MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
来集軒(ラーメン/浅草)|有名な老舗ラーメン店!昭和レトロなラーメンに癒されること間違いなし♪

来集軒(ラーメン/浅草)|有名な老舗ラーメン店!昭和レトロなラーメンに癒されること間違いなし♪

いつもそこにある安定の旨さ。これが結構難しい。

perm_media 《画像ギャラリー》来集軒(ラーメン/浅草)|有名な老舗ラーメン店!昭和レトロなラーメンに癒されること間違いなし♪の画像をチェック! navigate_next

来集軒(最寄駅:浅草駅)

数々の著名人も虜にする変わらない誠実な味

代が変われば味も微妙に変わるもの。3代目の落合秀実さんが亡き父の後を継いだ後、自信をもらった言葉が昔からの常連客、林家正蔵師匠のひと言だった。「親父さんと同じ味だから大丈夫、頑張って」。レシピはないため仕事を見て覚えた感覚で味を守っている。ラーメンのスープは豚骨と鶏ガラ、野菜のダシに生醤油で仕込むチャーシューの煮汁を加えた伝統の味。麺は親戚が営む製麺所が特別に作る手揉みのちぢれ麺だ。凹凸のある麺がスープによく絡み、店の味を支えている。

モヤシそば
850円

定番のラーメンにモヤシやキクラゲなどを炒めてとろみをつけた餡をのせる。スープの絡みがいい手揉み麺も特徴

シューマイ
550円

豚肉と玉ネギとつなぎのみで作るシューマイも人気。店は「すぐ食べられてお腹を満たすラーメン店が人の役に立つ」と創業

来集軒の店舗情報

[住所]東京都台東区西浅草2-26-3 [TEL]03-3844-7409 [営業時間]12時~19時(材料が無くなり次第終了)※ランチタイム有 [休日]火(不定休あり) [席]全22席/全席喫煙可/予約不可/カード不可/サなし [交通アクセス]地下鉄銀座線田原町駅3番出口から徒歩5分、つくばエクスプレス浅草駅A2出口から徒歩2分


電話番号 03-3844-7409

撮影/瀧澤晃一 取材/肥田木奈々

2019年2月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
チャーハンとラーメンのセット、略して“チャーラー”。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介! 今回は名古屋市中村区の中華料理店。思い出の味というチャーラーとは。
店主・本山さんが育った町名を冠した店のイチ押しは、郷里・北海道の白2種と赤1種をブレンドした味噌ラーメン。コクある甘みにラードで炒めたニンニクと玉ネギの香ばしさがふわり漂うスープは、濃厚そうな見た目とは裏腹に、実にやさしい味わいだ。
「ジロリアン」とも呼ばれる熱狂的なファンを持ち、首都圏を中心に約40もの直系店舗がある「ラーメン二郎」。その超人気ラーメン店をこよなく愛し、1人では行きづらいと思っている客の“ガイド役”を買って出ている学生がいます。早稲田大学の大学院修士1年の「清水くん」です。2020年1月からラーメン二郎に一緒について行く「レンタル二郎食べる人」のサービスを開始。160人以上をラーメン二郎に導きました。その“カリスマジロリアン”のインタビュー前編です。
麺モノはまさしくタンメンのみ。昼時ともなればこの一杯を求め、新橋界隈のビジネスマンが行列を作るのだ。
琥珀色のスープに映える黄が鮮やかな薄焼き卵、青菜の青、中央にあしらうナルトまで、完璧に配された見た目と味、その全ての要素が90年近く受け継がれる店の源、中華そばだ。作り上げたのは店主・久保さんの祖父である初代。
最新記事
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「ホルモンしま田」。前回に引き続き、飲食店系Youtuber。肉のプロならではのレシピや実験・検証動画がすこぶる面白いという。チャンネル登録者数も急上昇です!
この連載では、20年ほど前、世界一周の旅の途中で体験した「へんな夜」について綴っています。ドレーク海峡編に続き、第2夜はルーマニアの民家で見た驚きのベッドルームについて前編・後編に分けてお届けします。
釧路の長昆布、原木シイタケ、枕崎産の本枯節を厚削りにし、約10時間かけて旨みを抽出したダシが味の肝。三輪素麺や小豆島のオリーブ素麺など各地のそうめんやオリジナリティ全開のフォーがいただけて、ダシ好き、麺好きの私は舌と心を鷲掴みにされてしまった。
あいがけのひと品から抜け出し、それだけですこぶる美味しいと、今、キーマカレーが人気上昇中だ。そこでキーマを味わうならここ!的な三ツ星店を集めてみました。個性あふれる味わいに悶絶必至です。
看板商品の「デミグラスソース」と、トマトの甘みと酸味のバランスが絶妙な「トマトソース」の2種のミートソースをメインに、四季ごとの季節限定メニューを展開する。味のベースとなる自家製フォンは、焼き上げた牛骨と野菜から旨みを抽出して凝縮。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル