MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
赤坂 あじる亭(ビストロ/赤坂見附)|駅からスグ!本格欧風料理と世界各国のワインが楽しめる居酒屋☆

赤坂 あじる亭(ビストロ/赤坂見附)|駅からスグ!本格欧風料理と世界各国のワインが楽しめる居酒屋☆

ワイワイ、カチャカチャ。ビストロらしい賑わいが似合う店だ。メニューには「フランスの片田舎にあるようなワイン居酒屋」とあり、気取りなく、一方でワインに対して気の利いたアテが揃っている。

赤坂 あじる亭(最寄駅:赤坂見附駅)

気の利いたアテが楽しいワイン居酒屋

赤坂見附駅直近ながら、席数も多く、値頃感のある価格で、使い勝手抜群なのも魅力だ。世界中のワインが300~400本揃うといい、スタッフは全員がソムリエ。好みを言えば随時ボトルを開けてグラスで出してくれることも。ジューシーに焼き上げられた肉、バルサミコやオリーブオイルが利いた料理などに食欲を刺激され、楽しい夜となるはずだ。

秋サワラのたたきサラダ仕立て、カナダ産牛ハラミのステーキ、渋谷チーズスタンドのモッツァレラチーズと柿のカプレーゼ
1280円、1800円(250g)、1200円

炙ったサワラにバルサミコと醤油、シチリアのオリーブオイルがばっちり。牛肉はオニオンでマリネして柔らかく焼き上げられている

左/シャトー フルール・オ・ゴーサン、中/クードレ ヴィオニエ、右/バスカルロン
5000円、4000円、4000円

ボトルのほかグラスワインの種類も豊富。750円~

お店からの一言

店長 小巻秀人さん

「豊富なワインと季節の黒板メニューもお楽しみに」

赤坂 あじる亭の店舗情報

[住所]東京都港区赤坂3-10-4 月世界ビル2階 [TEL]03-3505-2399 [営業時間]17時半~24時(23時半LO)、金は~翌2時(翌1時LO) [休日]日・祝 [席]カウンターあり、全40席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代270円別(パン付き) [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか赤坂見附駅10番出口から徒歩1分


電話番号 03-3505-2399

撮影/西﨑進也 文/池田一郎

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ご覧の通りのシンプルな店名。それは「ビストロ」って言葉があまり知られていなかった昭和58年から店を営んできたから。
台湾の“獅子頭”、スウェーデンの“ショットブッラル”、トルコの“キョフテ”などに代表される、いわゆるミートボールはワールドワイドな人気者。それを主役にしたのがこちらの店だ。
近くの海で獲れる魚介や旬の野菜を生かした、熱海ならではのフレンチ。シェフの福本さんは静岡県三島の調理師学校で長年講師を務めたキャリアの持ち主。
道玄坂から神泉駅に向かう通り沿いにある、古い一軒家を改築したビストロだ。メニューには広島・岡山を中心とした備後地方の食材をふんだんに使用した料理が並んでいる。
皿によそられ出てきたときの興奮度は半端ない。魚介と野菜の色あざやかなルックス。
どこまでも深いスープにフルフルの豆腐、そこへ辛さの刺激が追っかける! 寒さ増すこの時期にピッタリの韓国鍋で体の中から温まろう。
船橋の『まるは』グループが、「日本近海の海の幸を使った鮮魚ラーメン」を引っ提げて東京に進出。割烹料理や大衆居酒屋も営むことから、市場との伝手を生かした、他店では食べられないような贅沢な一杯を目指す。
上質なスイーツはもちろん、ヴィエノワズリーも頂上レベルのこちら。この「パン・オ・レザン」は、ブリオッシュ生地にラムの香り豊かなレーズンが巻かれ、噛んだ瞬間からその甘美な世界にうっとり。
中華料理店として1962年に創業し、2代目の初博さんにより'75年に業態変更。それ以来、蕎麦と中華、オツなつまみが並ぶハイブリット系蕎麦店として愛されている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル