MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
鳥つね 自然洞(焼き鳥・鶏料理/末広町)|素材や調味料、すべてにこだわった絶品鳥料理が味わえるお店☆

鳥つね 自然洞(焼き鳥・鶏料理/末広町)|素材や調味料、すべてにこだわった絶品鳥料理が味わえるお店☆

比内地鶏と名古屋コーチン。日本を代表するふたつの地鶏を澄んだ鶏スープに入れ、中火で炊くこと90秒。

鳥つね 自然洞(最寄駅:末広町駅)

素材や調味料、すべてにこだわった唯一無二の地鶏鍋

アツアツを自家製ポン酢でいただけば、地鶏の肉汁が口中にあふれ、すっと胃の腑に落ちていく――。
 親子丼で有名な同店だが、この「鳥スープ炊」は開店以来の名物で、筆者も20年以上堪能させていただいている。第一陣は上もも肉とハツ、レバーをシンプルに。第二陣で鶏のたたきとこだわりの野菜を味わう。これだけでも大満足だが、実はクライマックスは〆の雑炊! 心して味わうべき鳥鍋の名作なのだ。

鳥スープ炊
6900円のコースより(鍋コースは2人前から。写真は2人前)

コースは、前菜(写真左・手羽先唐揚)、鳥しんじょ(写真左)、鍋(上もも・たたき・野菜・雑炊・新香)という構成。上写真の大皿には名古屋コーチン(手前)、レバーとハツ(中央)、比内地鶏(奥)が並ぶ

鳥しんじょ、手羽先唐揚
コースに含まれる

〆の雑炊
コースに含まれる

炊いたご飯を地鶏の旨みと脂が溶けこんだスープで“さらに炊く”、そんなイメージの雑炊。この雑炊を楽しみに来る人も多いという、他では体験できない幸福な味わいの逸品だ

お店からの一言

店長 佐々木久哉さん

「上質な地鶏を心ゆくまで満喫してください」

鳥つね 自然洞の店舗情報

[住所]東京都千代田区外神田5-5-2 [TEL]03-5818-3566 [営業時間]11時半~13時半、17時半~22時(21時LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]1階/カウンターあり、全16席 2階/小個室(4~6名)×2、大個室(8~12)×1/分煙/予約可/カード可/サ3%、お通し代300円別 [交通アクセス]地下鉄銀座線末広町駅2番出口から徒歩3分


電話番号 03-5818-3566

撮影/貝塚 隆 取材/編集部

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
都内を中心に店舗展開する「鳥元」だが、立ち飲みスペースがあるのはここだけ。電車に乗る前でも後でも、サクッと寄れる気軽さが駅直結ならではの魅力だ。
東京駅丸の内駅舎内に位置する名門ホテルの地下1階。中に入れば駅の喧噪とは無縁の世界。
最高級比内地鶏の串焼きに、銚子港から届く地魚、70種類も揃える日本酒と、店の自慢は数多い。この「鳥すき焼」もそのひとつ。
「うちのタレは、関東大震災も戦争からも逃げ延びたんです」と語る、三代目の小川右二さん。空襲の際は先代が壺ごと持ち出して守り、その後も注ぎ足しながら受け継いでいるという。
久我山にある名居酒屋『器楽亭』が昨年オープンさせた博多水炊きの専門店。鶏ガラをずんどう鍋で7~8時間かけて強火で炊いた濃厚スープを、まずはひと口。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt