MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
MENSHO SANFRANCISCO(ラーメン/新宿)|新宿ミロード内のお洒落ラーメン!名物は「A5黒毛和牛醤油らぁめん」

MENSHO SANFRANCISCO(ラーメン/新宿)|新宿ミロード内のお洒落ラーメン!名物は「A5黒毛和牛醤油らぁめん」

写真を見て驚かないでほしい。そう、丼を覆い尽くすのはピンク色に輝くA5黒毛和牛のリブロース。

MENSHO SANFRANCISCO(最寄駅:新宿駅)

目を奪われる圧巻の黒毛和牛 海外逆輸入の実力の一杯

それはとろけるように柔らかく、大判で食べ応えも充分だ。さらに下に控えるカツオベースのスープと石臼挽きの小麦を使った自家製麺が全体の調和を生み出し、ビジュアルだけでない真の実力を感じさせる。それもそのはずコチラはラーメンクリエイターで代表の庄野さんがアメリカ西海岸で成功させた行列店の凱旋店。和食材の魅力をラーメンで伝えるべく魂込めた一杯なのだ。圧巻の肉オーラを新宿で体感せよ!

A5黒毛和牛醤油らぁめん
1950円

鹿児島県産のA5黒毛和牛を低温調理で柔らかく仕上げた肉には小豆島の3年熟成粉醤油と柚子を添えている。旨みと酸味のバランスがいいスープは牛肉と相性がいいようカツオ節メインの魚介ベースに。麺は栄養価の高いキヌアを練り込んだ手揉みの自家製

鶏白湯らぁめん
860円

看板メニュー。丸鶏などで仕込んだスープに豆乳クリームでコクを出したヘルシーな味。西海岸の店は2年連続でミシュランUSAに掲載され、2時間待ちもある大行列店

お店からの一言

ラーメンクリエイター 庄野智治さん

「看板メニューの鶏白湯味や抹茶風味のラーメンも人気です」

MENSHO SANFRANCISCOの店舗情報

[住所]東京都新宿区西新宿1-1-3 新宿ミロード7階 [TEL]03-6304-5120 [営業時間]11時~23時(22時半LO)※ランチタイム有 [休日]無休(施設に準ずる) [席]カウンターあり、テーブルあり、全33席/全席禁煙/予約不可/カード可/サなし [交通アクセス]JR山手線新宿駅南口直結


電話番号 03-6304-5120

撮影/大西尚明 取材/肥田木奈々

2019年2月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
駒沢のワインバー『Centro Storico』で評判だった鯛ラーメンが専門店に。修業先であるイタリアの星付きレストランで覚えた“真鯛のパスタ” を基に、イタリアンの技法や発想をちりばめたかつてない鯛ラーメンを完成させた。
店主・関口さんはソルトコーディネーターでもある塩のスペシャリスト。高知県産の4種に、複雑味を生むベトナム産の計5種類の天日塩をブレンドしたタレは、旨みや甘みを含んだ柔らかなタッチ。
もとは約70年続いた中華料理店。3代目が一念発起し、ラーメン専門店として2年前に再出発した。
キレのある辛さと爽やかな香りが舌と鼻腔をガツンと刺激! 池袋『桑ばら』、神田『MANNISH』という人気店2軒がコラボして昨年7月に誕生した。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。
長い玉子焼きを、キューブ状にカットして食べやすくした商品。ほんのりささやかな甘みの中に、風味豊かな青海苔が混ぜ込まれ、後味はさっぱり爽やか。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt