MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ブッチャーヤマモト&ドーターズ(フレンチ/恵比寿)|フレンチ出身シェフの絶品肉料理とワインで至福の一時

ブッチャーヤマモト&ドーターズ(フレンチ/恵比寿)|フレンチ出身シェフの絶品肉料理とワインで至福の一時

ワインでお肉。言うまでもなくシアワセな組み合わせだが、それをリーズナブルに満喫してもらいたいという明快さがいい。

perm_media 《画像ギャラリー》ブッチャーヤマモト&ドーターズ(フレンチ/恵比寿)|フレンチ出身シェフの絶品肉料理とワインで至福の一時の画像をチェック! navigate_next

ブッチャーヤマモト&ドーターズ(最寄駅:恵比寿駅)

ワイン×肉焼き加減絶妙な明快な旨さ

店主の山本さんは、フレンチの名店『ひらまつ』に長年いた方で、店名にもある通りの肉マスターだ。見逃せないのは、「お肉は大きな塊で焼いたほうがより美味しい」という炭焼きグリル。炭火の強火で焼かれた赤身は、表面こんがり、中はこれぞ! のミディアムレアでたまらん旨さ。で、これが焼き上がるまでの間は、串焼きで少しずついろんな部位を味わうのがおすすめだ。ハツ、テール、極上イチボ……、部位によって加減するという火の入れ具合がまたイイ。ワインはグラスもあるが、リーズナブルで飲みやすい、肉に合う赤が揃っているから店主に相談してボトルを選ぶのも◎だ。

炭焼きグリル赤身(ランプ)、串焼き盛り合わせ(内ハラミ、タン、上ミノ)、ドライトマト+ブラータチーズ、キャロットラペ
2592円(150g)、1566円、378円、324円

炭焼きグリルは100gから50g単位でオーダーできる。まずはぜひ塩だけで。黒毛和牛の串焼きは、好みの部位を1本ずつから注文可。小さなポーションでワインに合うサイドメニューも各種

ボトルに値段が書き込まれた、ジャケットも楽しい自然派ワインが並ぶ

お店からの一言

店主 山本洋史さん

「塊で焼いたお肉の美味しさをぜひ!」

ブッチャーヤマモト&ドーターズの店舗情報

[住所]東京都渋谷区恵比寿西1-13-5 [TEL]03-6809-0366 [営業時間]17時~23時LO [休日]日(月が祝日の場合は月休) [席]カウンターあり、全12席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅西口から徒歩3分


電話番号 03-6809-0366

撮影/西﨑進也 文/池田一郎

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
市場では仔牛を産んだことのない未経産牛が最も価値が高いと言われている。が、果たしてそれは本物の旨さなのか? 
ミシュランで三ツ星を獲得し続ける名店の味を肩肘張らない雰囲気の中いただける。最大の魅力は旬の素材の美味しさをシンプルな調理法で引き出した料理たち。
「冬には温かい料理を何か用意しておきたいですね」という料理長横山さん。「仔牛のクリーム煮込み」も毎年のように作るという。
皿のキャンバスに配した料理はまるでアート。なんて気取ってみたら店主の椿さん、「ただ収まりよくしてるだけです(笑)」とサラリ。
滋賀の食材をメインにしたビストロで、記憶に刻まれるひと皿に出合った。それが近江牛の炭火焼き。中心温度を45℃前後に保ちつつ、炭火に乗せて、休ませてを繰り返すこと3~4回。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。様々なYouTuberがいますが、今回紹介する方はおっさんサラリーマン! その名も大西 祐次郎。ダジャレを炸裂しつつも、実は料理を美味しそ〜うに撮る実力者なのです。
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。
お小遣いの少ない飲み助にとって、家呑み用ツマミとして自由に買えるナンバー1は駄菓子なのではないか! とはいえ、そのまま食べるのも大人としていかがなものか!! ライター・カーツさとうが駄菓子を使った一品料理を考案。レシピ、動画付きでお届けします。
南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル