MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ノワ・ドゥ・ブール(ケーキ/新宿三丁目)|駅直結!外はカリッ中はしっとり♪フィナンシェが有名なお店。

ノワ・ドゥ・ブール(ケーキ/新宿三丁目)|駅直結!外はカリッ中はしっとり♪フィナンシェが有名なお店。

外はカリカリ、中はしっとりの焼きたてフィナンシェが有名だが、知る人ぞ知る「フレーズ・シャンティ」も見逃せない。店のコンセプトである「美味しい瞬間」を表現するため、注文すると併設の厨房でとろとろの生クリームをかけて仕上げてくれる。

ノワ・ドゥ・ブール(最寄駅:新宿三丁目駅)

生クリームをすくって食べる斬新食感

ふわふわでやさしい味わいのスポンジとあっさりとしたクリームの組み合わせは、なんとも軽い食べ心地。主張し過ぎず、ほのかに感じるイチゴの甘みがいい塩梅。テイクアウトのみなので、購入後はできるだけ早く味わうのがおすすめだ。

フレーズ・シャンティ
648円

内側のスポンジに挟まれた生クリームも垂れない程度に柔らかくしている。泡立て加減が絶妙だ

カルディナール・フレーズ
540円

ふわふわのメレンゲ生地とスポンジ生地で生クリームとカスタードをサンド

ミルフィーユ
540円

パイのサクサク感を楽しめるように、注文後にカスタードクリームを搾って仕上げる

お店からの一言

店長 小島真利子さん

「期間限定の商品も
ご用意しています」

ノワ・ドゥ・ブールの店舗情報

[住所]東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店本館地下1階 [TEL]03-3352-1111(大代表) [営業時間]10時30分~20時 ※ランチタイム有 [休日]不定休 カード可 [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線ほか新宿三丁目駅B3・B4・B5番出口直結

撮影/西﨑進也 取材/井島加恵

2019年4月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
約30年前のオープン時から今も根強いファンをもつショートケーキ。2種類あり、ユニークなのがお酒入りの『ルージュ』だ。
スイーツ好きにとって垂涎の的である名パティスリー。ガトーフレーズの外見はまさに王道だが、シンプルだからこそ、オーナーシェフ・和泉光一さんのこだわりを体感できる。
デパ地下に並ぶようなきらびやかさはない。しかし、飾ることのないルックスと丁寧な職人的仕事ぶりに、下北沢にあった頃を含め20年近く、武内的ケーキNo.1の店。
 最後に戦いを挑んだのは『アリンコ』のロールケーキ。
「洋菓子・喫茶ボンボン」は昭和35年に開店。東区泉にある本店から毎日運ばれる約20種類の洋菓子は、甘みがしっかりしているものの、後味はさっぱりしているのが特徴。なかでも生地にラム酒をたっぷりと染み込ませた「サバラン」(250円)が人気だ。[交]地下鉄桜通線桜山駅8番出口から徒歩2分 ※ランチタイム有
暑さが増すと、つい手を伸ばしたくなるアイスクリーム。果物やミルクなど素材の良さを活かした逸品を集めました。どれも特別感のある味わいです。ご自宅でくつろぎながら楽しみませんか。ギフトとしてもおすすめです。
103views お取り寄せ
殻がついたままの蕎麦の実を挽きこむ「挽きぐるみ」で打つため、味わいや香りが豊かで歯応えを楽しめる出雲蕎麦。島根県奥出雲町とコラボしたこの店では、出雲蕎麦や仁多米など、島根県・奥出雲の食材や酒を堪能でき、その恵みに感謝したくなる。
 1970年創業のイタリアン。当時は、パスタをアルデンテで出すと「麺が固い!」と怒られた時代。
まず供されるシンプルな茶碗蒸しがあまりに美味しくて夢中で平らげてしまった。期待が高まったところで、にぎりを口にすると、シャリがふんわりとほどけた。
今回ご紹介するのは、2019年7月にオープンした『cafe&bar d●●●●●』だよ。 入れ替わりの激しい吉祥寺で1周年を迎えた&世界中を巻き込んだ“もーやってらんない”現象にも耐えていた(涙)。ということで、個人的に「おめでとう」の気持ちをこめてのご紹介です。店名はイニシャルだけどな……。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt