MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
肉ビストロ&クラフトビール ランプラント(ビストロ/丸の内)超希少『尾崎牛』を思う存分食べ比べできる♪

肉ビストロ&クラフトビール ランプラント(ビストロ/丸の内)超希少『尾崎牛』を思う存分食べ比べできる♪

輝かんばかりの肉オーラ。見るからに旨そうだ。いやかなり旨い。正体はこの店の二大看板。出荷数が少ないため「幻の和牛」と称される宮崎県の尾崎牛とイタリア産高級牛のファッソーネピエモンテ牛。

perm_media 《画像ギャラリー》肉ビストロ&クラフトビール ランプラント(ビストロ/丸の内)超希少『尾崎牛』を思う存分食べ比べできる♪の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

肉ビストロ&クラフトビール ランプラント(最寄駅:二重橋駅)

二大看板牛の各部位を食べ比べ クラフトビールもお忘れなく

前者は上質なサシと圧倒的な赤身の旨みが特徴で、後者は柔らかくヘルシーな肉質。両者のあらゆる部位を食べ比べできるとは何とも贅沢だ。調理はグリルでシンプルに。香り高く焼き上げた一片を噛みしめれば、口中を席巻する豊満な旨みに身も心も酔いしれる。尾崎牛の端材を使ったボロネーゼなど多彩な料理が揃うのもうれしい。もうひとつの看板はクラフトビール。生は国内外から常時6種、ボトルは約40種を用意。これまた肉に合うのだ。プハッ!

尾崎牛(肩ロース芯)、ファッソーネピエモンテ牛(タン)
3600円、1800円

10種ほどのその日の部位から選べる。月間約40頭しか出荷しないという貴重な尾崎牛は肩ロース芯を選択。同じ牛の脂で焼いて風味を増幅させる。脂がくどくなく上質。ファッソーネピエモンテ牛はタンを。サックリ噛み切れる柔らかさ

尾崎牛入りボロネーゼ
1600円

尾崎牛の端材も入るボロネーゼは平打ちのフェットチーネで

肉前菜盛り合わせ
1890円

大山鶏のレバーペーストなどボリューム満点の前菜

左から、馨和 KAGUA(赤)、グースアイランドグースIPA(パイント)、グースアイランド312アーバンウィートエール(1/2)
1280円、1080円、780円

フルーティーなグースアイランド・グースIPA他、おすすめのクラフトビール

お店からの一言

店長 小島正博さん(左)、シェフ 友田金男さん

「各部位の味の個性はさまざま。選べる楽しさも魅力です」

肉ビストロ&クラフトビール ランプラントの店舗情報

[住所]東京都千代田区丸の内2-2-3 丸の内仲通りビル1階 [TEL]03-6212-6882 [営業時間]11時半~14時半(14時LO)、17時半~23時(22時LO)、土・日・祝12時~15時(14時半LO)、17時半~22時(21時LO)※ランチタイム有 [休日]無休(臨時休業あり) [席]カウンターあり、全80席/全席禁煙(現状テラス席は平日夜と週末は可)/予約可/カード可/サなし、夜はお通し代300円別 [交通アクセス]地下鉄千代田線二重橋前駅4番出口から徒歩1分 ※『ランプラント』のメニュー価格はすべて税抜きです。


電話番号 03-6212-6882

撮影/石井明和 取材/肥田木奈々

2019年5月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
読者の皆さん(特に男性)、異国情緒あふれるお洒落な店内に尻込みするべからず。何てったってココは極旨のローストポークがあるんだから! 
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
福岡市内で話題のエリア「渡辺通」にある『ビストロ・クワバラ』は、独自のメニュー構成であることに加え、看板猫がいることでも人気のお店です。そのメニューと、かわいい猫ちゃんに迫ります。
扉の向こうは、高井シェフによって繰り広げられる美味なる劇場だ。元は料亭で腕を振るった和食の職人で、ワインとの出合いをきっかけにフレンチにどっぷりハマってから十数年。
最新記事
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
ピスタチオ、フランボワーズ、ミルク、チョコ。それぞれの濃厚な味わいが舌の上で主張したあと、スッと消えていくようなあっさりとした食後感が印象的だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル