MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ネパールレストラン クンビラ(アジア・エスニック/恵比寿)|一スパイス&ハーブの鍋が美味しい軒家レストラン

ネパールレストラン クンビラ(アジア・エスニック/恵比寿)|一スパイス&ハーブの鍋が美味しい軒家レストラン

今年9月で開店40周年を迎えた同店。エキゾチックな雰囲気の店内でいただく医食同源のネパール料理が評判で、中でも名物がこのヒマラヤ鍋だ。

ネパールレストラン クンビラ(最寄駅:恵比寿駅)

約20種のスパイス&高山ハーブが利く!

ヒマラヤ岩塩の他、ウコンやクローブ、フェンネルなど約20種類の高山ハーブ&スパイスを惜しげなく使ったスープは、まろやかな旨みがあり栄養満点。このスープで2日間煮込んだ鶏肉は柔らかく、ほうれん草やニラなど野菜もたっぷりでとてもヘルシー。シメの雑炊を食べる頃には身体の芯からポカポカと温まり、幸せな気分に浸れる。

ヒマラヤ鍋コース(写真は2人前)
4500円

客席に運ばれた直後の鍋がこちら。この後、スタッフが鶏肉をほぐしてくれる

シメの雑炊はスープがご飯に染みて旨い! きしめんのような手打うどんも選べる

コースは2日前の22時までに要予約で2名から注文可能。鍋とシメの他、前菜、野菜料理、肉料理、日替わりデザートが付く

お店からの一言

スタッフ サントスさん

「ナマステー!身体にやさしい本格ネパール料理を味わってください」

ネパールレストラン クンビラの店舗情報

[住所]東京都渋谷区恵比寿南1-9-11 [TEL]03-3719-6115 [営業時間]11時半~14時半LO、17時~22時半LO、土・日・祝11時半~22時半LO(全ディナーメニュー対応可)※ランチタイム有 [休日]無休(年末年始を除く) [席]全108席/完全分煙/予約可/カード可/サなし、お通し代300円別 [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅西口から徒歩3分


電話番号 03-3719-6115

撮影/小島 昇 取材/松田有美

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
インド料理店は都内に数あれど、同店はスパイスやハーブの香りが爽やかで鮮烈。それもそのはず、ビリヤニには17種ものスパイスが入り、ランチメニューにはインド現地でも希少な「ジャッキャ」という香り高いスパイスを必ず盛り込んでいるのだという。
巣鴨エリアの「シリンゴル」の「モンゴル鍋」に関するグルメ記事と写真のページ。モンゴル語で野菜という意味の“ホイツァイ”。かの地で貴重な食材の野菜を入れるこの鍋は、宮廷料理だったそうだ。
 タイやインドネシア、ベトナム、中国などアジア各国料理をAOC流にアレンジ。スパイスが香る本格派ながら、どこか華やかでワインやカクテルに合うと評判だ。Asian Cuisine A.O.C.(アジアン キュイジーヌ エー・オー・シー)
渋谷神泉「パッポンキッチン(PAPPON KITCHEN)」のシェフはタイ・バンコクのレストランで11年、日本のレストランで16年間、腕を磨いた。タイ人のデンチャイさんが提供するのは、タイの一般市民が食べている日常食で日本では希少な料理が並ぶ。辛さは現地よりややマイルドに仕上げている。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
221views F&D 最新情報

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt