MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
大阪穴場グルメ_江戸時代より伝承のそばを受け継ぐ名店、いま話題のリンクス梅田に「そばよし LINKS UMEDA店」がオープン!/大阪ローカル穴場メシ情報[69]

大阪穴場グルメ_江戸時代より伝承のそばを受け継ぐ名店、いま話題のリンクス梅田に「そばよし LINKS UMEDA店」がオープン!/大阪ローカル穴場メシ情報[69]

創業して52年目。 その老舗そば店は、京都洛北の大幸寺にルーツがある。 時代は江戸まで遡る。300年以上伝承されてきた「そば打ち秘伝」「つけ汁仕立て御式」を受け継いだのが「そばよし LINKS UMEDA店」だ。

江戸時代より伝承のそばを受け継ぐ名店、いま話題のリンクス梅田に「そばよし LINKS UMEDA店」がオープン!



創業して52年目。

老舗そば店は、京都洛北の大幸寺にルーツがある。

時代は江戸まで遡る。

300年以上伝承されてきた「そば打ち秘伝」「つけ汁仕立て御式」を受け継いだのが「そばよし LINKS UMEDA店」だ。


「日々勉強ですね。
結局はお客様にどれだけ喜んでもらうか。
お店でいかに手間暇かけて要望に沿えるお品を出せるかが大切なんです。
関西はうどん文化ですが、そばを根付かせたいんです」(武田千春社長)

そばの前に付き出しの「牛肉ハリハリ」を食べて納得。


すこぶる旨いのだ。


そしてお待ちかねの「大盤振る舞い」(2680円)が登場。

右手奥に見えるのは、鮭がのった「石狩セイロ」。

こちらも同店の名物メニューで、そばが食べ放題。

聞けば20枚食べた強者がいるそうで……。


天ぷらや山芋、ナメコなど、三色の味つけ。

見た目から量の多さが気になったが、食べ始めるとペロリと完食。

数枚のお替わりを。

セイロ飯があまりにも旨くて次々と胃袋に放り込まれていった。

そばの香りも強く、胡麻をそばに練り込んだ「胡麻切りそば」や、よもぎを練り込んだ「よもぎうどん」などもあるという。


後日、再訪。

気になっていた「うなぎセイロセット」(1880円)を注文した。


セイロのうなぎはまろやかでなおかつ、ご飯にも旨みが凝縮。

身のほぐれ方がうな重とは異なり、柔らかさが際立つ。



この組み合わせ、ハズすワケがない。

今回もしっかりと完食して、セイロ飯とそばの、好相性の虜になってしまった。

そばよし LINKS UMEDA店
[住所]大阪市北区大深町1-1 ヨドバシ LINKS UMEDA 8階
[TEL]06-6373-1133
[営業時間]11:00~23:00
[定休日]なし







加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
汁というより、うま味といったうま味を凝縮させた濃厚カレー。この日出合った「カレー中華そば」は、まさに“衝撃的”だった。 知る人ぞ知る、恵美須町の秘境にある隠れた名店「千匹屋」にこのメニューがある。
創業約60年の寿司屋で、昔ながらの1階が店舗、2階が自宅という造り。 西成の“歴史”を見続けてきた人物でもある3代目の大将、太田恵さんが握る寿司は、西成らしく手頃な価格。 だが、ネタは新鮮。舌が肥えた常連客に加えて新しいお客が交差するように訪れる店なのだ。
うどん文化の大阪であっても、今やお酒の後のシメとなると大多数が「ラーメン」と答えるだろう。 特に人気はとんこつで、つい先日の2月22日。北九州のラーメン選手権で堂々の4冠を達成した「石田一龍天満店」が大阪に初上陸!  取材のため、プレオープンに参加してみた。
地下鉄「大国町駅」から徒歩で6、7分の場所に、立ち飲み屋「よしのや酒店」はある。 もともとは駅前に同店の酒屋があり、角打ちをやっていたところがこの店のルーツ。 店内の雰囲気も満点。しかも、食べ物の値段がすこぶる安いときた!
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。
餡はキャベツが中心、もやしをトッピングする「浜松餃子」、ニラ、ネギ、キャベツなど野菜をたっぷりと使う「宇都宮餃子」。餃子界の人気2トップのイチオシを厳選しました!撮影/鵜澤昭彦 スタイリング/中山暢子
美味しい牛肉が食べたい!と思ったら、どんな料理を想像するだろうか? 焼肉やステーキ、しゃぶしゃぶ……。一つ忘れてはいないか? すき焼きがあるではないか。 名古屋には旨いすき焼き、それも朝採れのクレソンをふんだんに使ったオシャレなすき焼きを食べさせてくれる店があると聞き、美食家の女友達、A子といっしょに行ってきた。
スイーツ好きの熱い支持を集める店だ。フレンチレストランやフランスのパティスリーで修業した店主が、仕入れ、製菓、サーブまで全てひとりで行う。
私はごはん党なので、普段パスタをあまり食べないのですが、先日フラっとダイヤ街から一本入ったところにあるイタリアン『B』に入って、思い出しました。 この店が「○○し放題」の店であることを……。 というワケで、今回は吉祥寺で〇〇し放題の店をどーんとご紹介です。
イトヨリダイを使って毎日手仕込みする練り物は、弾けるようなしっかりとした食感と旨みが魅力。うれしいのがそのボリューム。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt