MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
大阪穴場グルメ_CMでおなじみの“あのミュージシャン”が手掛けた大阪初の餃子専門店「味奉行」/大阪ローカル穴場メシ情報[70]

大阪穴場グルメ_CMでおなじみの“あのミュージシャン”が手掛けた大阪初の餃子専門店「味奉行」/大阪ローカル穴場メシ情報[70]

今から37年前、まだ大阪に餃子専門店と呼べる飲食店がなかった時代。先駆けて大阪で餃子を広めた人物がいた。 それが、関西でおなじみの有名CMソングを手掛ける作詞作曲家であり、ミュージシャンであり俳優の宇野山和夫さんだ。 そして、彼が37年前に開店した餃子専門店が「味奉行」なのだ……。

CMでおなじみの“あのミュージシャン”が手掛けた大阪初の餃子専門店「味奉行」


今から37年前、まだ大阪に餃子専門店と呼べる飲食店がなかった時代。

世に先駆けて大阪で餃子を広めた人物がいた。

それがミュージシャンであり俳優の宇野山和夫さん(74)。

関西でおなじみの有名CMソングを手掛ける作詞作曲家であり、現在は「味奉行」という芸名で「やんちゃな高齢者」をリリース。

「三田佳子さんとは20年近く、土佐鶴のCMをやってました」という、大阪の大御所ミュージシャンなのだ。


エレベーターを降りると、宇野山さんと交友のある芸能人などの写真が飾られていて、左手が餃子専門店「味奉行」となる。


入り口も実にユニークだ。

とにかく宇野山さんはアイデアマン。

「このお店は37年になります。
ちょうど37歳の時に餃子専門店を始めたんですが、そのキッカケはハデな業界の表も裏も見てきたから。
周りの先輩方を見ると50代で仕事がなくなる人が多かったんです。
そうすると自分も将来を考えるじゃないですか。
それで飲食をやろうと思って。
大阪には餃子専門店がそれまでなかったから一からレシピを考えてスタートしたんです」

こうして生まれた焼き餃子。

一口サイズというのも当時の大阪では珍しく、値段も10個430円と安い。

当然ながら、すぐに話題となった。


「メニューもバラエティ豊かにしないとお客さんが来なくなると思ったんです。
それに、味も一ひねりを加えた。
流行ったら大阪では必ずマネされるからね。
マネができないように秘伝の味を作ったんです。
私以外、息子でも知らない味(笑)」

こうして生まれたのが「チーズ餃子」(8個・450円)。


チーズを厳選。

なおかつ、さまざまな相性を確かめて、揚げ餃子にした。

塩で食すのだが、これがまた旨い。

女性客に大ヒットしたメニューとなった。


パリッとした食感と、中のチーズの柔らかさがちょうど良い。

それでいて黒ゴマともマッチする。


宇野山さんには、次々と餃子のアイデアは浮かぶ。

「揚げ餃子」(8個・450円)も同店のオリジナルだ。


串に刺した餃子で上には花鰹がのる。

言うならば和餃子。


海苔で巻いて、それを揚げる。

いやはや、こちらもビールとこの上なく合う旨さだ。

「今までにホンマにいろんなことがありました。
お店の周りにも類似店がたくさんできましたけど、今ではどこも残っていない。
正直いえば、成功したというより生き残ったという感じですね」

味と値段にうるさい大阪で飲食店を成功させるのは非常に難しい。

長く続くには必ず“理由”があるのだ。

ちなみに冬季限定「ぶりしゃぶ餃子鍋」なんてメニューもある。

店内は83席と広々。

宴会、打ち上げでも利用できるので、ありがたいお店だ。


餃子専門店「味奉行」
[住所]大阪市北区西天満6-9-2RITYビル3階
[TEL]06-6365-8421
[営業時間]17:00~翌2:00
[定休日]不定休










加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
ふらっと立ち寄ったお店で心がときめく瞬間がこれまで何度かある。 「ホテルの1階にこんなお店ができたんや。立ち飲み屋で日本酒も豊富そうやし、変わったお店やな……」 こう感じた店が、今回紹介する「ぽん酒マニア」。 確かオープン初日、もしくは翌日だったはずだ……。
労働者の町・萩之茶屋で、女手一つで切り盛り。 朝8時営業で、最近は外国人観光客が少しずつ増えているというのが、今回紹介する大衆酒場「あーる&あーる」。 外国人の方々が絶賛する「トンテキ」は、刻みニンニクたっぷりの料理だ。
今里にある寿司屋の名店「八十八」。屋号は「やそはち」と読む。 15歳からこの業界に飛び込み、若くして独立した“活きの良い”店主がこだわる、魚の鮮度は、一度試してみる価値アリやで!
東淀川区の淡路。 友人の酒場通に言わせると、淡路に「電車賃をつかっても来る価値のある場所」があるという。 それが今回紹介する「あわや」。正直「お店大丈夫⁉」と心配してしまうほど価格破壊のメニュー満載の立ち飲み店だ。
大人の社交場、北新地に酒場がオープンするとの情報をキャッチ。 堂島アバンザから目と鼻の先にある「北ノ酒場TACHIPPA」は、北新地ではほとんど見かけない立ち飲みスタイルで、しかも割烹料理を提供。実にリーズナブルで、早くも女子会で人気だそう……。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
220views F&D 最新情報

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt