MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
吉祥寺グルメ情報_吉祥寺で“もー、やってらんない自分”を甘やかす飯~肉編、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(118)

吉祥寺グルメ情報_吉祥寺で“もー、やってらんない自分”を甘やかす飯~肉編、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(118)

以前、「もー、やってらんない」という自分を徹底的に甘やかす飯(魚編)をこの連載で紹介しましたが、今回は肉編です。 吉祥寺の肉ランチですが、高級系はいくつかあります。でも今回は、今回は2000円以内のやってらんない時の肉ランチをご紹介ね!

perm_media 《画像ギャラリー》吉祥寺グルメ情報_吉祥寺で“もー、やってらんない自分”を甘やかす飯~肉編、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(118) の画像をチェック! navigate_next

吉祥寺で“もー、やってらんない自分”を甘やかす飯~肉編、の件


「もー、やってらんない」という自分を徹底的に甘やかす飯(魚編)を連載114回で紹介しましたが、今回は肉編です。

吉祥寺の肉ランチですが、高級系はいくつかあります。

たとえば七井通りをちょっと入ったところの『M』という高級和食屋のランチは、伊万里牛を使っていて、一番安い伊万里牛特製カレーが1500円オーバー。

その他の肉メニューは2500円でちょっとおつりがくる設定です。

こういう店は、やってらんない気持ちを収めるためではなく、贅沢しちゃうよ! という積極的な気持ちで食べたほうがいいような気がします。

ちなみに私はランチで2000円+税を超えると、さらにやってらんない気持ちが加速することに気づいたので、今回は2000円以内の“やってらんない時の肉ランチ”をご紹介だ!


イラスト/小豆だるま


1軒目は、終日定食が食べられるチェーン系牛タンの店『R』


まずチェーン店ですが、アトレ吉祥寺に入っている牛タンの店『R』。

ここの牛タン系定食は、牛タンの量に応じて値段設定が変わるのですが、最低線が1600円オーバーという、微妙な価格設定です。

この微妙な価格設定が、やってらんないランチに最適! 

ある日のやってらんないおっさん女子は、麦飯大盛り無料の日だったので、うっかり大盛にしたら、すさまじい量が来たので、とろろを追加トッピングして、無理やり食べるという暴挙に出ました。

お会計が2000円弱くらいだったけど、とても満足度が高かったので、おっさん女子的やってらんない飯に認定。

あと、別のある日の私は、やってらんない系の打合せが長引き、お昼をくいっぱぐれてしまい、午後4時半という微妙な時間に食べたのですが、そのやってらんない感を牛タン定食に救われました。


終日定食が食べられるのもポイントが高いです。


吉祥寺の混雑から逃れ、平和な三鷹駅北口にある『和みハンバーグダイニングK』を狙え!


しかし“もー、やってらんない気持ち”を、さらに悪化させるのが、吉祥寺の混雑&ランチ難民である……。

店に入れない、この俺様の気持ちが収まらない……! 

そんなとき、賢いおっさん女子は、三鷹に避難だ! 

三鷹は平和だよ……。

その肉避難所は、三鷹駅北口にある『和みハンバーグダイニングK』である。

もより駅は三鷹だが、住所は武蔵野市なので、ギリで吉祥寺扱いでよろしく……。

この店、かなりの高級和食店で修業した板前さんがやってるんだけど、なぜか昼はハンバーグ屋なんだよね……。

ちなみにランチハンバーグは、180g、280g、380gと選べて(価格はそれぞれ異なります)、小鉢が5~6種類。

さらに、生野菜サラダ付き&ハンバーグの付け合わせもジャガイモ、さやえんどうなど季節の野菜がたっぷり。

ハンバーグはとっても肉々しくって、ソースも、ガーリック、オニオン、BBQバター醤油などからチョイス可能。

ごはん&スープのおかわりOK! 

しかも、自分で炊飯器から盛ります(笑)。

だから盛り放題……。

それで、なんとハンバーグ180gの場合、1000円+税ですよ! 

ちなみに小鉢が、思いっきり酒のツマミっぽいのは、夜がざっくばらんな和食屋っぽいからだと推測。

あん肝とか出てきます……。

ハンバーグは、どのソースを選んでもニュアンスが和風で美味しいです。

あと、ランチになぜか沖縄ソバとか? 

カレーがあったりして、コンセプトがよくわかりません(苦笑)。

私の行ったある日は、ハンバーグに立派な伊勢海老がついたランチメニューがありました……。

これは、仕入れの失敗なのか? 

あるいは成功なのかわかりません……(笑)。

原価計算ちゃんとやっとるのか……? 

こんなふうにツッコミどころが満載だが、結論としてとっても美味しい……。

料理が出てくる間、心の中でこの店にいろいろツッコんでいると、やってらんない気持ちがどんどん薄れてくるという……(笑)。

まさかのツッコミ・マジック! 

『和みハンバーグダイニングK』は、私のオアシスです!



やってらんない飯、肉編はいかがでしたか? 

次はスイーツ編だ(予告……たぶん)。









天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。



小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
天野七月@おとなの週末

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連記事
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
今までの吉祥寺の和風のカフェ、喫茶店、甘味処は、比較的年配のマダムたちの需要が多かった吉祥寺である。しかし最近、けっこう若い女子向けのカジュアルな和風がキテるんじゃないでしょうか? ということで、今回は2020年にオープンした2軒ご紹介してみようと思います。
新型コロナウイルスのせいで、吉祥寺の飲食店は満身創痍という感じな今日この頃……。 メニューの見直し、店舗のリニューアルなどをする店も多いように感じます。 そこで今回は、吉祥寺でのサバイバルのために積極的にリニューアルを続けている定食屋を2軒ご紹介しようと思います。
白いご飯と、鶏唐揚げと、チーズが大好きなおっさん女子とは私のこと。 しかし最近、食パンに対する愛も芽生えてきたので、適度に食パンも食べ散らかしているのですが、最近、吉祥寺のチーズ食パンが熱い!っていうかチーズ教信者の私だけが、熱いのかもしれない……。というワケで、今回は吉祥寺の美味しいチーズ食パンをご紹介したいと思います。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル