MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ネパールレストラン クンビラ(アジア・エスニック/恵比寿)|一スパイス&ハーブの鍋が美味しい軒家レストラン

ネパールレストラン クンビラ(アジア・エスニック/恵比寿)|一スパイス&ハーブの鍋が美味しい軒家レストラン

今年9月で開店40周年を迎えた同店。エキゾチックな雰囲気の店内でいただく医食同源のネパール料理が評判で、中でも名物がこのヒマラヤ鍋だ。

ネパールレストラン クンビラ(最寄駅:恵比寿駅)

約20種のスパイス&高山ハーブが利く!

ヒマラヤ岩塩の他、ウコンやクローブ、フェンネルなど約20種類の高山ハーブ&スパイスを惜しげなく使ったスープは、まろやかな旨みがあり栄養満点。このスープで2日間煮込んだ鶏肉は柔らかく、ほうれん草やニラなど野菜もたっぷりでとてもヘルシー。シメの雑炊を食べる頃には身体の芯からポカポカと温まり、幸せな気分に浸れる。

ヒマラヤ鍋コース(写真は2人前)
4500円

客席に運ばれた直後の鍋がこちら。この後、スタッフが鶏肉をほぐしてくれる

シメの雑炊はスープがご飯に染みて旨い! きしめんのような手打うどんも選べる

コースは2日前の22時までに要予約で2名から注文可能。鍋とシメの他、前菜、野菜料理、肉料理、日替わりデザートが付く

お店からの一言

スタッフ サントスさん

「ナマステー!身体にやさしい本格ネパール料理を味わってください」

ネパールレストラン クンビラの店舗情報

[住所]東京都渋谷区恵比寿南1-9-11 [TEL]03-3719-6115 [営業時間]11時半~14時半LO、17時~22時半LO、土・日・祝11時半~22時半LO(全ディナーメニュー対応可)※ランチタイム有 [休日]無休(年末年始を除く) [席]全108席/完全分煙/予約可/カード可/サなし、お通し代300円別 [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅西口から徒歩3分


電話番号 03-3719-6115

撮影/小島 昇 取材/松田有美

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
インド料理店は都内に数あれど、同店はスパイスやハーブの香りが爽やかで鮮烈。それもそのはず、ビリヤニには17種ものスパイスが入り、ランチメニューにはインド現地でも希少な「ジャッキャ」という香り高いスパイスを必ず盛り込んでいるのだという。
巣鴨エリアの「シリンゴル」の「モンゴル鍋」に関するグルメ記事と写真のページ。モンゴル語で野菜という意味の“ホイツァイ”。かの地で貴重な食材の野菜を入れるこの鍋は、宮廷料理だったそうだ。
 タイやインドネシア、ベトナム、中国などアジア各国料理をAOC流にアレンジ。スパイスが香る本格派ながら、どこか華やかでワインやカクテルに合うと評判だ。Asian Cuisine A.O.C.(アジアン キュイジーヌ エー・オー・シー)
渋谷神泉「パッポンキッチン(PAPPON KITCHEN)」のシェフはタイ・バンコクのレストランで11年、日本のレストランで16年間、腕を磨いた。タイ人のデンチャイさんが提供するのは、タイの一般市民が食べている日常食で日本では希少な料理が並ぶ。辛さは現地よりややマイルドに仕上げている。
店主の飽くなき研究で供される寿司にハマる人、続出。赤身のヅケに福井県の地がらしをちょんと乗せたり、赤貝を昆布〆にしてみたり。
どこまでも深いスープにフルフルの豆腐、そこへ辛さの刺激が追っかける! 寒さ増すこの時期にピッタリの韓国鍋で体の中から温まろう。
船橋の『まるは』グループが、「日本近海の海の幸を使った鮮魚ラーメン」を引っ提げて東京に進出。割烹料理や大衆居酒屋も営むことから、市場との伝手を生かした、他店では食べられないような贅沢な一杯を目指す。
上質なスイーツはもちろん、ヴィエノワズリーも頂上レベルのこちら。この「パン・オ・レザン」は、ブリオッシュ生地にラムの香り豊かなレーズンが巻かれ、噛んだ瞬間からその甘美な世界にうっとり。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル