MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
らぁ麺 すぎ本(ラーメン/鷺ノ宮)|連日行列!故・佐野実氏の下で修行した店主の、心がこもったつけ麺!

らぁ麺 すぎ本(ラーメン/鷺ノ宮)|連日行列!故・佐野実氏の下で修行した店主の、心がこもったつけ麺!

店主の杉本さんは“ラーメンの鬼”と呼ばれた故・佐野実氏の下で約4年間修業した経歴の持ち主。旨い一杯への情熱は師匠譲り。

らぁ麺 すぎ本(最寄駅:鷺ノ宮駅)

自家製麺は小麦の風味、喉越し共に抜群! 魅惑の塩つけ麺を堪能

その味を求めて連日多くの客が足を運ぶ人気店だ。2018年4月には待望の自家製麺を開始。使う小麦は北海道産8割と外国産2割。師匠の製麺機を譲り受け、心を込めて作り上げる麺は小麦の風味と味を生かしながら、食感の良さも抜群だ。麺の凄さをダイレクトに味わうなら、つけ麺の塩がおすすめ。地鶏や豚骨、節類、貝など多重の旨みが醸す芳醇な塩味のスープに柚子が香り、思わず虜になる旨さである。

塩 特製つけ麺
1050円

チャーシューは豚肩ロースの煮豚と低温調理でローストポークのように仕上げたもの、しっとりした食感を生かした鶏ムネ肉の3種類。具は他に名古屋コーチンの味玉、ワンタン2個、穂先メンマ、小松菜、ネギ。つけ汁に柚子の果汁と揚げネギを加え、フレッシュな酸味とコクをプラスしている。麺は210g

醤油らぁ麺
750円

和歌山県の生醤油をメインに5種類の醤油を使い、キレのある味わい

お店からの一言

店主 杉本康介さん

「自分だけが出せる“味”を追求し旨い一杯をみなさまにお届けします」

らぁ麺 すぎ本の店舗情報

[住所]東京都中野区鷺宮4-2-3 [TEL]03-5356-6996 [営業時間]11時半~15時、18時~21時、月は昼のみ ※ランチタイム有 [休日]火(祝日の場合は営業、翌水休) [席]カウンターあり、全16席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交通アクセス]西武新宿線鷺ノ宮駅北口から徒歩1分


電話番号 03-5356-6996

撮影/小島 昇 取材/松田有美

2019年2月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
本郷三丁目の人気店『ねむ瑠』が手掛けるセカンドブランド。濃厚な“イカ煮干し”ラーメンで名を馳せる本店に対して、こちらは“カキ煮干し”ラーメンで注目を集めるが、店主の推しは “淡麗醤油”というから驚く。
シャキッと小気味いい野菜に、ゴツゴツとパワフルな縮れ麺。両者の相反する食感が、口の中で鮮やかに調和し引き立て合う。
桑名産ハマグリと宇和島直送の真鯛に、乾物からひいた和風ダシをあわせたトリプルスープ。そこに石臼挽き全粒粉をブレンドした自家製麺を浮かべた見事な一杯だ。
麺を持ち上げるとズッシリ重い。讃岐うどんさながらの剛麺ながらも、その口当たりはソフト。
店主の高崎さんには日本酒への愛が詰まっている。日本ワインを扱うのも、温度が上がっても美味しいことから「お燗に通じる」と思ったからとか。
全国にたくさんあるローカル私鉄、そのなかでもローカル指数一番!といえば銚子電鉄でしょう。 銚子駅から関東の東端の岬、犬吠埼(いぬぼうさき)の近くを通って終点の外川駅まで、全長6.4Kmの小さな路線。 決してラクではないといわれる銚子電鉄の経営難を支えているのが「おいしくて楽しいもの」……なんです。
調味料などのビンについている、樹脂キャップ。このキャップがなかなか外せないので、ゴミを捨てるときにいつも困っていたところで、ダイソーの『キャップはずし』を発見! 表示通り「スパッと外せる」なら便利やけん、さっそく使い心地を試してみたばい……。
蔵造りの町並みから少し入った、緑豊かな350坪の敷地内に、10席のみのカウンター席に、テーブル席、広々とした風情あふれる個室と3つの様式の客席を持つ。カウンター席では、お好み握りや写真のコースが注文できる。
皿によそられ出てきたときの興奮度は半端ない。魚介と野菜の色あざやかなルックス。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt