MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
29ロティ(肉料理/大塚)|生ハムと燗酒が出合う

29ロティ(肉料理/大塚)|生ハムと燗酒が出合う

大塚の肉料理店「29ロティ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。燗酒と生ハム。この素晴らしき世界を教えてくれたのが、「29ロティ」の江澤雅俊さんだ。29ロティ[交]JR山手線大塚駅北口から徒歩6分

perm_media 《画像ギャラリー》29ロティ(肉料理/大塚)|生ハムと燗酒が出合うの画像をチェック! navigate_next

29ロティ(最寄駅:大塚駅)

生ハムと燗酒が出合う、懐深く心やさしい酒場

「塩、コショウの味付けなら、肉には赤ワインより日本酒が合うと思うんです」と江澤さん。タンドリーキチンやハトの料理にも、さらりと燗酒を合わせてしまうそのセンスに脱帽する。まずは、本場イタリアの上質な生ハムの盛り合わせを。専用のスライサーでごく薄くスライスした生ハムは、口の中で淡雪のように溶けて消える。少し水を加えた割水燗にしているのがポイントで、アルコールの辛みが薄れ、生ハムの旨みを柔らかく包み込む。お燗の熱で生ハムの脂がとろけると、もう至福だ。「お燗は日本酒の奥に隠れた旨みを開くもの」という江澤さん。温度ではなく味をみて、お燗の仕上がりを決めるという。さらに、食べている料理によっても温度を変えたり、割水をしたりと細やかに対処してくれる。 わずか9席と小箱ながらも、燗酒の無限の楽しさを体験できる懐の広い店なのだ。

生ハム3種
1800円

24ヶ月熟成のパルマの生ハム、豚の頬肉の生ハム・グアンチャーレ、オレンジの風味をつけたグラン・カッレ・アラランチャの盛り合わせ

天穏 生酛 無濾過純米酒 白ラベル
850円(一合)

窒息鳩 焼き
1900円(半身)

旨みが強い「竹鶴」などと楽しみたい

タンドリーチキン
1200円

付け合せはラ・フランス、セロリ、ルッコラのサラダ

29ロティの店舗情報

東京都豊島区南大塚1-23-8 はらだ荘1F ☎03-6902-1294 [営]18時~24時 [休]水 [席]カウンター5席、テーブル4席、計9席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ10%、お通し代別300円 [交]JR山手線大塚駅北口から徒歩6分

電話番号 03-6902-1294
2016年2月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」の看板メニューのひとつ「ロイヤルのオニオングラタンスープ」には、知る人ぞ知るエピソードがあります。今から67年前に来日したマリリン・モンローが愛した味だというのです。
全国の契約農家から直送される野菜を多用し、味わいや食感はもちろん、彩りも実に豊か。旬の野菜に応じてどんどんメニューが変わるのが魅力だ。
醤油は香り付け程度とシンプルな味付けの焼きめしは、噛むほどにご飯の甘みと、大きめにカットされ食感を残す玉ネギ、豚ロースの旨みがじんわりと広がる。そのあと引く味わいに、「ずっと噛み締めていたい」という衝動に駆られた。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル