MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
アカリベーカリー(パン/国立)|毎日食べても飽きない味をコンセプトにしているパンが約50種類並ぶお店☆

アカリベーカリー(パン/国立)|毎日食べても飽きない味をコンセプトにしているパンが約50種類並ぶお店☆

「特別でなく毎日食べてほしいパンがコンセプト」というお店は、温かみのある雰囲気。丁寧に仕事された焼きたてのパンが毎日約50種類並ぶ。

perm_media 《画像ギャラリー》アカリベーカリー(パン/国立)|毎日食べても飽きない味をコンセプトにしているパンが約50種類並ぶお店☆の画像をチェック! navigate_next

アカリベーカリー(最寄駅:国立駅)

クリームパンはミディアムな焼き色。オーソドックスでふんわりやわらかな生地の中には、練乳入りのミルキーなカスタードクリーム。卵感とほどよく奥行きのある甘さはほっとする癒しの味だ。

クリームパン
160円

口どけのよい生地と練乳も入ったカスタード

アカリベーカリーの店舗情報

[住所]東京都国立市中1-7-64 [TEL]042-505-4263 [営業時間]10時~14時、15時~19時 ※ランチタイム有 [休日]日・月 [交通アクセス]JR中央線国立駅南口から徒歩4分


電話番号 042-505-4263

    撮影/鵜澤昭彦 取材/池田一郎

2019年6月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
サンドイッチといえば、食パンで具材を挟むもの。しかし、今はバゲットをはじめ、さまざまなパンで挟んでいます。具材たっぷり、食べ応え抜群のサンドをご紹介!
パンの楽しみ方は朝、昼の食事だけにあらず。生地やトッピングの組み合わせの妙で、夜にお酒と楽しみたい“つまみ”になるのです。『おとなの週末』編集・戎とライター・池田による、パンとセットで楽しみたいお酒のご紹介も。
北海道では秋が収穫どきな小豆。そんな、今まさに旬!な小豆を使った「あんパン」と「あんバター」から、厳選された逸品をご紹介します。昔ながらのあんパン派の『おとなの週末』ライター池田と、今どきのあんバター派の編集・戎によるあんこバトルも開戦?
芸能界イチのパン好き女優・木南晴夏さん。好きが高じて2020年3月に自身初となる著書『キナミトパンノホン』を上梓しました。東京を中心に関東のパン屋さんから9カテゴリ全48軒が登場しています。その中から、オンラインショップでも買える5軒を厳選。木南さん本人のおすすめポイントと共にご紹介します。
入り口に書かれた「焼きたてパン。昭和25年創業。昔風の作り方です」のコピーに心惹かれるレトロなお店に、懐かしい面持ちのパンが並ぶ。
最新記事
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
親子丼の元祖として知られる『玉ひで』の姉妹店として、暖簾を掲げて今年でちょうど20年。熟練の職人が炭火で炙った端正な焼鳥はもちろんのこと、鶏を使った一品料理も申し分ない実力派。
get_app
ダウンロードする
キャンセル