していきたいと思っています」

鮨 なかやの店舗情報

[住所]東京都葛飾区亀有2-61-4 [TEL]03-3601-2743 [営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時~22時半(22時LO)※ランチタイム有 [休日]月 [席]カウンター、個室あり、全38席/全席禁煙/予約可/カード可/個室のみサ5%、夜のみお通し代540円別 [交通アクセス]JR常磐線亀有駅南口から徒歩5分


電話番号 03-3601-2743

撮影/大西尚明 取材/肥田木奈々

2018年11月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
まず供されるシンプルな茶碗蒸しがあまりに美味しくて夢中で平らげてしまった。期待が高まったところで、にぎりを口にすると、シャリがふんわりとほどけた。
江戸前にこだわりつつも創意溢れる寿司を握り続けている親方。10年近く前に考案したのが、この寿司屋の深川飯だ。
渋谷でこの寿司屋を知っていたらきっと鼻が高いはず。代官山で40年愛された店が昨年移転。
店に入って最初に目につくのが、マグロの部位を示した黒板。そう、ここではまずマグロを味わうべし。
夏到来! 今年はマスク必須でこれまで以上に厳しい暑さとの戦いになること必至です。そんなときはつるつるっといただける爽快感抜群の冷やし麺が一番!! 冷やし中華や冷麺、ラーメンに、蕎麦、うどん。すすりにすすって見つけた三ツ星麺をご覧あれ。ほか、夏に効く「辛くて旨いもの」、この夏食べたい「アイス&ソフトクリーム」特集もあります。
152views 本誌紹介
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt