MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ブッチャーヤマモト&ドーターズ(フレンチ/恵比寿)|フレンチ出身シェフの絶品肉料理とワインで至福の一時

ブッチャーヤマモト&ドーターズ(フレンチ/恵比寿)|フレンチ出身シェフの絶品肉料理とワインで至福の一時

ワインでお肉。言うまでもなくシアワセな組み合わせだが、それをリーズナブルに満喫してもらいたいという明快さがいい。

perm_media 《画像ギャラリー》ブッチャーヤマモト&ドーターズ(フレンチ/恵比寿)|フレンチ出身シェフの絶品肉料理とワインで至福の一時の画像をチェック! navigate_next

ブッチャーヤマモト&ドーターズ(最寄駅:恵比寿駅)

ワイン×肉焼き加減絶妙な明快な旨さ

店主の山本さんは、フレンチの名店『ひらまつ』に長年いた方で、店名にもある通りの肉マスターだ。見逃せないのは、「お肉は大きな塊で焼いたほうがより美味しい」という炭焼きグリル。炭火の強火で焼かれた赤身は、表面こんがり、中はこれぞ! のミディアムレアでたまらん旨さ。で、これが焼き上がるまでの間は、串焼きで少しずついろんな部位を味わうのがおすすめだ。ハツ、テール、極上イチボ……、部位によって加減するという火の入れ具合がまたイイ。ワインはグラスもあるが、リーズナブルで飲みやすい、肉に合う赤が揃っているから店主に相談してボトルを選ぶのも◎だ。

炭焼きグリル赤身(ランプ)、串焼き盛り合わせ(内ハラミ、タン、上ミノ)、ドライトマト+ブラータチーズ、キャロットラペ
2592円(150g)、1566円、378円、324円

炭焼きグリルは100gから50g単位でオーダーできる。まずはぜひ塩だけで。黒毛和牛の串焼きは、好みの部位を1本ずつから注文可。小さなポーションでワインに合うサイドメニューも各種

ボトルに値段が書き込まれた、ジャケットも楽しい自然派ワインが並ぶ

お店からの一言

店主 山本洋史さん

「塊で焼いたお肉の美味しさをぜひ!」

ブッチャーヤマモト&ドーターズの店舗情報

[住所]東京都渋谷区恵比寿西1-13-5 [TEL]03-6809-0366 [営業時間]17時~23時LO [休日]日(月が祝日の場合は月休) [席]カウンターあり、全12席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅西口から徒歩3分


電話番号 03-6809-0366

撮影/西﨑進也 文/池田一郎

2018年12月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
市場では仔牛を産んだことのない未経産牛が最も価値が高いと言われている。が、果たしてそれは本物の旨さなのか? 
ミシュランで三ツ星を獲得し続ける名店の味を肩肘張らない雰囲気の中いただける。最大の魅力は旬の素材の美味しさをシンプルな調理法で引き出した料理たち。
「冬には温かい料理を何か用意しておきたいですね」という料理長横山さん。「仔牛のクリーム煮込み」も毎年のように作るという。
皿のキャンバスに配した料理はまるでアート。なんて気取ってみたら店主の椿さん、「ただ収まりよくしてるだけです(笑)」とサラリ。
滋賀の食材をメインにしたビストロで、記憶に刻まれるひと皿に出合った。それが近江牛の炭火焼き。中心温度を45℃前後に保ちつつ、炭火に乗せて、休ませてを繰り返すこと3~4回。
最新記事
日本在住のロンドンっ子たちの間で話題になっているお店が表参道にオープン。その名は『リナストアズ』。ロンドンのソーホー地区で1944年に創業し、今もなお人気を誇るイタリアンデリカテッセン&レストランです。英国外初の出店となる1号店に伺いました。
琥珀色の米粒から、ぷぅ~んと匂い立つ醤油の香ばしさ。1929年の開業時から受け継がれた味だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル