MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
肉ビストロ&クラフトビール ランプラント(ビストロ/丸の内)超希少『尾崎牛』を思う存分食べ比べできる♪

肉ビストロ&クラフトビール ランプラント(ビストロ/丸の内)超希少『尾崎牛』を思う存分食べ比べできる♪

輝かんばかりの肉オーラ。見るからに旨そうだ。いやかなり旨い。正体はこの店の二大看板。出荷数が少ないため「幻の和牛」と称される宮崎県の尾崎牛とイタリア産高級牛のファッソーネピエモンテ牛。

perm_media 《画像ギャラリー》肉ビストロ&クラフトビール ランプラント(ビストロ/丸の内)超希少『尾崎牛』を思う存分食べ比べできる♪の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

肉ビストロ&クラフトビール ランプラント(最寄駅:二重橋駅)

二大看板牛の各部位を食べ比べ クラフトビールもお忘れなく

前者は上質なサシと圧倒的な赤身の旨みが特徴で、後者は柔らかくヘルシーな肉質。両者のあらゆる部位を食べ比べできるとは何とも贅沢だ。調理はグリルでシンプルに。香り高く焼き上げた一片を噛みしめれば、口中を席巻する豊満な旨みに身も心も酔いしれる。尾崎牛の端材を使ったボロネーゼなど多彩な料理が揃うのもうれしい。もうひとつの看板はクラフトビール。生は国内外から常時6種、ボトルは約40種を用意。これまた肉に合うのだ。プハッ!

尾崎牛(肩ロース芯)、ファッソーネピエモンテ牛(タン)
3600円、1800円

10種ほどのその日の部位から選べる。月間約40頭しか出荷しないという貴重な尾崎牛は肩ロース芯を選択。同じ牛の脂で焼いて風味を増幅させる。脂がくどくなく上質。ファッソーネピエモンテ牛はタンを。サックリ噛み切れる柔らかさ

尾崎牛入りボロネーゼ
1600円

尾崎牛の端材も入るボロネーゼは平打ちのフェットチーネで

肉前菜盛り合わせ
1890円

大山鶏のレバーペーストなどボリューム満点の前菜

左から、馨和 KAGUA(赤)、グースアイランドグースIPA(パイント)、グースアイランド312アーバンウィートエール(1/2)
1280円、1080円、780円

フルーティーなグースアイランド・グースIPA他、おすすめのクラフトビール

お店からの一言

店長 小島正博さん(左)、シェフ 友田金男さん

「各部位の味の個性はさまざま。選べる楽しさも魅力です」

肉ビストロ&クラフトビール ランプラントの店舗情報

[住所]東京都千代田区丸の内2-2-3 丸の内仲通りビル1階 [TEL]03-6212-6882 [営業時間]11時半~14時半(14時LO)、17時半~23時(22時LO)、土・日・祝12時~15時(14時半LO)、17時半~22時(21時LO)※ランチタイム有 [休日]無休(臨時休業あり) [席]カウンターあり、全80席/全席禁煙(現状テラス席は平日夜と週末は可)/予約可/カード可/サなし、夜はお通し代300円別 [交通アクセス]地下鉄千代田線二重橋前駅4番出口から徒歩1分 ※『ランプラント』のメニュー価格はすべて税抜きです。


電話番号 03-6212-6882

撮影/石井明和 取材/肥田木奈々

2019年5月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
熱々で供されるオニオングラタンスープは、まず香りの時点でノックアウト。焼けたチーズの匂い。
高過ぎるコストパフォーマンスに僭越ながら客代表で感謝状を贈りたい。その店は星付きのフランス料理店『オマージュ』の裏にある姉妹店だから『ノウラ』。
ご覧の通りのシンプルな店名。それは「ビストロ」って言葉があまり知られていなかった昭和58年から店を営んできたから。
台湾の“獅子頭”、スウェーデンの“ショットブッラル”、トルコの“キョフテ”などに代表される、いわゆるミートボールはワールドワイドな人気者。それを主役にしたのがこちらの店だ。
最新記事
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
その天ぷらひとつを供するまでに、一体どれほどの手間と心が注がれているか。店主自ら毎日豊洲に通う素材選び然り。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回は全員巨漢のYouTuberユニット「ブチかまし」をレコメンド。メンバー・立山(たてやま)さんの1日のカロリー摂取量を追った動画「立山カロリー」を中心に熱く語ります。
get_app
ダウンロードする
キャンセル