MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
HIGHBALL BAR 東京駅 1923(バー/東京)|最高品質のハイボールとボリューム満点自家製料理をリーズナブルに☆

HIGHBALL BAR 東京駅 1923(バー/東京)|最高品質のハイボールとボリューム満点自家製料理をリーズナブルに☆

天然水の強炭酸ソーダと溶けにくい特製氷で作った、冴えた飲み口のハイボールがなんと30種類以上! 

perm_media 《画像ギャラリー》HIGHBALL BAR 東京駅 1923(バー/東京)|最高品質のハイボールとボリューム満点自家製料理をリーズナブルに☆の画像をチェック! navigate_next

HIGHBALL BAR 東京駅 1923(最寄駅:東京駅)

カウンターでテーブルで極上のハイボールをキュッ

国産、バーボン、スコッチなど各国のウイスキーを揃え、さらには生姜や季節の果実、コーヒーで香り漬けしたオリジナルのフレーバーハイボールも。料理はランチでも人気のナポリタンを筆頭に、ハムカツ、ミックスピザといった懐かしのラインナップが心をくすぐる。行きつけにするならば、銅製のMyマグカップ(2160円)の購入がおすすめ。専用棚でキープし、冷え冷えの1杯をいつでも味わえる。

a.東京駅ハイボール、b.復刻版角ハイボール、c.珈琲ドリップハイボール
637円、594円、702円

a.メーカーズマークを特製ソーダで割って、ライムピールで爽やかに香りづけ b.昭和20年代の味を再現した復刻版角瓶を使用。スモーキーな香りあふれる武骨な旨さだ c.12時間以上かけてウイスキーでコーヒーを抽出。ほろ苦いオリジナルハイボールだ

肉厚チキンカツサンド、燻玉ポテトサラダ
810円、540円

いぶりがっこやベーコン入りの贅沢ポテサラ。チキンカツサンドは分厚いムネ肉とトーストで大満足のボリュームだ

ナポリタン ジャンボ
980円(夜は1080円)

水漬けしてから茹でたパスタはモチモチ感たっぷり。並サイズは麺400gで写真は800g

お店からの一言

店長 山道希望さん

「専門店が作るハイボールはひと味違います!」

HIGHBALL BAR 東京駅 1923の店舗情報

[住所]

東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街2階 東京グルメゾン [TEL]03-6551-2014 [営業時間]11時~23時(22時半LO)、日・祝11時~22時(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンターあり、全48席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、チャージ540円別 [交通アクセス]八重洲北口改札から徒歩1分


電話番号 03-6551-2014

撮影/瀧澤晃一 取材/菜々山いく子

2019年1月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
日本各地の7つの蔵元とコラボし、日比谷バーがプロデュース。世界初の“日本酒カクテル”専門バーだ。
旬の食材を生かした活気溢れる熊谷シェフの一皿ひと皿に、店主の赤星氏がピンポイントで合わせる日本酒のペアリングがキレキレだ。食材の食感や香り、旨みや酸味等々と日本酒がピタッと調和して響き合う。
日本酒の聖地と称される大塚。でもワインの店だって、続々と誕生しているのだ。
カウンター7席のナチュラルワインバー。店をひとりで切り盛りする女性店主は元パティシエール。
シードルとウイスキーを愛する店主・藤井さんが2015年に開いたバー。午後3時から営業しているのも魅力で、シードルはグラスでも楽しめるほか、料理も充実。
福岡を代表するサバ料理といえば、サバの刺身を醤油ベースのたれ、白ごま、薬味であえた「ごまさば」。 でも、あんなすばらしい味は福岡に行かなければ到底ムリ(涙)と思っていたら……。 「東京都内で福岡の料理を提供しているお店の多くに、ごまさばがありますよ」と、Facebookグループ『東京にある福岡のお店に行こう』発起人の宮脇さんが情報を提供してくれた。
自宅での晩酌やリモート飲みも増え、自宅用の酒肴が欠かせない今日この頃。ウニの濃厚さとからすみの塩気が絶妙な『天草産うにからすみ』や、焼くだけで至福の味わい『広島産 殻付きかきグラタン』等、見た目も味も抜群な通販商品を、厳選してご紹介します!
台湾の軽食や甘味が楽しめる。豆乳プリン・豆花に舌鼓を打つのもいいが、寒い冬には「鹹豆漿」がおすすめ。
城下町である松本は喫茶店やカフェが多いことで知られている。特に人気があるのが女鳥羽川沿いにある珈琲まるも。
毎年数百軒のお店を紹介している雑誌「おとなの週末」編集部が、2021年に飲食業界でブレイクするフード・ドリンク、業態を勝手に大予想。信じるか信じないかはあなた次第です……。
458views コラム

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル