MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
大阪穴場グルメ_江戸時代より伝承のそばを受け継ぐ名店、いま話題のリンクス梅田に「そばよし LINKS UMEDA店」がオープン!/大阪ローカル穴場メシ情報[69]

大阪穴場グルメ_江戸時代より伝承のそばを受け継ぐ名店、いま話題のリンクス梅田に「そばよし LINKS UMEDA店」がオープン!/大阪ローカル穴場メシ情報[69]

創業して52年目。 その老舗そば店は、京都洛北の大幸寺にルーツがある。 時代は江戸まで遡る。300年以上伝承されてきた「そば打ち秘伝」「つけ汁仕立て御式」を受け継いだのが「そばよし LINKS UMEDA店」だ。

江戸時代より伝承のそばを受け継ぐ名店、いま話題のリンクス梅田に「そばよし LINKS UMEDA店」がオープン!



創業して52年目。

老舗そば店は、京都洛北の大幸寺にルーツがある。

時代は江戸まで遡る。

300年以上伝承されてきた「そば打ち秘伝」「つけ汁仕立て御式」を受け継いだのが「そばよし LINKS UMEDA店」だ。


「日々勉強ですね。
結局はお客様にどれだけ喜んでもらうか。
お店でいかに手間暇かけて要望に沿えるお品を出せるかが大切なんです。
関西はうどん文化ですが、そばを根付かせたいんです」(武田千春社長)

そばの前に付き出しの「牛肉ハリハリ」を食べて納得。


すこぶる旨いのだ。


そしてお待ちかねの「大盤振る舞い」(2680円)が登場。

右手奥に見えるのは、鮭がのった「石狩セイロ」。

こちらも同店の名物メニューで、そばが食べ放題。

聞けば20枚食べた強者がいるそうで……。


天ぷらや山芋、ナメコなど、三色の味つけ。

見た目から量の多さが気になったが、食べ始めるとペロリと完食。

数枚のお替わりを。

セイロ飯があまりにも旨くて次々と胃袋に放り込まれていった。

そばの香りも強く、胡麻をそばに練り込んだ「胡麻切りそば」や、よもぎを練り込んだ「よもぎうどん」などもあるという。


後日、再訪。

気になっていた「うなぎセイロセット」(1880円)を注文した。


セイロのうなぎはまろやかでなおかつ、ご飯にも旨みが凝縮。

身のほぐれ方がうな重とは異なり、柔らかさが際立つ。



この組み合わせ、ハズすワケがない。

今回もしっかりと完食して、セイロ飯とそばの、好相性の虜になってしまった。

そばよし LINKS UMEDA店
[住所]大阪市北区大深町1-1 ヨドバシ LINKS UMEDA 8階
[TEL]06-6373-1133
[営業時間]11:00~23:00
[定休日]なし







加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
ソウルミュージックバー「P-FUNK」のオーナー渡邉玲さんは、バーテンダーという顔以外にもこの町祇園では別の顔でも有名だ。 ダンサーという顔のほかに、ラジオDJやクラブディスコのイベントの司会など、その顔は多岐にわたる。 ムーディーな店内はソウルミュージックでフィーバー、ファンクな夜がやって来るのだ!
京都は祇園といえば敷居が高いと思われる人も多いだろう。 「MagicTable」は祇園でオープンして23年の老舗マジックバー。 オーナーの喜多充さんは、この世界では知らない人がいない有名人。 普段は一見お断りだが、このサイトを見た人なら今回は特別に入店可となった……。
京都は西大路。この地に日本酒専門店があるのをご存じか。 その店とは、国道171号線に面する酒場「まさよし」。 このお店、幅広い人脈やツテがないと入手できない銘酒が各種そろっているのだ……。 このお店を知らずして京都グルメを語ることなかれ。
ふらっと立ち寄ったお店で心がときめく瞬間がこれまで何度かある。 「ホテルの1階にこんなお店ができたんや。立ち飲み屋で日本酒も豊富そうやし、変わったお店やな……」 こう感じた店が、今回紹介する「ぽん酒マニア」。 確かオープン初日、もしくは翌日だったはずだ……。
夏到来! 今年はマスク必須でこれまで以上に厳しい暑さとの戦いになること必至です。そんなときはつるつるっといただける爽快感抜群の冷やし麺が一番!! 冷やし中華や冷麺、ラーメンに、蕎麦、うどん。すすりにすすって見つけた三ツ星麺をご覧あれ。ほか、夏に効く「辛くて旨いもの」、この夏食べたい「アイス&ソフトクリーム」特集もあります。
159views 本誌紹介
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt