MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
大阪穴場グルメ_CMでおなじみの“あのミュージシャン”が手掛けた大阪初の餃子専門店「味奉行」/大阪ローカル穴場メシ情報[70]

大阪穴場グルメ_CMでおなじみの“あのミュージシャン”が手掛けた大阪初の餃子専門店「味奉行」/大阪ローカル穴場メシ情報[70]

今から37年前、まだ大阪に餃子専門店と呼べる飲食店がなかった時代。先駆けて大阪で餃子を広めた人物がいた。 それが、関西でおなじみの有名CMソングを手掛ける作詞作曲家であり、ミュージシャンであり俳優の宇野山和夫さんだ。 そして、彼が37年前に開店した餃子専門店が「味奉行」なのだ……。

perm_media 《画像ギャラリー》大阪穴場グルメ_CMでおなじみの“あのミュージシャン”が手掛けた大阪初の餃子専門店「味奉行」/大阪ローカル穴場メシ情報[70] の画像をチェック! navigate_next

CMでおなじみの“あのミュージシャン”が手掛けた大阪初の餃子専門店「味奉行」


今から37年前、まだ大阪に餃子専門店と呼べる飲食店がなかった時代。

世に先駆けて大阪で餃子を広めた人物がいた。

それがミュージシャンであり俳優の宇野山和夫さん(74)。

関西でおなじみの有名CMソングを手掛ける作詞作曲家であり、現在は「味奉行」という芸名で「やんちゃな高齢者」をリリース。

「三田佳子さんとは20年近く、土佐鶴のCMをやってました」という、大阪の大御所ミュージシャンなのだ。


エレベーターを降りると、宇野山さんと交友のある芸能人などの写真が飾られていて、左手が餃子専門店「味奉行」となる。


入り口も実にユニークだ。

とにかく宇野山さんはアイデアマン。

「このお店は37年になります。
ちょうど37歳の時に餃子専門店を始めたんですが、そのキッカケはハデな業界の表も裏も見てきたから。
周りの先輩方を見ると50代で仕事がなくなる人が多かったんです。
そうすると自分も将来を考えるじゃないですか。
それで飲食をやろうと思って。
大阪には餃子専門店がそれまでなかったから一からレシピを考えてスタートしたんです」

こうして生まれた焼き餃子。

一口サイズというのも当時の大阪では珍しく、値段も10個430円と安い。

当然ながら、すぐに話題となった。


「メニューもバラエティ豊かにしないとお客さんが来なくなると思ったんです。
それに、味も一ひねりを加えた。
流行ったら大阪では必ずマネされるからね。
マネができないように秘伝の味を作ったんです。
私以外、息子でも知らない味(笑)」

こうして生まれたのが「チーズ餃子」(8個・450円)。


チーズを厳選。

なおかつ、さまざまな相性を確かめて、揚げ餃子にした。

塩で食すのだが、これがまた旨い。

女性客に大ヒットしたメニューとなった。


パリッとした食感と、中のチーズの柔らかさがちょうど良い。

それでいて黒ゴマともマッチする。


宇野山さんには、次々と餃子のアイデアは浮かぶ。

「揚げ餃子」(8個・450円)も同店のオリジナルだ。


串に刺した餃子で上には花鰹がのる。

言うならば和餃子。


海苔で巻いて、それを揚げる。

いやはや、こちらもビールとこの上なく合う旨さだ。

「今までにホンマにいろんなことがありました。
お店の周りにも類似店がたくさんできましたけど、今ではどこも残っていない。
正直いえば、成功したというより生き残ったという感じですね」

味と値段にうるさい大阪で飲食店を成功させるのは非常に難しい。

長く続くには必ず“理由”があるのだ。

ちなみに冬季限定「ぶりしゃぶ餃子鍋」なんてメニューもある。

店内は83席と広々。

宴会、打ち上げでも利用できるので、ありがたいお店だ。


餃子専門店「味奉行」
[住所]大阪市北区西天満6-9-2RITYビル3階
[TEL]06-6365-8421
[営業時間]17:00~翌2:00
[定休日]不定休










加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
加藤慶@おとなの週末

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

関連するキーワード
関連記事
生野区の今里には無数の韓国料理店がある。 そのなかで、韓国人からも日本人からも最も評判が良いお店がココ「麦」だ。 驚嘆のレベルの海鮮チヂミや、女子にも人気のスンドゥブなど、韓国料理の醍醐味が味わえる店なのだ。
松阪牛で有名な三重県松阪市で、実は鶏焼肉がスタンダードで人気だという。 「松阪市に親族がいまして、そこで鶏焼肉を食べたらむちゃくちゃハマった。それで鶏焼肉専門にして朝から飲めるスタイルのスタンドを西成で始めたんです」 とは、「スタンド八とり」の店主工藤光一さん。オープンして1年半。西成ですでに有名店だ。
とにかく魚への鮮度にこだわる! 桶売りやイカの生簀まで店内に設置して、他所では出せない魚のクオリティを細部まで突き詰め、高知から関西に進出。破竹の勢いで店舗を増やしたのが「寅八商店」である。 こだわったこの新鮮な食材と、料理への情熱。こんな大変な時期でも「客数が増加した」と聞いて、まさしく納得の店なのだ。
2020年1月、尻無川のほとりに飲食店をメインとした複合施設「TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)」がオープン。徐々にではあるが、名が浸透して新名所として活気づき始めている。 このタグボート大正、1階フロアの大半はフードホールで、約10店舗の飲食店が出店し、食を楽しむ人たちにも人気なのだ。
地下鉄メトロの心斎橋駅を歓楽街とは反対側の北方向に歩いて約5分。 平日だとスーツ姿の人が行きかうオフィス街に、“挑戦的な価格”でランチを提供する焼肉店があるという。 それが、10月5日にオープンしたばかりのホルモン・焼肉座「ちからや心斎橋店」。 端的にいえば、とにかく肉が安くて旨い店。だからこそ、ランチもお手ごろ価格なのだ。
最新記事
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で12月1日、焚き火の使用が解禁されました。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
get_app
ダウンロードする
キャンセル