MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
29ロティ(肉料理/大塚)|生ハムと燗酒が出合う

29ロティ(肉料理/大塚)|生ハムと燗酒が出合う

大塚の肉料理店「29ロティ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。燗酒と生ハム。この素晴らしき世界を教えてくれたのが、「29ロティ」の江澤雅俊さんだ。29ロティ[交]JR山手線大塚駅北口から徒歩6分

perm_media 《画像ギャラリー》29ロティ(肉料理/大塚)|生ハムと燗酒が出合うの画像をチェック! navigate_next

29ロティ(最寄駅:大塚駅)

生ハムと燗酒が出合う、懐深く心やさしい酒場

「塩、コショウの味付けなら、肉には赤ワインより日本酒が合うと思うんです」と江澤さん。タンドリーキチンやハトの料理にも、さらりと燗酒を合わせてしまうそのセンスに脱帽する。まずは、本場イタリアの上質な生ハムの盛り合わせを。専用のスライサーでごく薄くスライスした生ハムは、口の中で淡雪のように溶けて消える。少し水を加えた割水燗にしているのがポイントで、アルコールの辛みが薄れ、生ハムの旨みを柔らかく包み込む。お燗の熱で生ハムの脂がとろけると、もう至福だ。「お燗は日本酒の奥に隠れた旨みを開くもの」という江澤さん。温度ではなく味をみて、お燗の仕上がりを決めるという。さらに、食べている料理によっても温度を変えたり、割水をしたりと細やかに対処してくれる。 わずか9席と小箱ながらも、燗酒の無限の楽しさを体験できる懐の広い店なのだ。

生ハム3種
1800円

24ヶ月熟成のパルマの生ハム、豚の頬肉の生ハム・グアンチャーレ、オレンジの風味をつけたグラン・カッレ・アラランチャの盛り合わせ

天穏 生酛 無濾過純米酒 白ラベル
850円(一合)

窒息鳩 焼き
1900円(半身)

旨みが強い「竹鶴」などと楽しみたい

タンドリーチキン
1200円

付け合せはラ・フランス、セロリ、ルッコラのサラダ

29ロティの店舗情報

東京都豊島区南大塚1-23-8 はらだ荘1F ☎03-6902-1294 [営]18時~24時 [休]水 [席]カウンター5席、テーブル4席、計9席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ10%、お通し代別300円 [交]JR山手線大塚駅北口から徒歩6分

電話番号 03-6902-1294
2016年2月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」の看板メニューのひとつ「ロイヤルのオニオングラタンスープ」には、知る人ぞ知るエピソードがあります。今から67年前に来日したマリリン・モンローが愛した味だというのです。
全国の契約農家から直送される野菜を多用し、味わいや食感はもちろん、彩りも実に豊か。旬の野菜に応じてどんどんメニューが変わるのが魅力だ。
醤油は香り付け程度とシンプルな味付けの焼きめしは、噛むほどにご飯の甘みと、大きめにカットされ食感を残す玉ネギ、豚ロースの旨みがじんわりと広がる。そのあと引く味わいに、「ずっと噛み締めていたい」という衝動に駆られた。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最新記事
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
get_app
ダウンロードする
キャンセル