MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ノワ・ドゥ・ブール(ケーキ/新宿三丁目)|駅直結!外はカリッ中はしっとり♪フィナンシェが有名なお店。

ノワ・ドゥ・ブール(ケーキ/新宿三丁目)|駅直結!外はカリッ中はしっとり♪フィナンシェが有名なお店。

外はカリカリ、中はしっとりの焼きたてフィナンシェが有名だが、知る人ぞ知る「フレーズ・シャンティ」も見逃せない。店のコンセプトである「美味しい瞬間」を表現するため、注文すると併設の厨房でとろとろの生クリームをかけて仕上げてくれる。

perm_media 《画像ギャラリー》ノワ・ドゥ・ブール(ケーキ/新宿三丁目)|駅直結!外はカリッ中はしっとり♪フィナンシェが有名なお店。の画像をチェック! navigate_next

ノワ・ドゥ・ブール(最寄駅:新宿三丁目駅)

生クリームをすくって食べる斬新食感

ふわふわでやさしい味わいのスポンジとあっさりとしたクリームの組み合わせは、なんとも軽い食べ心地。主張し過ぎず、ほのかに感じるイチゴの甘みがいい塩梅。テイクアウトのみなので、購入後はできるだけ早く味わうのがおすすめだ。

フレーズ・シャンティ
648円

内側のスポンジに挟まれた生クリームも垂れない程度に柔らかくしている。泡立て加減が絶妙だ

カルディナール・フレーズ
540円

ふわふわのメレンゲ生地とスポンジ生地で生クリームとカスタードをサンド

ミルフィーユ
540円

パイのサクサク感を楽しめるように、注文後にカスタードクリームを搾って仕上げる

お店からの一言

店長 小島真利子さん

「期間限定の商品も
ご用意しています」

ノワ・ドゥ・ブールの店舗情報

[住所]東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店本館地下1階 [TEL]03-3352-1111(大代表) [営業時間]10時30分~20時 ※ランチタイム有 [休日]不定休 カード可 [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線ほか新宿三丁目駅B3・B4・B5番出口直結

撮影/西﨑進也 取材/井島加恵

2019年4月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
「また食べたいと思ってもらえるものを。何度口にしても感動してもらえる味を」。そのためにフランス人シェフのサントスさんが徹底しているのが改良を重ねて作り上げたレシピと、全工程へのこだわりだ。
「まさにアメリカン!」と思うようなサイズのチーズケーキで、食べるとその口溶けの良さにも驚くはずだ。もともとニューヨークチーズケーキは、小麦粉を少量にして蒸し焼きにすることで繊細な食感を生み出すが、こちらのケーキはその中でも出色。
ギャラリー、ショップ、飲食店が集まる複合施設内にあるカフェ。こちらで出すのが真っ黒な焦げめと中心部のとろりとした食感が特長のバスクチーズケーキだ。
フランス人シェフのサントス・アントワーヌさんのこだわりは、食感を際立たせること。お客様のリクエストから、フランス菓子ではないショートケーキを作る際も、スポンジのもっちりとした弾力を重視したという。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル