MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
大阪穴場グルメ_江戸時代より伝承のそばを受け継ぐ名店、いま話題のリンクス梅田に「そばよし LINKS UMEDA店」がオープン!/大阪ローカル穴場メシ情報[69]

大阪穴場グルメ_江戸時代より伝承のそばを受け継ぐ名店、いま話題のリンクス梅田に「そばよし LINKS UMEDA店」がオープン!/大阪ローカル穴場メシ情報[69]

創業して52年目。 その老舗そば店は、京都洛北の大幸寺にルーツがある。 時代は江戸まで遡る。300年以上伝承されてきた「そば打ち秘伝」「つけ汁仕立て御式」を受け継いだのが「そばよし LINKS UMEDA店」だ。

江戸時代より伝承のそばを受け継ぐ名店、いま話題のリンクス梅田に「そばよし LINKS UMEDA店」がオープン!



創業して52年目。

老舗そば店は、京都洛北の大幸寺にルーツがある。

時代は江戸まで遡る。

300年以上伝承されてきた「そば打ち秘伝」「つけ汁仕立て御式」を受け継いだのが「そばよし LINKS UMEDA店」だ。


「日々勉強ですね。
結局はお客様にどれだけ喜んでもらうか。
お店でいかに手間暇かけて要望に沿えるお品を出せるかが大切なんです。
関西はうどん文化ですが、そばを根付かせたいんです」(武田千春社長)

そばの前に付き出しの「牛肉ハリハリ」を食べて納得。


すこぶる旨いのだ。


そしてお待ちかねの「大盤振る舞い」(2680円)が登場。

右手奥に見えるのは、鮭がのった「石狩セイロ」。

こちらも同店の名物メニューで、そばが食べ放題。

聞けば20枚食べた強者がいるそうで……。


天ぷらや山芋、ナメコなど、三色の味つけ。

見た目から量の多さが気になったが、食べ始めるとペロリと完食。

数枚のお替わりを。

セイロ飯があまりにも旨くて次々と胃袋に放り込まれていった。

そばの香りも強く、胡麻をそばに練り込んだ「胡麻切りそば」や、よもぎを練り込んだ「よもぎうどん」などもあるという。


後日、再訪。

気になっていた「うなぎセイロセット」(1880円)を注文した。


セイロのうなぎはまろやかでなおかつ、ご飯にも旨みが凝縮。

身のほぐれ方がうな重とは異なり、柔らかさが際立つ。



この組み合わせ、ハズすワケがない。

今回もしっかりと完食して、セイロ飯とそばの、好相性の虜になってしまった。

そばよし LINKS UMEDA店
[住所]大阪市北区大深町1-1 ヨドバシ LINKS UMEDA 8階
[TEL]06-6373-1133
[営業時間]11:00~23:00
[定休日]なし







加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
靴を脱いでコの字型のカウンターでお酒を傾けてリラックス。一人酒でもちょうどええ、気取らないこの雰囲気。好きっきやわ~。 場所は新大阪駅東口から徒歩10分。もしくは東三国駅から徒歩数分と絶好のロケーションにある呑み処「紋」は、つい先日8月27日にオープンしたばかりだ。
「本町はランチ激戦区。認識してもらうだけでも非常に苦労します」 こう話すのは呑み処「なばちゃん」の店主である那波輝一さん(48)だ。同店は和歌山の勝浦直送のマグロや干物が人気の居酒屋。メニューの「もちまぐろ中落ち」が380円と激安だったりと新鮮な魚介類がウリだ。
無類の海老好きにはタマらないお店がある。海老バル「orb福島(オーブ福島)」だ。このお店、難波などで何度か利用した経験があるのだが、まずは入り口に正面にあるこの水槽に誰もが目を奪われるはず。 実はここ、オマール海老のつかみ取りができるお店で有名なのだ。
落ち着いた雰囲気で軽くつまみながらお酒を……。 靭公園にあるダイナー&バー「FOREST TABLE(フォレストテーブル)」は、点心から飲茶、そしてバーという顔までもつ注目店。 そしてもう一つ、別の一面もある。なんと中国茶の取りそろえもすごいのだ。 まさに人それぞれ、いろいろな楽しみ方のできる店だ。
梅田から歩いて少しの場所にある中崎町。2000年以降、お洒落タウンとしてその地位を不動なものにしつつあるこの町で、入り組んだ路地裏に湯葉専門店を見つけた。6月20日にオープンしたばかりの、湯葉料理とお酒『ひみつのトビラ』だ。 大阪で湯葉の専門店とは珍しい。
「ご年配の方にも炙り寿司を気軽に召し上がっていただきたい」、そんな思いから誕生した「焼きバラちらし」。炙った大トロとサーモンハラス、そしてイカやエビをさいの目状にしてシャリに混ぜ、焦げ目をほどよく付けたウニをのせる。
鯖グルメの宝庫といえば福井。鯖街道を有する福井県は、サバが古来より郷土料理として身近な存在。 そんな福井ならではの、鯖グルメにぴったりのお酒がデビューした。 その名は「鯖光る」。開発したのは、福井県吉田郡永平寺町に居を構える「吉田酒造」だ。
「とにかくお肉は厚いほうが美味しい」というスタッフの意見からレシピを考案。棒状で届く豚ヒレ肉を丁寧に筋切りし、揚げたあとに余熱で火を通すというカツはすっとかみ切れるほど柔らかく、中に挟み込まれたモッツァレラチーズと口の中で一体に。
駅からほど近くの路地裏に建つ風情漂う一軒家。純和風の空間で、落ち着いて鶏料理が食べられる大人の店だ。
食べ物屋なら何でもある街、吉祥寺ですが、その時々で流行の“食べ物バブル”が登場します。 新しい食べ物バブルの萌芽を感じたので、ここでご紹介しようと思います。 はい、それはケバブだ!  ケバブバブル……。呪文のようです……。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt