MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
高円寺「天すけ」の「玉子ランチ」のグルメ記事

高円寺「天すけ」の「玉子ランチ」のグルメ記事

高円寺をグルメライターが食べ歩いて見つけた「天すけ」!高円寺で結構な行列店だが、ここは辛抱して並びたい。回転が速いため、思いのほか早く入店できる。[アクセス]JR中央線高円寺駅北口から徒歩3分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》高円寺「天すけ」の「玉子ランチ」のグルメ記事の画像をチェック! navigate_next

天すけ(最寄駅:高円寺駅)

大衆天ぷら店「天すけ」の心意気!昼なら断然「玉子ランチ」

ここでは昼なら断然「玉子ランチ」をおすすめしたい。

注文が入るや、店主は生卵を油にジュワッと割り入れ、殻を後ろへヒョイッと投げて、バットへイン。

「これはストレート投げ」。

さらに次の一投は壁のクッションを利用して、これもイン。

「これが壁ドンです」と、いい笑顔だ。

ワクワク感が最高潮に達したところで、できたての玉子天ぷらご飯をほおばる。サクサクの衣と甘だれをまとった玉子と少し固めのご飯の相性は抜群。ふっくら肉厚のイカ、エビがごろごろと入ったかき揚げにかぶりつき、玉子飯をかき込む……そんな、話す必要のないこのひとりの時間が、今日はうれしい。

「玉子ランチ」
1,300円

「玉子ランチ」(1300円)は玉子の天ぷらがのったご飯にエビ、イカ、キス、ブロッコリーなどの天ぷら7点、味噌汁がつく。破格!

目にも楽しい鮎の姿揚げ
1000円

目にも楽しい鮎の姿揚げ1000円。程よい苦みがたまらない

オリジナルの「あぼかどうに」
1,000円

オリジナルの「あぼかどうに」(1000円)は、パリッと揚がった海苔にとろとろのウニとアボカドがたっぷり。本わさびと醤油でいただく

天すけ

■『天すけ』
[住所]東京都杉並区高円寺北3-22-7 プラザ高円寺1F
[TEL]03-3223-8505 
[営業時間]12時〜14時、18時〜22時 ※昼は時間内に並んだ人まで ※ランチタイム有
[休日]月曜日
[座席]カウンター12席/カード不可/予約不可/サなし 
[アクセス]JR中央線高円寺駅北口から徒歩3分

電話番号 03-3223-8505
2015年9月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
コースの幕開けに差し出される活エビの、ピンッと開いた尾扇まで何と美麗なこと。飾り包丁でシャレた装いのナスはみずみずしさを内に秘め、捌きたての穴子は醤油、塩、天つゆの味の変化で楽しませる。
様々な飲食店が集まる博多に、初の専門店がオープン。それはアジフライ。お昼は定食一本という力の入れようで、実は早くも行列ができるほど人気を集めている。その秘密を探った。
創業130年以上の歴史におごることなく挑戦を惜しまない5代目の飯田さん。十数年前に考案した「かきあげあんかけ天丼」がじわじわ人気沸騰中だ。
「天ぷらは揚げ手の心が表れる」とは創業92年の看板を守る店主、鈴木さんのお言葉。刻々と変わる素材、衣、油の状態を把握し、常に同じ仕上がりになるよう仕事を施すのが先代からの教えだ。
最新記事
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「ホルモンしま田」。前回に引き続き、飲食店系Youtuber。肉のプロならではのレシピや実験・検証動画がすこぶる面白いという。チャンネル登録者数も急上昇です!
この連載では、20年ほど前、世界一周の旅の途中で体験した「へんな夜」について綴っています。ドレーク海峡編に続き、第2夜はルーマニアの民家で見た驚きのベッドルームについて前編・後編に分けてお届けします。
釧路の長昆布、原木シイタケ、枕崎産の本枯節を厚削りにし、約10時間かけて旨みを抽出したダシが味の肝。三輪素麺や小豆島のオリーブ素麺など各地のそうめんやオリジナリティ全開のフォーがいただけて、ダシ好き、麺好きの私は舌と心を鷲掴みにされてしまった。
あいがけのひと品から抜け出し、それだけですこぶる美味しいと、今、キーマカレーが人気上昇中だ。そこでキーマを味わうならここ!的な三ツ星店を集めてみました。個性あふれる味わいに悶絶必至です。
看板商品の「デミグラスソース」と、トマトの甘みと酸味のバランスが絶妙な「トマトソース」の2種のミートソースをメインに、四季ごとの季節限定メニューを展開する。味のベースとなる自家製フォンは、焼き上げた牛骨と野菜から旨みを抽出して凝縮。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル